マネー

挫折するのはまだ早い!プロに聞いた貯金を継続するポイントとは

2017. Jan. 31

「貯金」ってなかなか難しいですよね。節約をしようにもどこから削ればいいのか分からず、継続できないことも多いのではないでしょうか?

そこで今回は、お金の疑問を解決してくれるファイナンシャルプランナーの平原さんにお話を伺った「正しい節約の考え方」と「上手に貯金するコツ」をご紹介いたします。

正しい節約の考え方:固定費と変動費に分ける

まずは、支出を「変動費」と「固定費」に分けて考えます。

変動費とは食費など月によって変動するお金のことです。中でも、予定外の飲み会、ついコンビニで買ってしまうことなど日々の出費を見直しましょう。

一方、見直しやすい固定費の見直すポイントは
①通信費:料金プランの見直し、格安スマホに切り替える
②家賃:家賃の低い物件への引越し、住宅ローンの見直し
③保険料:内容の見直し、FPに相談したほうが良い
定期的に見直すことが、貯金を継続するポイントです。

上手に貯金するコツ:先に貯金する

私たちはよく「収入-支出=貯金」といったかたちで、残った金額を貯金に回す場合が多いですが、この考え方はやめた方がいいようです。

なぜなら、手元にお金があると、ついで買いや無駄遣いをやめることが難しいからです。
最も効果的な方法は、「収入-貯金=支出」として、予め貯金に回す金額を先に決めておくことなのだそう。

定期預金や個人型確定拠出年金など、決まった額が決まったタイミングで貯金できる仕組みを上手く使うことも一つの方法だそう。浪費癖があると自覚している人はこのようなサービスを活用した方が気軽に貯金ができそうですね。
これらのポイントをしっかり抑えておけば、効率的に目標金額を貯金できそうです。なにごとも現状分析とビジョン設定が大切。まずは、固定費と変動費を分けて現状を把握し、貯金額を設定するようにしましょう!

取材協力:Sodan[ソダン]

お金に関する悩みや疑問を、お金の専門家(ファイナンシャルプランナー)にWebで無料相談できるサービスです。
家計節約のコツや資産形成に関することなど、お金に役立つ情報も満載!

SNSでシェアしよう

この記事が気に入ったら
いいね!してね

hintosの最新情報をお伝えします

この記事が気に入ったらともだちにシェアしてね

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail
二本柳百合子

二本柳百合子

中・高・大一貫の女子校出身。大阪生まれ神戸育ち。学生時代に女性の「表と裏の顔」を目の当たりにし、女性の生態や恋愛、美容に興味を持つ。現在はその分野で、フリーライターとして活躍中。アーティストとしても活動し、都内のセッションバーで歌っている。