ライフスタイル

いつもと違う写真が誰でも撮影できる!画角220度のレンズで撮り歩いてみた

2018. Sep. 9

BY ぱつこ

(1/2ページ)

iPhoneのカメラ、せっかく綺麗に写るんだからもっと色々試してみたい!

という事で、今回「tokyo grapher(トーキョーグラファー)」の魚眼レンズを試してみました。なんと220度の超広範囲が写るレンズなんです・・・!

一言で言うと、とにかく高画質でびっくりしました。

 

とにかく広く写る!FISH-EYE 220(魚眼レンズ)

こちらのレンズが「FISH-EYE 220」です。220度の広範囲を映してくれるレンズなんですけど、ぶっちゃけ220度とか言われても分からないですよね。

という事で、実際に撮影してみました。

まずはこれがiPhoneのカメラそのままで撮影した写真です。そこにレンズを付けるとこんな感じで写ります

すごい、iPhoneの標準カメラで映らない部分まで綺麗に写っています・・・!全く同じ位置から撮影してこれです。本当に全然違いますね・・・

画質も劣化する事なく、とっても綺麗なままです。

この標識も普通に撮ったらめちゃくちゃ近い位置にありますが、レンズを付けて同じ位置から撮影してみると

周辺の景色がしっかりと写っています。

近場でしか撮影できなくて景色が全然写らない・・・なんて場面でもレンズを付ければ

全体があっさり綺麗に写ります。

しかもこのレンズ、広角レンズにありがちなケラレ(画面の四隅が暗くなる事)が発生しないんです!トリミングして景色を切り取る事もなく写真撮影を楽しめます。

安いスマホレンズだとよくケラレが発生してトリミング・・・結果的に景色が狭まってしまう・・・なんて事もあったので、四隅まで綺麗に写る事に感動です!

ちなみに、動画だと180度で映像が撮れます。

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail