コミュニケーション

家や職場でWi-Fiを共有するのが面倒!そんなときパスワードを共有する機能が便利!

2019. Jan. 6

BY 松本果歩

外出先で同僚から、「Wi-Fi使わせて~」と頼まれることや、家でWi-Fiを共有している家族が機種変更やパソコンを買い替えたりした際、「Wi-Fiのパスワードなんだっけ?」と聞かれることありますよね。しかし、自分でも覚えていないことが多く、さらに複雑な英数字の羅列をメモして渡したり、相手はそれを打ち込んだり……とかなりめんどくさい。

しかしiOS 11iPhoneiPadであれば、この面倒なパスワードの共有が簡単にできてしまうようになったのです!早速見ていきましょう!

 

最新機能としてパスワードを共有する機能がついた

なんと、iOS 11搭載のiPhoneiPadであれば、「Wi-Fiパスワード共有機能」により、端末同士を近づけるだけで相手もパスワードの入力をしなくてもWi-Fiに接続できるようになります。

iOS 11】からパスワードが共有できる方法とは?

共有する条件と注意点

パスワードを共有してWi-Fiに接続する条件は以下2つがあります。

1.自分(Wi-Fiに接続できる)の端末に相手の連絡先が登録されている

2.どちらの端末もiOS 11がインストールされている

iOS 11がインストールされていなければこの機能を使用することができないので、注意が必要です!

パスワードの共有方法

続いて、相手の端末でWi-Fiの接続画面を開き、接続したいWi-Fi(あなたのWi-Fi)をタップし、パスワード入力画面で待機します。

その状態で、あなたの端末と未接続相手の端末を近づけるだけで「Wi-Fiパスワードを共有しますか?」と画面に出てきます。そこで「パスワードを共有」をタップするだけで完了です!

 

パスワードを教えなくても済むので、パスワードを教えてしまったために次回以降勝手に接続され、無許可で使われるのが抵抗ある……と言う場合にも安心ですね!

想像以上に簡単なパスワードの共有機能、ぜひ外出先などで同僚やご家族と使う時に試してみてくださいね!

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail