趣味・エンタメ

一眼レフ並みの写真もこれ1つで! レンズ一体型スマホケースのShiftCam2.0を使ってみた!

2018. Sep. 16

BY つじんてぃー

(1/2ページ)

最近はスマホで十分いい写真が撮れるけれど、それだけだとつまらない!という方も多いと思います。でも、いちいちレンズをつけたり外したりするのって面倒ですよね。
どこに置いたか覚えていなかったり、持っていくのを忘れたり…。
そんな方でも快適に使えるレンズ一体型スマホケース「ShiftCam」をご紹介します!

 

ShiftCam(シフトカム)っていったい何?

今回ご紹介するShiftCam(シフトカム)。スマホケースにレンズかついている、「レンズ一体型スマホケース」なんです。
以前から販売されていましたが、今回体験したShiftCam2.0は最新版。レンズがパワーアップしただけでなく、ケース自体もシンプルに改良されました!

このレンズの部分をスライドさせて、カメラにセット。
これだけですぐに使えちゃうんです。iPhoneカメラをいつもと同じように、すぐに使えるのが魅力的
レンズ部分は磁気装着型なので、取り外しも簡単。ケースにつけたままでOKなので「あれ、レンズどこに置いたっけ?」となることもありません。
もちろんケースをつけながらワイヤレス充電も、Apple Payでの支払いも可能です。

販売されている商品のセットは全部で4種類ありますが、その中でも一番ベーシックな「トラベルセット」を今回は使ってみます。

キットの内容物は、
・iPhoneケース
・フロント広角レンズ
・トラベルレンズ
・トラベルレンズキャップ
・ストラップ
の5つ。

使い心地はいかが?

使い心地はどんな感じかな…とワクワクしながら、自分のiphoneXに装着。

見た目はシンプル。シンプルなデザインが好きな私はとっても好み!
ただ、カメラのレンズがあるせいか、少し重い気もしますが、カメラを持ち運ぶよりは当然軽いので慣れたら気にならなそうです。
レンズ部分のシフトチェンジは、思っていた以上に「カチッ」と止まってくれるので快適◎。レンズをケースから外す時は少し力を入れないといけませんが、力加減を覚えると、簡単に取り外すことができます。

フロントカメラ用のレンズの装着方法も挟むだけなので簡単。レンズをつけるとiPhoneXの顔認証システムが働かなくなるのですが、横に少しずらせばスマホのフロントカメラが使えるので、使い辛さはあまり感じませんでした。

付属のレンズキャップも、磁石での着脱式なので取り外しは楽々。パッと取り外して撮影、すぐにレンズカバーをセットできますよ。
磁石といえど、カバンの中に入れている間はずれてどこかに行ってしまうような弱さではないので、レンズに傷が入ってしまう心配もありません。レンズを使わない時は、通常のiPhoneのカメラ部分にかぶせておけば、カメラのレンズも保護できちゃいます!

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail