おでかけ・グルメ

憧れお鍋「STAUB」や最新キッチンツールが使えるクッキングスタジオって?

2018. Mar. 3

フランス生まれの鋳物ホーロー鍋、STAUB(ストウブ)。どんなお料理も美味しくしてくれる万能調理鍋、そしてインスタ映えも叶うおしゃれな見た目に憧れている方も多いのではないでしょうか。

だけどお鍋の中ではちょっぴり価格がお高めだし、実際の使い心地やお料理の仕上がりはどうなの?というのが気になるところ。そんな「STAUBが欲しいけど迷っている」方には特におすすめなZWILLING(ツヴィリング)の「クッキングクラス」を体験してきました。

最新のキッチンツールを使ってお調理できるツヴィリングの「Cooking Studio」

やってきたのは元町・中華街駅から徒歩3分という場所にある、「ツヴィリングJ.A.ヘンケルス横浜元町店」。1Fはツヴィリンググループ各ブランドの商品を取り揃えているショップ、2Fはクッキングスタジオとなっています。

こちらが2Fのクッキングスタジオ。明るくて機能的なキッチンで、「STAUB」をはじめとしたZWILLING J.A. HENCKELSの最新キッチンツールを使用しながらお料理を学べるんです!

 

ここで今回、私が作ったお料理は…

▼自家製ソーセージと鴨のカスレ

▼芽キャベツのソテー&桜えびのアヒージョ

▼オレンジのカップシフォン

以上の3品です。本格的で難しそう…というように見えるかもしれませんが、実際に作ってみるとSTAUBがあれば自宅でもすぐに真似できるようなレシピでしたよ。

講師は横浜元町店でクッキングクラスを担当されている寺嶋美和先生。今回はビストロ料理の回ですが、和食や中華、イタリアンなど季節やイベントに合わせてさまざまなお料理を教えてくださいます。

ツヴィリングのクッキングクラスのスタイルは?

クッキングクラスは事前に店頭または電話で申込の上、予約時点か当日に参加費を支払う方式です。定員は講座ごとに異なりますが、多くても10名ほどの少人数制。エプロンやタオルなど、必要なものはスタジオ側で用意してくれるので参加時は手ぶらでOKです。

参加者が揃ったら、さっそくお料理スタート。使用する食材や道具はすぐに調理できる状態に用意されていました。

このクッキングクラスでは、参加者全員が分担・協力して調理するんです。写真はカスレに入れる自家製ソーセージの仕込みをしているところ。事前に手順を教わったあと、玉ねぎをすりおろす人、豚挽き肉をこねる人といったように、手分けをしながらどんどん進めていきます。

腸詰めではなく、ラップに巻いて加熱するソーセージ。特別な材料を使わないのが手軽でいいですね。

ソーセージは肉汁が逃げないようしっかり包んだあと、耐熱のビニール袋に入れて深めのお鍋「ピコ・ココット ラウンド」でボイル。

こちらは鴨肉。自分では買ったこともなかったのですが、筋の処理など教わりながら私も初挑戦しました。一度やってみれば意外とそんなに難しいこともないんですよ。

下処理が終わった鴨は、浅めのお鍋「ブレイザー ソテーパン」で皮の方から焼きます。あとで煮込むのですが、このまま食べたいぐらいに美味しそう…。

鴨を一旦鍋から外し、野菜とソーセージを加えました。もう、かなりいい香りが…

再び鴨を戻してスープと共に煮込んだあと、小分けにして水戻し済みの白いんげん豆やパン粉、バターを加えてオーブンへ。220℃で10分ほど加熱すればカスレの調理は完了です。

一方こちらはデザートのシフォンの準備中。一般的なシフォン型は中央に円筒状の壁がありますが、シフォンケーキの高さを出すためには生地を支える「壁」となる面積が多く必要なのだそう。ハートのミニココットを使って、一人分ずつ小分けにすることで生地を支える面積を増やし、シフォン型を使わなくても中までしっかりと焼くことができるんです。

180℃のオーブンで20分、ふんわりきれいな色に焼けました。時間が立つと少ししぼむので、そこにオレンジクリーム、カットしたオレンジをデコレーションしてこちらも完成です。

桜えびのアヒージョは最初から一人分ずつ小分けで調理します。STAUBは作ってそのまま食卓に出せるので、家族の人数分のミニココットがあると便利ですね。

また、同時にいくつも小鍋を並べることができるので、フラットなIHコンロとの相性もいいんです。クッキングクラスではサイズや形の異なるお鍋や調理法を一度にいろいろ試すことができるので、まずどれを買ったらいいかわからない、という人にもおすすめですよ。

アヒージョにイタリアンパセリをちょこんとのせて、焼いた芽キャベツ、アンディーブを添えれば完成。桜えびなら背わたとりなどの手間もなく、火の通りも早いです。

だいたいスタートから1時間半といったところで全メニューの調理が終わりました。盛りだくさんのようですが、無駄なく分担して調理をするのであっという間。その都度、次に何をするのかを教えてもらえますし、自分が作業していない部分はわからない!といったことにもなりませんでした。レシピはお持ち帰りできるので、自宅での再現も問題なくできると思いますよ。

それでは、いただきます♪

スタジオの奥にあるテーブルにお料理を並べて、できたてのお料理をいただきます。火にかけてそのままのSTAUBのお料理は熱々!カスレは一般的なレシピよりもスープたっぷり、具材もゴロゴロっとして食べ応えのあるアレンジ。アヒージョは桜えびとニンニクの風味が効いていてオイルまで美味しくいただけました。

ちなみに…スタジオに隣接するワインショップ「エノテカ」さんがその日のお料理に合わせてセレクトしてくれる一杯を、ワンコイン500円で添えることもできるんですよ。

食後のシフォン。お腹いっぱい…と思っていたのですが、オレンジ風味の爽やかな味でペロリと食べられちゃいました。

実は、クッキングクラスの参加者はほとんどがリピーターさん。新しいレッスンは欠かさずに参加している人、遠方から泊りがけで来ているという人もいるほどに満足度が高いんです。既におうちでSTAUBのお鍋やキッチンツールを使っている人でも、新しいレシピや使い方の習得をしたり、まだ持っていない最新のツールをお試しできるというメリットがあります。

STAUBは結婚や新生活のお祝いとしてもよく選ばれるブランド。いただきものの場合では特に、事前知識がなくてうまく使いこなせていない…ということもありますよね。そんな人には、STAUBの「基本のき」がしっかり身につく「STAUBはじめて教室〜基本の3講座〜」から参加してみるといいですよ。他にも、レベルに合わせてバリエーション豊かな講座やイベントが企画されていますので、ぜひ開催スケジュールをチェックしてみてください。

さらにこちらのクッキングスタジオは、仲間同士で自由に使えるテストキッチンとしての利用もできるんです!憧れのキッチンツールを使ってお料理パーティーなんて使い方も、贅沢で素敵ですよね。

使ってみて気になった商品を買うならその日がオトク!?

今回の参加費は通常6000円、無料のロイヤリティカードに入会することで1,000円オフの会員価格になりました。

またまたうれしいことに、クッキングクラスの参加当日のみ1Fの店舗で使える20%オフチケットがもらえましたよ。これが欲しい!と思うお鍋やツールに出会ったら、クッキングクラスを体験したその日に購入するのがお得ですね。

お店で出会った人気のお鍋やおすすめ商品はこちらの記事でご紹介していますので、ぜひ合わせてチェックしてみてください!

取材協力店舗:ツヴィリング J.A. ヘンケルス横浜元町店 クッキングスタジオ

住所:〒231-0861 神奈川県横浜市中区元町2-93(※駐車場、駐輪場はありません)
電話番号:045-228-7945
営業時間:11:00~20:00
※ツヴィリングのクッキングスタジオ/クッキングクラスは横浜元町店と湘南平塚店の2店舗で実施されています。

◆永久不滅ポイントなら「STAUB(ストウブ)」商品も交換可能◆

STAUB人気商品が、永久不滅ポイントで交換できます。ぜひこちらのポイント交換ページもチェックしてくださいね。

このサービス使ってみたい?

クリックするとみんなの結果が見れるよ!

よければ、あなたの性別と年齢を教えてください

(初回のみのアンケートとなります)

性別

年齢

ありがとうございました

閉じる

KEYWORDS

SNSでシェアしよう

この記事が気に入ったら
いいね!してね

hintosの最新情報をお伝えします

この記事が気に入ったらともだちにシェアしてね

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail