ライフスタイル

【お菓子勉強家が選ぶ】目上の女性のお菓子ギフトは華やかな「新潟/花のル・コリ」vol.1

2019. Mar. 8

BY 西田タニシ

(1/2ページ)

日々の楽しみやリフレッシュになるお菓子。年齢を問わずギフトにも喜ばれます。
定番お菓子以外にも、まだ知らない、素敵でセンスのいいお菓子があるなら知りたくないですか?
今回はお菓子のエキスパートが「食べてみて想像以上の発見があったもの」と自らハードルを高く課したお菓子を、なんと全国各地から5つもピックアップしてくれました!

選んでくれたのは、お菓子勉強家の松林千宏さん
「テレビチャンピオン お菓子通選手権」(テレビ東京)、他3度の優勝。現在「お菓子勉強家」として活動し、TVや雑誌などのメディアでも幅広く活躍中!

ひとつめのお菓子は新潟味のれん本舗 の「花のル・コリ~黄~」

新潟味のれん本舗のおせんべいは国産米100%使用し、新潟の工場で作られています。「花のル・コリ~黄~」 は、10種類64袋の詰め合わせで3,240円(税込・送料別)。おせんべいが入っている驚きを狙った華やかな花のボックスは、季節に合わせてパッケージの花デザインが変わり、さらに季節の味わいが1品追加されています。

松林さんにこの菓子を選んだ理由を伺いました!

驚きポイントは「開けたときのワクワク感!」

松林さん「しょっぱい系で、デザインがいいお菓子がないかなと調べていて、偶然見つけたのがコレ。社長以外は全員女性社員で、女性ならではの視点で作ったそうですよ。箱の写真は毎年季節で変えているので、このパッケージは昨年の春に撮った写真を使っているんです」

松林さん「横もこんなに厚みがあって、とても豪華だからギフトにぴったり。私は目上の方に贈るときに重宝しています。箱が捨てられないっていう女子も多数!」

ル・コリとはフランス語で「小包」という意味。
「包む」ことは、大切な人への贈りものをする行為。贈る側の気持ちと、国産米100%の美味しさと、四季折々に咲くお花とを、大切に箱に包むようなイメージで名付けられたといいます。
贈る気持ちまで届けてくれそうなギフトですね。

松林さん「『この箱からおせんべい が出てくるなんて!』というギャップが素敵でしょ? 緑と白のパック を、色を交互に入れて、パッと見たときのバランスもきれい。保証カード もこだわっていて、このかわいい絵柄にしたことで以前よりも手に取ってもらえるようになり、再注文も増えたそうですよ」

松林さん「緑と白のパック で、それぞれに違う種類のお菓子が入っています! まず緑の方から開封してみましょう」

松林さん「『田舎おかき』と『マカダミアナッツおかき』は、お店のトップ3に入る人気商品。大きな黒豆がたっぷり入った『黒大豆せんべい』、それから国産米の『磯辺巻』 は、最近はあまり見なくなっているので嬉しいですね。白い方も開けてみましょう」

松林さん「人気トップ3最後のひとつはしっかりとした甘みの『黄金揚げ』! そして季節の商品の『梅ざらめ煎餅』や、たっぷり胡麻が香ばしい『胡麻せんべい』。小さく食べやすい『揚もち』 、大豆入りの『越乃豆もち』、『きなこ雪餅』……というラインナップ。女子っていろんなものを食べたいから、こんなにたくさん味わえるセットは贅沢だなって思います」

気になるお味は……?

全種類試食して、松林さん+hintos編集部が特にお気に入りだったお菓子を紹介します!

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail