グルメ

レストランでビール工場見学?! 代官山SPRING VALLEY BREWERY TOKYOに潜入

2018. Jun. 15

BY matsuocaerico

ビールののどごしが気持ちいい季節がやってきました!代官山にあるダイニングSPRING VALLEY BREWERY TOKYO(以下SVB TOKYO)は、おいしいビールが飲めて大人気のお店です。ビーラーな筆者は、2015年のオープンから何度も足を運んでいます。
でも、このSVB TOKYO、「おいしいだけじゃないんだよ!」と聞き、改めて店舗にお邪魔してきました。

SPRING VALLEY BREWERYって?

SPRING VALLEY BREWERYは「ワクワクするビールの未来を。」掲げ、おいしくて奥が深い、ビールの魅力を伝えてくれる会社です。「クラフトビール」と呼ばれる小規模のタンクで丁寧につくられたビールを東京、横浜、京都、そしてオンラインで提供しています。

今回お邪魔するSVB TOKYOの魅力を簡単にまとめると、
・オリジナルのおいしいビールが飲めて
・おいしいごはん(しかも、ビールとの相性バツグン!)が食べられて
・工場見学気分を味わえる
そんな1度は行ってみてほしい、楽しい空間です。
なぜなら、ここで提供されるビールは実際に店舗内でつくられているんです。

外から見ると2階には、ビールのタンクがずらり

 

ビールがつくられる過程が丸見えの店内でビールづくりを見学

店内でつくられているビール、しっかりその工程を見ることができるんです。
※タイミングによって見える工程は異なります
※タンクはガラス張りの部屋の中にあり、中に入ることはできません
今回はその工程を、ビールの造り手・古川 淳一さんの特別解説つきで見せてもらいました。

古川さんは女性にも人気・JAZZBERRYの生みの親です

店内にある特殊なタンクは通常のビール工場の約1/2000サイズ。造り手さんの手と、技術で少量ずつ丁寧に年間で約40種類(2017年実績)のビールがつくられています。

麦芽の種類やブレンドで”ビールの色” を決める

ビールといえば、黄金色や琥珀色ですが、この色を決めるのが麦芽の色。ローストの仕方によって香ばしさも変わるそう。

左が大麦右が小麦

様々な麦と小麦をタンクにいれてブレンド、煮沸していきます。麦芽をタンクへ大量に入れていくようすに驚きながら、タンクのそばにいると、パン屋さんのような香りが……。

ホップを入れて、麦芽(デンプン)が糖化し、麦汁と呼ばれる甘い汁ができあがります。

この時点ですでにビールの色味ですが、アルコールは入っていません。特別に麦汁を一口飲んだのですが、ほんのり甘くて薄い「めんつゆ」のような味でした。

なんとも特殊な機械がカッコいい!

麦汁を発酵させて、”ビールの味”を決める

麦汁ができあがるまでは、7-8時間ほど。
隣の部屋に移動して、次の工程・発酵です。麦汁に酵母を入れ寝かせます。この「酵母」、目には見えないほど小さい微生物です。
この酵母が「エール」や「ラガー」などビールの種類を決め、ビールの味を左右しているんですね。酵母が麦汁内の糖分を食べるとアルコールが発生していきます。

しっかり熟成させて”ビールをもっとおいしく”

発酵したビールはそのまま熟成の工程へ。冷やし、寝かせることで発酵した直後のビールにあるにごりやにがみを抑え、味を調えていきます。この冷やす温度が0.5~1度違うだけで味が変わるんだそうです。早いものは熟成・1週間ほどで、店内で提供されます!

店内のタップ(注ぎ口)からはできたておいしいビールが注がれるんです

「あ~おいしい!」とぐいっと飲んでしまいがちなビール。こうして、原料の選定・ブレンド、試行を重ねた管理・工程で丁寧につくられていることを改めて知ると、より一層おいしく感じます!

まだまだあるSVB TOKYOの魅力

ビールの各工程が見えるようガラス張りの店内。タンクや機械を見ながらおいしくビールが飲めるのでおすすめです。
「とはいっても、なかなかタンクや機械を楽しんでみるのはハードルが高い……」という人に、他にも楽しみ方があるんです。

1 あのキャラクターの名が……!

世界的な漫画の登場人物Linus

店内にあるタンク(全21機)には、それぞれ名前がついています。しかも、みんなが知っている名前(!)ばかり……!ユーモアあふれるタンクの名前をチェックしてみてくださいね。

2 天井にもビールが…!

店内でビールをつくる工程が完結しているので、ビールの移動ももちろん店内。ということは……そうなんです、天井を見上げると「BEER」の文字が。
店内のパイプの中にはビールが流れているんです。

レジ横の樽の中にもビールが隠れています

ビールが大好きな人はもちろん、そうじゃない人にもおすすめなSVB TOKYO

工場見学気分を味わえて、おいしいビールが飲めて…ビールが好きなら行かない選択肢がない、SVB TOKYO。さらに、イタリアンベースのおいしいお料理、果実を入れてつくるグアバビールなどのフルーツビール、ビールカスタマイズなど楽しめ要素がたくさんあるので、いつもはビールをあまり飲まない人が足を運んで後悔しません。
いつもの外食がマンネリ化している人や工場見学に行きたいけど時間が……という人もぜひSVB TOKYOに行ってみてはいかがでしょうか!

このサービス使ってみたい?

クリックするとみんなの結果が見れるよ!

よければ、あなたの性別と年齢を教えてください

(初回のみのアンケートとなります)

性別

年齢

ありがとうございました

閉じる

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail