美容・健康

パソコンで目元どんより…疲れやクマに効く目元周辺マッサ―ジ

2017. Sep. 29

長時間パソコンやスマートフォンを見ていると、目元が疲れてどんよりと重たくなってしまいますよね。そこで今回は、自宅でプライベートサロンのような施術が受けられると人気のサービス「TOLISPA(トリスパ)」のセラピストの佐野さんに、疲れた目元に効くセルフケアの方法を教えてもらいました!

 

ツボを押して目元リフレッシュ

目頭より鼻側の少し上に位置するところに、重要な目のツボがあるのをご存知ですか?このツボを鼻根部に向かって優しく押すことで、目の奥まで血液を行き渡らせ、視力の低下や目の疲れを解消できますよ。また、瞳の真下、目を取り囲む骨の淵にあるツボを刺激することは、目のうっ血を解消し明るい目元を作るのに効果的です。

ゴルフボールの枕で頭すっきり

ゴルフボールを2つ用意したら、首の後ろに入れ、中央の背骨に当たらないようにしながらゆっくりと頭の重力を乗せてみましょう。こちらも重要なツボで、頭全体にアプローチすることによって目の血流の改善が期待できますよ。

思いっきり!眼のグー、パー体操

最後は手も道具も使わないやり方です。思いっきり、顔がくしゃくしゃになるくらいグーっと力を入れて目をつむったら、その状態で10秒間キープしましょう。次はパーです。思いっきり目を開け、眉毛の筋肉まで動かしましょう。顔全体の筋肉を自ら動かすことによって、血行が良くなる効果が期待できますよ。大げさなくらい思いっきりやることがポイントです!

目元を温めるのも効果的

即効性を上げるなら、ホットタオルやホットアイマスクなどで目元を温めるのも効果的です。血流が良くなることによってクマが改善されますし、力を抜いて目をつむることで気持ちもリラックスできますよね。

いかがでしたでしょうか?目元が疲れていると、顔全体がどんよりと元気のない印象になってしまいます。今回ご紹介した簡単なツボ押しやマッサージで、ぜひ生き生きとした明るい目元を手に入れてくださいね!

取材協力:TOLISPA(トリスパ)

あなたの自宅がプライベートサロンに。スマホアプリからセラピストさんを選んで予約するだけの、簡単で大人気の出張ボディケアサービスです。

KEYWORDS

SNSでシェアしよう

この記事が気に入ったら
いいね!してね

hintosの最新情報をお伝えします

この記事が気に入ったらともだちにシェアしてね

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail