ライフスタイル

絶対に喜ばれる、かわいい手土産 vol.1「UCHU wagashi」

2019. Feb. 8

BY seta

手土産選びが上手な人って素敵ですよね!お呼ばれやご挨拶の手土産、せっかくなら本当に喜ばれるものを選びたいと思いませんか?

絶対に喜ばれる、かわいくて遊びゴコロにあふれたプチ手土産「UCHU wagashi」をご紹介します。

<これまでの「手土産」シリーズ>
みそポタ

人をわくわくさせたり、しあわせにする和菓子「UCHU wagashi」

100年後の新しい文化につながることを目指した「今の和菓子」を作るUCHU wagashi(ウチュウワガシ)。

「人をわくわくさせたり、しあわせにする和菓子」をコンセプトに、日本の伝統的な文化と現代的な遊び心を組み合わせた独創的な和菓子を展開しています。そんな和菓子ギフトにうってつけなUCHU wagashiのラインナップから、hintos編集部ではおしゃれな2種類のおすすめ落雁をお取り寄せしてみました。

ピースを組み合わせて自分だけのカタチを描く「drawing」


まず最初にご紹介するのは、繊細なパステルカラーの落雁「drawing」。新しい和菓子を作りたい、その思いから始まったUCHU wagashiが最初に手がけたお菓子です。

「drawing」という名の通り、落雁で作られた扇型のピースを組み合わせることで「絵を描く」ように自分だけのカタチを作ることができます。

伝統的な和菓子は、ただ食べるだけでなく四季折々の季節を見立てて感じるもの。もうすぐやってくる春の花や蝶を表現してみたり、自分で「見立て」をデザインすることができるのです。


見た目に楽しく、食べてみたくなる6色のパステルカラーにも手間とこだわりが詰まっています。あまり濃すぎる色では口に入れたいと思えなくなってしまうし、薄すぎると元気がなくて印象も弱くなってしまう。その中間の絶妙な色合いを実現するために、日々細心の注意を払いながら作り続けているのだそう。


きめ細かな和三盆糖で作られた落雁は、こわれやすく繊細です。それが口どけの良さの理由でもあるのですが、職人の技術によってこわれにくさと口どけの良さを両立する固さを実現しているんですって。せっかくの手土産、誰かに渡す前に崩れてしまっては残念ですから、こわれにくいというのも選ぶときのポイントになりそうですね。

茶葉の香りを味わう、プチサイズの落雁「ochobo」


もうひとつお取り寄せしてみたのは、一口サイズの落雁「ochobo」。

ひとつひとつ、キャンディーのように和紙で包まれています。見ての通りとても小さなお菓子ですが、丁寧な心遣いがぎゅっと詰まっているのが感じられますよね。プチギフトや手土産に込めた気持ちも、きっと渡す相手に伝わるはず。

プレーンと、ジャスミン茶、ほうじ茶、抹茶の3種類の爽やかなティーフレーバーで、お茶のお供にぴったりですよ。口の中でじわっと溶けていく甘い幸せは、きっとお裾分けしたくなるはずです。

UCHU wagashiがこだわる「和三盆糖」とは

UCHU wagashiでは、国産の和三盆糖を使った和菓子を展開しています。「盆の上で砂糖を三度研ぐ」という工程から名付けられた「和三盆糖」は、その手間のおかげでふんわりと淡い口溶けが特徴的な最高級のお砂糖。今回ご紹介した2種の落雁「drawing」と「ochobo」も、この和三盆糖の風味と口溶けを大切にして作られています。

丁寧に作られたお砂糖から丁寧に生み出される、かわいくって心も踊るUCHU wagashiの和菓子たち。値段もお手頃でギフトにも人気です。自分で楽しむのはもちろん、誰かへの手土産に、伝統と新しさを届けてみませんか?

掲載商品情報:UCHU wagashi

drawing
・価格:20個入り 780円(税込)
・セット内容:青、ピンク、紫、白、黄色、緑
・賞味期限: 製造日より3ヶ月間
・パッケージのサイズ:100mm(縦)×100mm(横)×20mm(高さ)

ochobo
・価格:20個入り 1,180円(税込)
・セット内容:抹茶、ほうじ茶、ジャスミン茶、プレーン(各5個)
・賞味期限:製造日より14日間
・パッケージのサイズ:112mm(縦)×112mm(横)×28mm(高さ)

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail