ライフスタイル

抑えきれないその欲望に。SNSで話題の「禁欲ボックス」を使ってみました

2019. Sep. 9

BY シマサキアヤ

仕事や勉強、ダイエット中・・我慢しないといけないと     わかっているのについつい手が伸びてしまう、お菓子・スマホ・ゲームなどの誘惑アイテムたち。どうしても欲望が抑えきれません…! そんな方に役立つ、欲望のコントロールを助ける「禁欲ボックス」をご紹介します。

1分~10日間、絶対に開かない「Kitchen Safe タイムロッキングコンテナ」

こちらが今回ご紹介する「Kitchen Safe タイムロッキングコンテナ」

一見普通の保存容器のようですが、こちらのフタに秘密が。

1分~10日まで好きな期間を設定し、スタートボタンを押すと……

フタの側面にツマミが出てフタがロックされ、その期間は絶対に開けられない仕組みです。

(//びくともしません)

無事に設定した時間が来れば、フタを開けることができます。

あなたの頑張りを後押し! こんな用途で使えます

タイムロッキングコンテナはSNSやテレビで「禁欲ボックス」と呼ばれ話題になりました。注目を集めたワケは、そのシンプルさと、自分から遠ざけたいものを一切処分するのではなく、時間が来れば再び楽しめる点かも。こんな用途で使えます。

「ご褒美」を入れて頑張りをサポート

「1時間勉強に集中したいからその間だけスマホを入れておこう」とか、「この仕事が終わったらお菓子が食べられる!」など自分の頑張りを後押しする用途にも使えます。仕事や試験など、なにか頑張りたいことがある方におススメです。タイムロッキングコンテナを目の前に置いて仕事をするとやる気アップ。私は今目の前にお菓子を入れたタイムロッキングコンテナを置いて原稿を書いています。いつもより捗る気がします!

たとえばこんなものを入れてみては?

・スマートフォン     やタブレット

・お菓子

・ゲーム機

・お酒

・テレビリモコン

断ちたい悪習慣がある方に

また、喫煙や飲酒、食べすぎや買い物のし過ぎなど、「こんな悪い習慣を断ちたい!」と悩んでいることがある方にも。はじめは短時間の設定に、その後段々とロックする時間を長くしていくと、 です。ダイエットや節酒・禁煙の用途で使う人も多いみたい。

たとえばこんなものを入れてみては?

・タバコ

・お酒

・お財布やクレジットカード

・お菓子

ちなみに、タイムロッキングコンテナの外装箱のフタ部分で、自分の目標を宣誓できます。

操作方法

タイムロッキングコンテナは、単三電池二本で動きます。電池は6~12か月持ちます。

フタ中央にある丸いボタンをクルクル回して、フタを開けられない期間を1分~10日の間で設定。

さらにこのボタンをポチっと押すと、フタがロックされるまで5秒間のカウントダウンが始まります。このカウントダウンの間にボタンを再び押せばキャンセル可能。

カウントダウンが終わるとフタからツマミが出現し、フタがロックされます。一度ロックされたら、設定した期間が終了するまで開けられません。

設定した期間が終了すると自動的にツマミがフタの内部に収納され、フタが開けられるようになります。

ちなみに、フタがロックされる時間を追加することが可能ですが、いちど時間を設定したら途中で中の物を取り出すことは「基本的には」不可能。

「基本的には」と書いたのは、容器部分を破壊すれば中に入れたものを取り出せるから!

付属の説明書の「よくある質問」にもこんな項目が…。容器部分だけの販売もしているみたいですよ。

(//Q. kSafeを割ってこじ開けてしまいました A. 魔が差してしまうことは誰にでもあります。しかし、新品を購入する必要はありません。交換用の容器部を当社のホームページにてお買い求めください。)

使用時はここに注意

冷蔵庫・冷凍庫には入れられません

タイムロッキングコンテナを冷蔵庫や冷凍庫に入れることはできません。もし要冷蔵・要冷凍の物を入れたいのであれば、冷蔵・冷凍対応の鍵付き容器を別途用意し、その鍵をタイムロッキングコンテナに収納すればOK。

この方法は、タイムロッキングコンテナに収まらない大きさのものにも使えます。たとえば、自動車はこのコンテナに入れることができませんが、車の鍵なら入れられます。

密閉容器ではありません

タイムロックコンテナは密閉容器ではないので、おせんべいやクッキーなどをそのまま入れてずっと置いておくと湿気てしまいます。

誤操作に注意!

間違えて長い期間を設定してしまう誤操作に注意!製品の性質上、一度セットすると期間を短くすることができません。スタートさせる前によく確認しましょう。

ダイヤルを回してボタンを押すだけ、というシンプル操作です。ボタンを押してロックがかかるまで5秒のカウントダウンがありますが、うっかりロックを作動させないように注意してください。使わないときは電池を抜いておくか、フタと容器部分を分けて収納してもいいかもしれません。

そこにあるのに取り出せない!というのがミソかも

「そこにあるのが見えているのに手が届かない!」というのがこちらの商品のポイントかも。使ってみて実感しましたが、これは自制心を鍛えるのにかなり有効。減量したい私は、フタをロックする時間を徐々に伸ばしていって無理なくお菓子を我慢できました。タイムロッキングコンテナを使うことで22kgの減量に成功した人もいるんだそう。段々と囚われていたものから心理的に距離を置くことができるように感じました。

1万円オーバーと高価ではありますが、頑張りたい目標がある方におすすめ!あなたの頑張りをサポートしてくれます。

製品情報:Kitchen Safe タイムロッキングコンテナ

サイズ:約16cm×16cm×19cm
内寸:約15cm×15cm×14.5cm
価格:¥10,800(税込)
※パッケージは変更になる場合があります

この商品使ってみたい?

クリックするとみんなの結果が見れるよ!

よければ、あなたの性別と年齢を教えてください

(初回のみのアンケートとなります)

性別

年齢

ありがとうございました

閉じる

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail