マネー

払わないと差し押さえも?! 年金未納に気づいたらすぐ行うべき2つのこと

2017. Feb. 27

引退後の生活を支えてくれる年金。結婚や出産、転職などを経て、自分がしっかり年金の保険料を払っているのか心配になったことはありませんか? そんな時、すぐに対処すべきことをファイナンシャルプランナー平原さんに教えていただきました!

1.なるべく早く「ねんきんダイヤル」へ電話をする

会社員や公務員の方は給与からの天引きで自動的に納付されるため、未納になることはまずありません。しかし、自営業の方や転職のために休職中の方などは、不安になることも多いようです。
そんな時は、日本年金機構が運営する「ねんきんダイヤル」に電話をして、未払いがないか確認しましょう。自分の年金記録を調べてもらうことができます。

ねんきんダイヤルのwebページには、今月と来月のねんきんダイヤルの「混雑予測」まで掲載されていますので、都合をつけてなるべく早く電話するようにしましょう。

2.毎年誕生月に届く「ねんきん定期便」で確認する

年に1回、誕生月に「ねんきん定期便」が日本年金機構から配送されています。「ねんきん定期便」を見れば、未払い期間がないかをチェックすることができます。
しかし、封筒の中にはがきが入った形式で届くため、他の郵便物と混じりやすいのか、見落としてしまう方が多いようです。

「誕生月になったら、ねんきん定期便が届く」ということを、しっかり頭に入れておくといいですね!

年金未納を放っておくと、いったいどうなるの!?

国民年金は、日本国内に住む20歳~60歳の全ての働き手が加入する制度で、その保険料には「支払期限」が設けられています。そのため、未納分は「借金」のようにいつでも返せるものではなく、後から納付しようとしても手続きや延滞金が必要になったり非常に厄介です。

また、連絡もなく長期間未納の場合(年金を払わないでいる期間が長い場合)は、2年以内に国民年金機構の職員によって自宅まで徴収が行われたり、財産を差し押さえられたりする場合もあります。

後から困ったことにならないよう、不安になった時に対処しておくのが良さそうです。

取材協力:Sodan[ソダン]

お金に関する悩みや疑問を、お金の専門家(ファイナンシャルプランナー)にWebで無料相談できるサービスです。
家計節約のコツや資産形成に関することなど、お金に役立つ情報も満載!

SNSでシェアしよう

この記事が気に入ったら
いいね!してね

hintosの最新情報をお伝えします

この記事が気に入ったらともだちにシェアしてね

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail