ライフスタイル

これであなたも人気ユーチューバー?!YouTubeでライブ配信をする方法

2018. Jun. 21

BY あつし さん

YouTubeでライブ配信するには、スマホとGoogleアカウントがあればOK。特別な機材や動画編集ソフトなどは必要ありません。iPhoneYouTubeアプリで無料で始められるライブ配信、その方法をざっと紹介したいと思います。

まずは自分のYouTubeチャンネルをつくる

YouTubeアプリを起動してGoogleアカウントでログインしたら、ホーム画面などでビデオカメラのアイコンをタップします。「録画」と「ライブ配信」というメニューが出てくるので「ライブ配信」をタップします。

初めてライブ配信をするときは、自分のYouTubeチャンネルを有効にするために電話番号を使った本人認証が必要です。

発行されたコードを入力。正しければ「アカウントの確認が完了しました」と表示されます。

本人確認が終わったら、YouTube側で過去90日間にライブ配信に関する制限を受けていないかなどのことを確認します。この確認には、最大24時間かかることもあるとのこと。どんな配信をするか考えながら待ちましょう。

チャンネルが有効になったら、ライブ配信を始めよう

ホーム画面などでビデオカメラのアイコンをタップして「ライブ配信」へ進むと、配信タイトル、公開範囲、場所、オプションなどの設定画面が表示されます。

「その他のオプション」からは、公開スケジュールのほか、チャットや年齢制限などの詳細設定が行えます。ちなみに、YouTubeのライブ配信では、広告を有効にしたり、「Super Chat(視聴者が購入するチャット メッセージ)」と呼ばれるチャット機能を活用したりすることで収益を得ることも可能です。

各設定が終わったら「次へ」をタップ。サムネイル用の写真を撮る画面に進みます。

サムネイルの準備ができたら「ライブ配信を開始」をタップ。ライブ配信が始まります(右画像)。わざと黒い画面にしていますが、ここに配信中の映像が映ります。右上の「×」をタップすれば、ライブ配信を終了できます。

最初だけ、チャンネルを有効にする手間がかかりますが、ライブ配信自体がとても簡単にできます。より詳しい使い方を知りたい人は、Googleのヘルプページも確認してください。

ライブ ストリーミング ガイド 

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail