趣味・エンタメ

YouTubeにメッセージ機能が追加! さっそく使ってみた

2018. Aug. 26

BY あつし さん

YouTubeのメッセージ機能が、日本でもリリースされました。どんなことができるのか、さっそく試してみました。
これまで提供されていたクリエイターツールのプライベートメッセージ機能は、201879日をもって送受信・確認ができなくなりました。

メッセージのやりとりは「友だち」とできる

YouTubeでメッセージのやりとりができるのは「友だち」のみ。事前に招待・承認の手続きが必要です。追加方法は簡単。まずホーム画面の下にある「受信トレイ」から「メッセージ」のタブを選び、右上にある「友だち」のリンクをタップします。

相手が「候補」に出ていれば、相手のアイコンをタップして「招待」を選択。候補に出ていない相手には、「招待リンクを送信」からメールや他のメッセージアプリで招待するか、「電話帳から探す」から端末の電話帳にある相手に電話番号のショートメッセージで招待することができます。

YouTubeのメッセージ機能の使い方

いわゆる一般的なチャットアプリのように、相手を選んでからメッセージ(コンテンツ)を送ることもできますが、動画(コンテンツ)を選んでから相手を選ぶという使い方もできます。YouTubeという動画プラットフォームが提供するメッセージ機能ならでは、かもしれません。ちなみに、YouTubeのメッセージ機能にも「既読」はあります。

LINEのようにチャット的な使い方をする場合

ホーム画面「受信トレイ」「メッセージ」「友だち」へ移動します。登録してある友だちを選択するとタイムラインが表示されるので、そのままチャットをはじめす。

メッセージ入力エリアの右側にある、「ムービーフィルム」に「+」がついたアイコンをタップすると、YouTube上にある動画を検索してチャットに貼り付けたり、端末にある動画またはライブ配信動画(これから撮影する動画)を送ることもできます。

YouTubeで再生中の動画を相手に教える場合

再生中の動画の「共有」をタップ。チャットしたい相手を選ぶと「メッセージを入力」する画面になります。メッセージを入力して紙飛行機アイコンをタップすれば、再生中の動画と一緒にメッセージを送ることができます。送信完了を伝える通知(「表示」リンク)から、チャットのタイムラインに移動することもできます。

特定の相手に動画を教えるときにしていた(1)動画のリンクをコピーして(2)リンクを送るためのアプリを起動して(3)リンクを貼り付けて送るという操作が、グッと簡単になります。

メッセージを受け取った場合

iPhoneの「設定」アプリ「通知」で、YouTubeアプリの通知をオンにしておけば、誰からどんなメッセージが届いたか、通知を受け取ることができます。

YouTubeのメッセージ機能、ここが便利!

少し使ってみて感じた最大の特長は、YouTube動画を再生しながらメッセージやりとりができること。タイムラインをさかのぼったり、動画を閉じたりしなければ、動画再生中は画面上に固定しっぱなし。相手と何往復メッセージやりとりしても、流れてしまわないのは、便利だと思いました。気になる人は使ってみてください。

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail