住まい・生活

ワンコインで部屋が片付く!収納アプリ「trunk」に荷物を預けてみた

2017. Jul. 4

十分なスペースがないのに物だけはどんどん溢れて、収納に頭を悩ませる方は多いですよね。大切な持ち物は上手に整理し、すっきりと快適な生活を送りたいものです。でも、断捨離は苦手…という方に朗報です。荷物の置き場所に悩んでいる方に最適な「ワンコイン収納サービス」があると聞き、さっそく試してみました。

月額500円で利用可能!その名も「trunk(トランク)」。

「trunk」とは、月額500円で荷物を預かってくれる、新しい形の宅配整理収納アプリです。使い方は、「使わないけど捨てられない」そんな物をダンボールに詰めて送るだけ。預けたアイテムをアプリ上の「マイトランク」でいつでもチェック、管理できます。保管しているアイテムはもちろんいつでも取り出し可能で、さらにアプリ上で「売り・買い」も楽しむことができます。そんな収納+フリマがスマホで手軽にできる便利なサービスなのです!

実際に荷物を預けてみた!

早速アプリをダウンロード!実際に利用してみました。まずは、ユーザー登録をします。SNSやメールアドレスを使って登録ができます。今回はFacebookを使ったので、ログインすれば簡単に登録は完了しました。

では、実際に荷物を預けてみましょう。

ページ下部の「預ける」アイコンをクリックすれば、集荷プランの選択画面になります。ご自宅にダンボール箱をお持ちの場合は、縦・横・高さ・重さなどの条件がクリアしていれば預け入れ可能です。今回はちょうど良いダンボール箱がなかったため、専用BOXを申し込んでみることにしました。

欲しい箱の個数を選ぶと、お届け先情報・クレジットカード情報の入力画面に進みます。今回は1箱だけ申し込んだので、初期費用は消費税をプラスした540円です。申し込みを確定すると、専用BOXのお届け予定日を教えてくれます。あとはBOXの到着を待つだけ。その間に預ける荷物を選ぶとしましょう!

オシャレな専用BOXが到着!

専用BOXは、アプリから申し込みをした2日後に自宅に届きました。非常にスピーディーです!「trunk」のロゴが入った白の段ボール箱は、組み立ててみると思っていたよりも大きいです。

箱のサイズは40cm×60cm×40cm。雑誌と比べるとこのくらいのサイズ感です。

ダンボールに荷物を詰めてみよう

今回は、置き場所に困っていた子供のぬいぐるみ、季節が過ぎて着なくなった子供の冬服、衣替えでスペースを取る自分の秋冬の靴、バッグなどを預けてみることにしました。早速箱に詰めてみます。

合計10点と盛りだくさんですが、これだけ詰めてもまだ少し余裕があるくらい、予想以上にたくさん入ります。自宅にこの分の収納場所を確保しようとするとけっこうスペースがいりますので、預けられると部屋が片付き非常に助かります!ちなみに、一箱に詰められる荷物の最大重量は20キロまで。余程重たい物を入れない限りは、気にせずどんどん詰めても大丈夫そうです。

箱のフタには、荷物のお預け入れまでの流れが分かりやすく説明されています。ちなみに、例えばこのマンガは全巻セットにしておきたい、など、複数のアイテムをまとめて1アイテムとして登録したい場合は、袋などにまとめて入れておけばよいそうです。

ガムテープ等で封をすれば、荷詰めはこれでOKです。

あともうひといき!集荷申し込みをすれば完了

荷物の箱詰めが終わると、次は集荷の申し込みです。

集荷してほしいBOXの個数を入力、集荷日時の指定があれば選択します。集荷先の住所を確認すれば、簡単に申し込みは完了です。集荷予定日が表示されますので、あとは配達員さんが荷物を取りに来てくれるのを待つだけ!

翌日には集荷に来てくれた

伝票も配達員さんが持ってきて貼ってくれるので、本当に荷物を渡すだけでOK。集荷もスムーズでとても楽ちんでした!

さて、預けた商品は実際にスマホにどのように反映されるのでしょうか?また、「マイトランク」に収納した商品を売る方法とは?気になる続きは後編でお伝えします!

hintos読者限定!クーポンプレゼント

初期費用と一ヶ月分の利用料が無料(初回限定)となるサマーキャンペーンを実施中!
クーポンコード:hintos(※利用期限:8月31日)

※クーポンコードは「クレジットカード情報」入力後に、出てくる会計画面で入力が可能になります。

このサービス使ってみたい?

クリックするとみんなの結果が見れるよ!

よければ、あなたの性別と年齢を教えてください

(初回のみのアンケートとなります)

性別

年齢

ありがとうございました

閉じる

KEYWORDS

SNSでシェアしよう

この記事が気に入ったら
いいね!してね

hintosの最新情報をお伝えします

この記事が気に入ったらともだちにシェアしてね

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail