ライフスタイル

わずか0.2mm!ガジェットをおしゃれに守る「wraplus」を使ってみた

2018. Sep. 25

BY ぴろり

(2/2ページ)

Before→Afterを比較してみた

wraplusをつける前と後ではガジェット達の印象がどう変わるのか写真で比較してみました。

wraplusをつける前は、無機質さがかっこいいApple製品たち。


wraplusを貼り付けた後はガラッと印象が変わります。

iPhoneとMacBookをブラックレザー調にしたことで、無機質から大人かっこいいイメージになりました!

wraplusは豊富なデザインがデバイスごとに揃えられるため、デザインを統一するのがおすすめです。

 

wraplusを実際に使ってみた感想

wraplusをつけたiPhoneとMacBookを1週間実際に仕事や休みの日に使ってみました。

良い点

・表面の傷などを気にせずにガジェットが使える
・薄いためかさばらずに持ち運べる
・持ち物のデザインが統一されたことで、仕事や作業タイムがより楽しくなった

表面の傷が防げるようになったのはもちろん、MacBookはトラックパッドの隣にもシールが貼れるため、手汗などの汚れも気にせずに使えるようになりました。

また、iPhoneとMacBookで同じデザインのカバーをつけていることが珍しいようで、周りからも「それどこの?」とかなりの頻度で聞かれました。

カフェでの作業タイムも以前より楽しくなりますよ。

気になった点

・iPhoneのインカメの部分にシールまわりの汚れが溜まる

シールなのでどうしても縁にホコリがついてしまいます。少しなので気になりませんが、インカメを頻繁に使う方はiPhone表面のシールは貼らずに使うといいかもしれません。

ただ、シールがガジェットから剥がれるということはないため、安心して使えました。

いつでも剥がせるので、気分転換に持ち物のデザインを変えてみるのも良いかもしれませんね。豊富なデザインの中から自分好みのwraplusを見つけてみては…?

  • 1
  • 2
※2018年09月25日時点の情報です。価格を含めた詳細情報は各商品の公式HP等をご確認ください。

この商品使ってみたい?

クリックするとみんなの結果が見れるよ!

よければ、あなたの性別と年齢を教えてください

(初回のみのアンケートとなります)

性別

年齢

ありがとうございました

閉じる

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail

KEYWORDS