ライフスタイル

今のたまごっちがすごい!進化したたまごっちみーつで遊んでみた♪

2018. Dec. 20

BY Mugi

(1/2ページ)

たまごっちと聞くと、な、懐かしい…!と興奮するアラサー女子は多いですよね。筆者も小さいころ、両親に頼み込んで買ってもらい、肌身離さず持ち歩いていた記憶があります。そんなたまごっち、実は今現在も販売されていて、しかもとっても進化しているってご存知でしたか?

今お世話してよ!進化を続ける「たまごっち」の魅力に迫った>>

こちらの記事で現代版たまごっちの開発秘話を知り興味津々…これはやってみるしかない!ということで、今回はアラサー女子の筆者が最新たまごっちで童心に返り遊んでみた様子をレポートします♪

たまごっちみーつとは?

1996年に誕生し女子高生を中心に大流行した携帯育成デジタルペットたまごっち。その進シリーズとしてこのたび発売されたのがたまごっちみーつです。キャラクターやお世話のバリエーションが増えたのはもちろん、スマホアプリと通じて全国のナウたま(今育てているたまごっちのこと)と遊んだり、結婚して親の遺伝子を受け継いだ子どもができて遺伝したりと(…!)、初代たまごっちにはなかった新しい機能が盛りだくさん。何もかもがパワーアップした、まさに新世代たまごっちなんです。

 

デザインも新しくなったの?

初代が発売された頃に遊んでいた世代の方だと、たまごっちは赤・青・白といった原色のイメージが強いかもしれませんが…新しいたまごっちみーつはとっても今風!キラキラ輝くラメの背景にハートや虹がデザインされた女子力高めのデザインです。

ピンクだと可愛すぎる…でもやっぱり可愛いのが好き、ということで今回は黄色を選びました。これならアラサー女子が持っていてもセーフ?(笑)

サイズ感は記憶の中のたまごっちよりひと回り大きく、より分厚くなったフォルムが特徴。でも大きすぎるといった印象はなく、このように手の中にすっぽりとおさまるコロンと可愛らしいサイズです。

そして一番の進化は液晶画面がカラーになったこと。カラフルさやお部屋のキュートさはもちろん増しましたが、カクカクとデジタルに動くたまごっちの様子は昔と変わらず、なんだか安心しました。サウンドはオン/オフの切り替えが可能。オンの時の音量は、スマホの着信音を小さめに設定した時と同じくらいのイメージです。

さっそく育ててみた

そんな新しいたまごっちみーつ。早く遊んでみたい!ということでさっそく育ててみることに。時刻などの簡単な設定を終え、卵の状態を見守りながらワクワク待つこと約1分…誕生したのはピンクの可愛い女の子。

ごはんをあげたりウンチを掃除してあげたり、基本的なお世話の仕方は昔のたまごっちと同じ。愛情や満腹度がバロメーターで表示されるので、それを見ながら欲しがっているものを与えてあげます。

お腹がすいたり愛情が足りていないと泣き顔に。バロメーター満タンを目指して愛情たっぷりに育てたいと思います。私自身を「ぺんとすっち」と名付けたので、呼びかけてくれるんです!
幼児期(赤ちゃん)の間のごはんはベビーフード。トイレに行きたいよ~とプルプル身震いしていたら、連れて行ってあげるとちゃんとおまるに座ります。(初代たまごっちは、ごはんorおかしを選ぶ、ウンチをしたら流す、だけでした。) 細かな設定がさすが!

せっせとお世話をしていると数時間後には成長して次の段階、反抗期に。赤ちゃんの間なんて一瞬で過ぎてしまうのは人間と一緒ですね(笑)

この時期になると食事はふりかけごはんへと変わり、なんとレストランで外食もできちゃいます。

お金でモノを買う、という概念があるのも昔のたまごっちとは大きく変わったところ。たまごっち内で使うコインは、ゲームをクリアしたりするともらえます。

公園で遊んだり、船に乗ってタウンの外のリゾートホテルへ(…!)お出かけしたりもできるようになりました。う~ん、幼少期から贅沢者です。(笑)
お部屋を綺麗に掃除して、寝る前にはお風呂にも入れてあげましょう。夜はちゃんと寝てくれるので、夜な夜なお世話しなきゃいけない…!ということもありません。

そしておよそ1日後には次の段階、思春期に突入しました。くるくるの髪の毛とおちょぼ口が可愛い、愛嬌のある子に育ちました。下の左の写真のように、この時は夕方だったのですが、実際の時間によって庭の背景も変化します。芸が細かい!

キックボードを買って遊ばせてあげたり、かくれんぼしたりもしました(左のお着替えカーテン?からちょっとはみ出しています(笑)

そしてさらに1日後、ついに立派な大人(フレンド期)になりました。

たくさんあるたまごっちキャラクターの中で一番可愛い!と思っていたラブリっちになり大興奮♪

フレンド期になると結婚することができるようになります。この子にも家族を作ってあげたい…!ということで、たまともにプロポーズしてみることに。

たまデパで出会い、何度も一緒に遊ぶことで仲を深めてきたたまとものまめっちくん。なかよし度メーターがこいびとになったので(最初はともだちでした)勇気を出していざプロポーズ!
結果は…OK!おめでとうー!
ということでめでたく二人は結婚。可愛い双子の赤ちゃんが産まれたのでした。

そしてなんといっても、家族ができてからさらに楽しくなるのがたまごっちみーつ最大の魅力。今風のユニークな機能がいろいろあるんです。例えば、忙しい時はパパとママの家で子どもを預かってもらえます。

夕方を過ぎてもお迎えに行かないと、パパとママが自宅へ送り届けてくれます。でも子どもたちはすごく拗ねちゃうんだとか。う~ん、なんとも現代的!(笑)

さらに家系図を見ることができたり、家族写真だってあります。

家系図をさかのぼって見ていくと見た目がどんなふうに遺伝しているのか分かってとっても楽しいですよ!

そして思春期を経てフレンド期に成長した双子の子どもたちは、それぞれ両親の特徴を引き継いでこんなに可愛くなったのでした。

思春期(左)の時は二人ともママ似でしたが、フレンド期(右)になるとちびぺんとすっちはママ似、みにぺんとすっちはパパ似と個性が現れました。

う…♪そんな想像を膨らませてワクワクしながら、これからも愛情をかけて育てていこうと思います。

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail