趣味・エンタメ image1

【後編】「Simeji」を使い倒すと女子をフェスに誘うことができるか試してみた

2016.10.08

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail
image1

ドキドキ…フェスに誘ってみた!

注目の結果は!?

前編では「Simeji」の顔文字やクラウド超変換、AAなど、さまざまな機能を駆使し、普段とは少し雰囲気の違うLINEで女子を年末のフェスに誘ってみました。

前編へ>>

LINEでの反応は上々の様子。さて、注目の結果はどうだったのでしょうか?

結果:OK!ぼっち参戦回避が確定!image2

なんと!!OKがもらえました!!!やった!!
これをモチベーションに、あと数ヶ月間は仕事を頑張れそう。頑張れ自分!年末はすぐそこまで来ている。楽しいフェスを一緒に過ごすことができるぞ!一緒に盛り上がれるぞ!一気にテンションが上がってきました。

image3

結論、Simejiでは女子との会話が弾むのか?

LINE単体でも絵文字や顔文字、スタンプは利用することができるので、コミュニケーション手段としては全く問題ないでしょう。

しかし、今よりも相手との距離を縮めたいとか、より親密になりたいという場合は「Simeji」に搭載されたさまざまな機能があなたを強力にサポートしてくれるはずです。

今回実際にLINEでやり取りした内容について、後で本人にその印象を聞いてみました。

普段、私はあまり絵文字を多用するタイプではなく、LINEのスタンプに至っては全くといっていいほど使いません。そんな中で表情豊かな顔文字やAAが入ってきたので、少しびっくりしつつも、普段とのギャップで新鮮に感じてくれたようです。よく言われる「女子はギャップに弱い」の定説が証明された瞬間ですね。

しかし、普段から絵文字や顔文字、スタンプを多用する人であったとしても、意外な顔文字やAAなどによって印象は変わってくるはずです。

ちなみに、Simejiはカカオトークやメールなど、LINE以外のコミュニケーションアプリでも使用することができます。他にもTwitterやFacebook、Instagramなどの各種SNSにも対応しています。

Simejiのその他の機能

多彩なキーボード入力音

通常の入力音の他にも、ギターやシンセサイザー、ドラムのようなユニークな入力音を選ぶことができます。当然、楽器のような使い方もできます。しかし、文字を打ちながら聞こえてくる音はもはや不協和音に近いので、普段使いにはあまりおすすめできません。

image4

文字の一括削除

入力途中の文字を全て削除してやり直したい場合、右上の「×」ボタン(バックスペース)を長押ししている人が多いと思いますが、Simejiでは左にフリックするだけで全削除が可能です。
地味な機能ですが、使ってみると想像以上に快適です。

image5

片手入力

ディスプレイのサイズが大型傾向にある昨今。特に女性の場合、片手でフリック入力がしづらいという人も多いのではないでしょうか。

Simejiの「片手入力」機能を使えば、入力キーのスペースが通常よりもコンパクトになり、手の小さい女性でも楽に入力できるようになります。

image6

まとめ

ここまでSimejiの良いところばかり挙げて褒めちぎってきましたが、もちろん使いづらい点もあります。そのひとつが、動作が不安定である点。使い慣れたデフォルトのキーボードとしばらくは併用したいという場合に、切り替えがスムーズにいかないことがあります。
Simejiは文字入力・キーボードカスタマイズアプリであるため、動作が不安定というのはある意味致命的な問題といえます。しかしiOSAndroidOSがアップデートされた初期段階において相性が悪くなる場合があるようで、アプリのアップデートで解消されることに期待したいと思います!

総合的に考えると「Simeji」はあなたのコミュニケーションを強力にサポートしてくれるアプリケーションであることは間違いありません。

家族や友人、恋人はもちろん、想いを寄せる人がいれば、Simejiの力を借りてみるのも有効だと思います。ぜひ一度試してみてくださいね。

(終わり)

SNSでシェアしよう

image1

この記事が気に入ったら
いいね!してね

hintosの最新情報をお伝えします

この記事が気に入ったらともだちにシェアしてね

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail
ヒガシユウスケ

ヒガシユウスケ

音楽、特に邦ロック好き。月1ペースで何かしらのライブに参戦しています。 本業ではロボット関係の仕事に携わっており、とにかく新しいことやワクワクするものに興味津々。いち早くそんなサービスやモノを広めていきたいと思っています。