ライフスタイル

怖い!けど楽しい!「TYFFONIUM」で次世代MRなホラー体験

2018. Oct. 26

BY 浅田よわ美

こんにちは、ライターのよわ美です。

みなさん、週末のおでかけプランは決まってますか? いつもと同じようなおでかけコースに飽きたら、非日常な体験=旅行を通して、思い切り、リフレッシュするのはいかがでしょう。

と言ってもせっかくのお休みです。「非日常な体験もしたいし、家でまったりする時間もほしい…だからできれば都内で! 近場で!」という人や、今までにない体験がしたい! という人は、都内発都内行! VR、AR、MRで味わう、バーチャルなファンタジー旅行に旅立つのがオススメです。

その中でも今日は、来たる「ハロウィン」の季節にピッタリな、ゲーム感覚でファンタジー世界を楽しめるMRの体験施設「TYFFONIUM ティフォニウム お台場店」を紹介します。

MRとは?

MR=VR(仮想現実)とAR(拡張現実)技術を融合させた最先端の技術「Magic-Reality(マジックリアリティ)」。現実世界で手を動かせばバーチャル世界でも手が動き、現実世界で歩けばバーチャル世界でも歩くといったように、現実世界とバーチャル世界での体験がシンクロするため、バーチャル世界に入りこんでいる没入感が味わえます。

★VRとARを体験できる施設
食事×AR/VRゲーム!  大人も楽しい「VREX」体験>>

実は最近VRやAR技術を使ったアトラクションが楽しめる施設で遊んだところ、現実世界では味わえないような刺激的な体験が味わえるところにすっかりハマってしまったので、未体験のMR体験も、ぜひしてみたいと思っていたんです。
念願の初・MR体験!hintos編集部のIさんと2人で遊びにきました。

東京ダイバーシティ プラザの5階にあります

いざ、魔法の世界へ

今日は2つのアトラクション「CORRIDOR(コリドール)」と「FLUCTUS(フラクタス)」を楽しむ予定です。 ……が、着いた瞬間、あることに気づきました。

よわ美「あれ、Iさん、もしかしてこれ……?」
編集部・I「ブラックファンタジーというか……コリドールの方はホラーですね

コリドール体験に記載された注意事項:
グロテスク・虫・強い光・激しい音・閉所・暗所のような表現があります

気づいて、青ざめる2人。

よわ美「わたし、ホラーが本当に苦手でもう5年は避けてきたので……久々すぎて、やばいかもしれません」
編集部のI「わたしもすごく怖がりなんです……」

このままバレる前に去ろうかどうか、テレパシーで会話していた我々の前に、この旅の案内人である、TYFFONIUM SHIBUYAの担当者さんが現れました。

担当者さん「当館ではMR技術を駆使して魔法のような体験をしていただけます。ぜひ楽しんで言ってくださいね」

よわ美「あの、わたしたちふたりとも、すごく怖がりなんですが、今日の体験って結構怖いですか? ちょっと怖いくらいですかね……?」

担当者さん「そうなんですね! 安心してください。100人体験したら、2人は途中でリタイアするくらいの怖さなので大丈夫ですよ」

100人中2人って結構多くない……? ふたり参加で、ふたりリタイアの新記録を残してしまうかもしれないぞ。そんなことを思いながら、体験場所がある奥へと進みました。

貴重品はロッカーに

椹木さん「おふたり共、足が止まってますよ。こちらに進んでくださいね」

①ホラーアトラクション CORRIDOR(コリドール)

はじめに、椅子が並んだ空間に案内され、体験で我々が達成すべきミッションなどについてレクチャーを受けます。

待ち時間の間は、わたしたち以外に体験を楽しみにきたひとたちの叫び声がBGMでした。大丈夫かな?

案内人のお姉さんが登場。

「参りましょうか」

案内されたのは紫一面のだだっぴろい個室です。

MR装置をつけていざ出陣

「このリングを手から離さず、ふたり一緒に移動してくださいね。それでは頑張って、廃墟になった恐怖の洋館コリドールの中から無事帰還してください。体験時間は約13分です、いってらっしゃい……」

~ミッション 「呪われた洋館から帰還せよ」~

ネタばれを含む画像は載せられませんので、詳細はぜひ直接体験で……! 代わりに現実世界の、我々の様子から、その内容をご察しください。

ドアを開けたら、くるしそうにジタバタと地を這う大量の亡者たちがこっちを見ていたり、明らかに足のない半透明の女性が、こっちを見ながら、今から通る場所を通り過ぎていったり。具体なことは教えられませんが、最後に出てくる亡霊には本当に驚きました。

走ろうとすると緊急警告「STOP SLOWLY!」が表示されてしまうので、走って逃げることもできない私たち。我々は本当に戻ってこれるのでしょうか……!?

結果 :  無事に生還!
誤解ないようお伝えしておきますと、とてもオススメな体験です。

途中で何度もわたしの歩みが停止したものの、編集部・Iさんに励まされながらなんとかゴールすることができました。ひとりでなく2人だったので、笑えてきたり、目の前の映像ではなく横の人の動きに必要以上に反応して叫んだりと、存分に楽しんだ時間でした。

終わったあとだから書ける感想ですが、真っ暗な洋館から、魔法陣を頼りに、迫りくる亡者たちから逃げ切るしかない緊張感なんて現実世界では絶対ありえない体験です。怖さよりも、非現実な世界がすごく楽しかった。コリドール、無事ミッションコンプリートです!

「続いて、次のアトラクションへご案内します」

②FLUCTUS(フラクタス)

「おふたりは船長と乗り組み員です。航海の途中で、死後の世界に迷いこんでしまいました。亡霊を追い払えば、生の世界に戻れます。ただうまく追い払えないと、そのまま死後の世界へ連れていかれてしまいます…それでは航海のスタートです」

内装異なる、紫の空間へ移動

~ミッション「霊たちを退治し、死後の世界から現実世界に帰還すべし」~

海の上を船で進んでいたのに、気付けば死後の世界へ…!
途中現れる大量のクラゲたち

ミッション「生の世界へ帰る」ため、次々襲ってくる亡霊たちを、振り払います。」
こちらもネタバレを避けるため、現実世界から捉えた体験の様子を一部ご覧ください。

バーチャル世界で必死に戦う私たち、見ていただけましたか? 我々は見事、亡霊を振り払うことができたので、ミッションコンプリート!
帰り際に、フォトブースで写真撮影もできるよ。

担当者さん「11月に渋谷店もオープンします。体験内容は基本的に同じですが、より映像が鮮明に解像度の良いものになります。また、たとえば床が振動するなど、視界だけでない体験ポイントを増やし、より、リアルなバーチャル世界を楽しんでいただければと思います。お台場店でも、渋谷店でも、ぜひ、MRならではの新感覚エンターテイメントをご体験ください」

ハロウィン仕様で10月は蜘蛛の巣だらけのお台場店

まとめ

いかがだったでしょうか? ホラーが好きな方はもちろん、ホラーが苦手な方も、友達と体験するMRのホラーアトラクションなら、楽しめる! ということを、私はこの度体感しました。

まだMR体験は未経験だという方や、記事を通して興味が湧いた方は、ぜひこのハロウィンの時期に合わせて遊びにいってみてくださいね。それではまたー!

このサービス使ってみたい?

クリックするとみんなの結果が見れるよ!

よければ、あなたの性別と年齢を教えてください

(初回のみのアンケートとなります)

性別

年齢

ありがとうございました

閉じる

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail