料理・グルメ

ヨーグルトメーカー体験レポート ヨーグルティアSでヨーグルトづくりにトライ!

2017. Apr. 18

美容や健康によいとされるヨーグルトは、毎日食べることが大切だそう。
「腸活」ブームの今、おいしくて安心、そしてコストパフォーマンスよくヨーグルト生活をすることが可能なヨーグルトメーカーが注目されているようです。
hintosでも以前、注目検索ワードとしてヨーグルトメーカーがランクインしていることをお伝えしました!

【総合編】毎月恒例1月の検索ワードTOP30!あの絵本や新作ゲームに注目>>

今回は、ヨーグルトメーカーのパイオニアであり、日本でのシェアNo.1 を誇るタニカ電器さんが上位機種として発売した「ヨーグルティアS」を試してみました!

ヨーグルティアSとは?

日本で初めてのヨーグルトメーカーが誕生したのは、なんと今から45年も前。今回お試しさせていただいたヨーグルティアSを製造販売しているタニカ電器さんがつくったものだそうです。

ヨーグルティアSは、タニカ電器さんの最新機種。ヨーグルトだけでなく、甘酒や納豆、塩麹などさまざまな発酵食品もつくれるすぐれものです。ヨーグルトも発酵食品も、失敗なく作るために大切なのは温度と時間。ヨーグルティアSは25度~70度と幅広い温度設定が可能です。時間も30分~48時間まで設定できるうえ、終了時にはブザー音でお知らせしてくれて安心。1台で幅広いレシピに対応しています。

想像よりもコンパクトサイズ!

実物は白いかわいい箱に入って届きました。サイズは小さなお鍋くらい。とてもコンパクトなので、キッチンでの置き場所にも困らなそうです。

本体のほか、内容器が2つと、スプーン、そしてレシピ集も付属しているので、あとは材料があればすぐにでもヨーグルトをつくり始められます。ちなみに、邪魔になりがちなコードへの配慮もばっちりです。

 

さっそく、ヨーグルトづくりにトライ♪

初めてのヨーグルトづくり。材料はオーソドックスにヨーグルトと言えばこれ!のブルガリアヨーグルトにしてみました。私は撮影係のため、主に小学生の息子につくってもらいました。

まず、容器を熱湯消毒。少量の水を入れてレンジで1分半加熱するか、熱湯をかけるだけと簡単です。

ヨーグルトづくりに必要なのは、牛乳とヨーグルトだけ。初回ということもあり、少量からスタート。牛乳200ccからスタート。先に100ccを内容器に入れ、ヨーグルトをイン。牛乳:ヨーグルトは10:1とのことなので、使ったヨーグルトの量はたったの20gです。

よくかきまぜてヨーグルトが牛乳に完全に混ざったら、残りの牛乳を入れます。あとは、内ふたを内容器にして、取手ふたをカチっとしめて本体へ。

レシピ集によるとプレーンヨーグルトを使った場合温度40度、牛乳500mlで5時間とのことなので少なめではありますがその通りに設定してスイッチオン!あとは、5時間経つのを待つだけ。とっても簡単でした!

5時間後…。固まっていました。香りもちゃんとヨーグルトです。

大きくて見やすいディスプレイの時間表示が「5→4→3…」と減っていき、ラスト30分は分刻みに。0になるとブザーでお知らせしてくれます。ブザー音のあと、「ストップ」を押しに行かないと何度もブザー音でお知らせしてくれるので、うっかり放置してしまったということもないはずです。

完成したヨーグルト、お味のほどは…?

その後、冷蔵庫で2時間ほど冷やして完成。
できたてのヨーグルトは、もともとのブルガリアヨーグルトよりも酸味がマイルド。酸味が苦手な私にはちょうどいい味わいで、とてもおいしい!逆に酸味を強く出したい場合は、発酵時間を延ばすとよいそうです。

じつは、実家に忘年会の景品でもらったというヨーグルトメーカーがあるのですが、できあがったヨーグルトがおいしくなくて、1回使ってお蔵入りになっているそう。そんなエピソードを聞いていたので、「ヨーグルトメーカーでできるヨーグルトはまずい」という固定観念があったのですが、ヨーグルティアSでつくれば味もばっちり。

どんなに簡単につくれても、完成したヨーグルトがおいしくなくては意味ないですよね。その点でも、ヨーグルトメーカーを持つことへの疑問が解消されました!

人気の「R-1」ヨーグルトでも試してみました

ヨーグルトメーカーでヨーグルトをつくるメリットは、手づくりの安心感や鮮度、味の良さはもちろんですが、少量のヨーグルトで大量につくれるというところにもありそう。もとのヨーグルトが、10倍の量になるわけですから、つまりコスパもとてもいいということになります。

そこで、人気のR-1を10倍にすべく、つくってみました。

お砂糖やゼラチンが入っていてもおいしくできる?という疑問を抱きつつ、待つことまた5時間…。

問題なく、完成しました!ブルガリアヨーグルトよりも、とろみが強い印象です。

甘さもしっかりあるためか、子どもたちにはこれが好評。

「いつものヨーグルトよりおいしい」と喜んで食べてくれました。R-1が10倍になるなんて、とってもおトクです!

「ヨーグルトのある暮らし」が身近に♪

ヨーグルティアSが我が家に来て以来、家族のヨーグルト消費量がぐんと増えました。
朝ごはんにはもちろん、夕食後のデザートにも子どもたちからリクエストされるほど。シンプルなプレーンヨーグルトは、アレンジも自在なので、飽きずに毎日食べ続けられます。

家計を握る母としては、コスパのよさもありがたい!そしてなにより、ヘルシーな食生活に1歩近づいたことがうれしいです。

無理なくおいしく続けられるヨーグルトライフのために、ヨーグルトメーカーを1台持つ意味は大いにありかと思いました。次回は、ヨーグルトメーカーで甘酒や塩こうじづくりにトライします!お楽しみに。

このサービス使ってみたい?

よければ、あなたの性別と年齢を教えてください

(初回のみのアンケートとなります)

性別

年齢

ありがとうございました

閉じる

SNSでシェアしよう

この記事が気に入ったら
いいね!してね

hintosの最新情報をお伝えします

この記事が気に入ったらともだちにシェアしてね

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail
小林博子

小林博子

マタニティサイト「ニンプス」の編集長とフリーランスのライター業のパラレルワーク中。 4歳・10歳の子どものママです。子育てや暮らしをハッピーにしてくれるアイテムに常にアンテナを張っています!