住まい・生活 icatch

チラシ閲覧アプリ「Shufoo!(シュフー)」を使ったらお買いもの上手になれた!

2016.06.06

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail
icatch

近所のスーパーやドラッグストア、百貨店などのかさばる無数のチラシたち。セール情報がまとまっていて、上手に利用すれば家計を節約できるけど、1つ1つを確認するのはものすごく手間がかかります。そんなちょっとした不便を解消してくれるのが「Shufoo!(シュフー)」というサービス。チラシをすべて電子化しており、スマートフォンやPCでまとめてチェックできる優れものです。新聞を購読していなくてもチェックできることや、他地域のチラシも見られることなどから、自宅と会社を行き来しながら家計をやりくりする20〜40代の主婦を中心にジワジワとクチコミで人気が高まっているサービスです。

そこで「電子チラシを使うと、どのぐらい買い物が便利になるの?」「ポイントや限定クーポンでお得に買い物ができるって本当?」など、いくつか浮かんでくる疑問を解消するため、早速体験してきました!

まずはその日の特売品を探してみる

こんにちは、ユーザー代表・体験者の小森です!
私が住んでいる東京都北区・赤羽は、スーパーマーケットや商店街が多い地域。「シュフー」の電子チラシを使えば特売品などを狙って安く買い物ができそうです。それ以外にもどんなメリットや機能があるのか、さっそく試してみたいと思います!

shufoo_01

アプリを試してみたいので、まずはダウンロード。

shufoo_02

アプリを起動すると、まずは自宅の位置情報を登録する画面に。住所を登録すると、近くのスーパーなどの電子チラシを見られるようになります。スマートフォンの位置情報がオンに設定してあれば、現在地は自動で反映されるようです。位置情報を登録したら、メールアドレスで会員登録を済ませて利用開始。
ここまで所要時間は2~3分程度でした。使い始めるハードルはそこまで高くなさそうです。

登録を終え、さっそく電子チラシを見てみます。近隣のスーパーやドラッグストアなどのチラシが一覧で表示。午後8時頃には、すでに翌日のチラシが配信されていました。店舗一覧の中から、頻繁に利用している「ダイエー赤羽店」のチラシを見てみます。

shufoo_03

翌日のチラシが表示されました。ダイエーは毎週木曜日に「木曜の市」という特売を行っています。
明日は、ゴーヤ、ほうれん草、なす、ミニトマト、生姜など、野菜が特売に。肉や魚、加工食品などの特売品もありました。近隣の他のスーパーのチラシと比べてみても、特売品は最安値の水準。明日の買い物は「ダイエー赤羽店」に決めました。

翌日の特売品をチェック。献立を決めて買うものをメモ

今までは、特売の当日、店舗に行くまで特売品の種類や値段は分かりませんでしたが、「シュフー」を使えば前日に把握できるため、とても便利でした。
夜のうちに、冷蔵庫の中身を見ながら、翌日の献立を考えて買うものをリストアップします。
明日は特売品に絞って、「ミニトマト」「生姜」「厚揚げ」「水菜」「ほうれん草」「大根」「キュウリ」を買うことに。買う物をあらかじめ決めておけば、買い物の時間も大幅に短縮できそうです。

shufoo_04

買うものを簡単にメモしておける「お買物メモ」という機能もフル活用しました。この機能、買うものを忘れてしまいがちな私にとっては意外とツボでした。

買い物の時間短縮!無駄なものも買わずに済んだ

5月26日(木)夕方
昨晩「シュフー」でチェックした特売品を「ダイエー赤羽店」で買ってきました。

shufoo_05

買ったのはこの7種類。普段の買い物では、お店に着いてから、献立を考えながら買うものを決めていたので、20〜30分かかっていましたが、今回はあらかじめ買うものを決めていたので、普段の半分ぐらいの時間で済みました。

shufoo_06

本日の買い物代は681円。買う商品を特売品に絞り、余計なものを買わなかったので、買い物代もかなり抑えられました。買う物を事前に決めておくと節約にもつながりそうです。また、買い物をしながら「冷蔵庫の中に何が残ってたっけ?」と悩むこともありませんでした。

shufoo_07

買ってきた食材と、買い置きしてあった挽き肉とピーマンを使い、夕飯が完成。
「シュフー」は特売品をチェックできるサービスだと思っていましたが、実際に使ってみると、献立を決めて買い物を行い、料理を作るまでの流れが普段よりスムーズに進むことも実感できました!

チラシを見るだけでポイントが貯まる

shufoo_08

ちなみに、「シュフー」は電子チラシを見るだけで「シュフーポイント」が貯まります。
「シュフーポイント」を貯めると、カメラや衣類・布団乾燥機などが当たるキャンペーンに応募することができるようです。ちなみにポイントで言うと、「シュフー」が他のサービスと連携したアプリでは、そのサービスのポイントが貯められます。例えば、「永久不滅ポイント×Shufoo!アプリ」を使えば、「シュフーポイント」ではなく「永久不滅ポイント」(と交換できるアクションポイント)が貯められるので、貯めたいポイントによって使い分けるのもいいですね。
チラシを見るだけでポイントがたまっていくのは非常に得をした気分になりました。

タイムセールの通知機能もあるので、セールを見逃さなくなりなりました

「シュフー」のアプリには、店舗のタイムセールの情報などをリアルタイムで通知する「ミニチラ」という機能もあります。不定期でアプリにプッシュ通知が届くので、タイムセールを上手に活用してお得に買い物することができそうです。

shufoo_09

ネットスーパーを探せる「シュフーモール」というサービスも発見。利用圏内のネットスーパーを一覧で確認できて便利です。
さらに「シュフークーポン」のページでは、さまざまな割引クーポンも提供されています。

今回、初めて「シュフー」を使いましたが、買い物の時間短縮や、買い物代の節約につながり、想像していた以上に便利でした。

「シュフー」はもっと便利になる?サービスの今後は?

あらためまして、ユーザー代表・体験者小森です。「シュフー」について、もう少し詳しく知りたくなったので、サービスを運営する凸版印刷の担当者に今後の展開を聞いてみました。

今後のサービスの計画を教えてください。

担当者 今は画像の電子チラシを配信しているだけですが、将来は、チラシに掲載されている商品名や価格などもテキスト情報として持つことで、ユーザーに合わせておすすめ商品をレコメンドしたり、レシピなどの別のコンテンツと連携させたりすることを検討しています。チラシだけにとらわれず、あらゆる買い物情報を便利にお使いいただけるよう、役立つサービスを開発・提供し、ユーザーの皆様のお買い物生活を全面的にサポートしていきたいです。

「シュフー」はますます便利になりそうですね!ありがとうございました。

(終わり)

SNSでシェアしよう

icatch

この記事が気に入ったら
いいね!してね

hintosの最新情報をお伝えします

この記事が気に入ったらともだちにシェアしてね

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail
小森 麻里

小森 麻里

東京都在住の主婦。9歳の長女と7歳の長男の2児の母。子供の成長を日々感じながら家事と子育てに奮闘中。1982年生まれ。