料理・グルメ

siroca全自動コーヒーメーカーの使い心地は?【編集部のやってみた!】

2017. Nov. 16

これまでにhintosで取材したサービスや話題の商品を編集部メンバーが使ったり体験してみる【編集部のやってみた!】シリーズ。今回はミル内蔵で全自動ながらコンパクトで価格帯もちょうどいい!と評判の高い商品「siroca(シロカ)全自動コーヒーメーカー SC-A111」を使ってみます。

豆から挽き立ての香りを満喫できる全自動のコーヒーメーカー


口コミでも話題の通り、見た目はとってもカッコイイ!サイズ感もすごくコンパクト!

普段は粉のコーヒーをペーパードリップで飲んでいたのですが、挽き立てでもっと美味しくなったらいいなぁ、と思いながら・・・いざお試しです。

計量の目安やモードについては付属の説明書を参考にしました

siroca(シロカ)「全自動コーヒーメーカー」の操作手順を簡単に。

  1. 粉の場合は付属の計量スプーンでOKですが、豆の場合は電子スケールを使って飲みたい量に合わせて計量します。(今回はホット2杯分で豆18g)
  2. 本体上部のふたを外し、豆(or粉)を投入
  3. 作るコーヒーのカップ数に応じた水を横の給水タンクから流し入れます
  4. コーヒーサーバーを中央の保温プレートにセットしたら、モード切替スイッチ(粉or豆の量によって2段階)を選んでスタートボタンを押すだけ!あとは挽き・抽出までお任せです。

スタート直後、「ガリガリガリッ!」と豆の粉砕音が出るのでちょっとビックリしましたが、すぐにおさまって自動でドリップが始まります。コーヒーメーカー特有のコポコポ音に癒やされる・・・

約5分ほどで2杯分の抽出が完了。ドリップ終了時には「ピッ」という音が鳴ってスタートボタンの点滅が止まるのですが、そのままにしておいても30分は自動で保温してくれるようです。

ホットでもアイスでも。豆の個性をしっかり味わえる

深入りの豆だと、かなりコクがあって濃いめ!という印象の一杯になりました。しっかりと蒸らしてゆっくりドリップされているので、せっかちな私のハンドドリップよりも。浅煎りの豆だともっとマイルドになりそうですが、これは目覚めの一杯にぴったり!という感じです。

濃いめなのでミルクとお砂糖を入れると贅沢な味に。

アイス用の抽出もOK。ゴクゴク飲んじゃいます。

ミルやフィルターは分解してしっかり洗浄できます。そのまま捨てられるペーパーフィルターに慣れているとちょっと手間ではありますが、気に入った道具を手入れして繰り返し使うのはまた違った贅沢感を感じるもの。

計量してセットすればあとは全自動というのは便利!でも手軽さやスピードの方に重きを置くならば別の手法や商品もありそうです。この商品の魅力はやはり挽き立てのコーヒー本来の味を、しっかりじっくりと味わえること!(と、コーヒー通でもない私が偉そうに言ってしまいましたが・・・汗)これをきっかけに豆選びも楽しくなりそうです。

休日の朝やおやつタイムに、ゆったりとした気持ちで味わってみてはいかがでしょうか。

今回使ってみた商品:シロカ 全自動コーヒーメーカー「SC-A111」

挽き立ての豆からコーヒーが楽しめる、ミル内蔵のコーヒーメーカー。本体にミルを内蔵することにより、いつでも挽き立てのコーヒー豆から全自動でコーヒーを淹れられます。

サイズ:(約)幅17.3×奥行22×高さ27cm
重量:2.2kg(サーバー含む)
最大使用水量:0.58リットル
実勢小売価格(参考):9,240円(税別)

計量も面倒?朝目覚めたらすぐ飲みたい!というあなたには・・・


自動計量・タイマー予約OK・挽き方や淹れ方も自由に選べる「コーン式全自動コーヒーメーカー」(2017年11月25日新発売)をどうぞ。

◆永久不滅ポイントなら「siroca(シロカ)」商品も交換可能◆

今回ご紹介した商品を含むsiroca人気商品が、永久不滅ポイントで交換ができます。ぜひこちらのポイント交換ページもチェックしてくださいね。

SNSでシェアしよう

この記事が気に入ったら
いいね!してね

hintosの最新情報をお伝えします

この記事が気に入ったらともだちにシェアしてね

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail