趣味・エンタメ

手ぶらで野菜を育てられる!? 畑のレンタルサービス「シェア畑」

2017. May. 11

新鮮な野菜が食べたい!安心して食べられる野菜が欲しい!野菜作りに挑戦したい!…そんな方に朗報です!都心部近郊で、気軽に家庭菜園を始められる、サポート付きの畑のレンタルサービスがあるそうです。

手ぶらで始められる家庭菜園「シェア畑」とは?

「シェア畑」には、野菜作りに必要なものが全て用意されており、自由に使うことができるんです。野菜作りに必要なスコップやクワ、ジョウロやバケツ、支柱や防虫ネットなど、重たい農具類やかさばる資材などは一切準備する必要がありません。

そして、作りたい野菜の苗や種も用意されています。病気や害虫に強く、収穫量が安定している、品質の良い品種を厳選しているので、初心者でも安心して挑戦できます。苗や種は常時数種類用意されているので、その中から好きな野菜を選ぶことができます。

また、近くに植えていいものと悪いもの、収穫した後に同じ場所に続けて植えていいものと悪いものなど、野菜同士の相性があるので事前に確認が必要ですが、自分の好きな野菜の種や苗を持参することも可能です。

一緒の畑で育てる野菜の組み合わせにも工夫がある

さらに、「シェア畑」には農業経験や野菜作りの知識が豊富な「菜園アドバイザー」が週に4〜6回勤務しています。種の蒔き方から水やりの方法、草取りや間引きの仕方など、分からないことがあれば、何でも親切に教えてくれます。

畑ごとにアドバイザーさんがいるのでとても安心

アドバイザーさんは利用者の方にアドバイスをしたり、畑全体の手入れを担当しています。作物の状況をよく観察してくれているので、万が一「風や雨などで作物が倒れた」「虫や病気で元気がない」ときなどは、いち早く気付いてメールや電話で連絡をしてくれます。
家庭菜園を始めたい方にとっては、まさに至れり尽くせりですね。

「シェア畑」は通いやすさも◎

東京・神奈川・千葉・埼玉・大阪・兵庫にあり、現在60ヶ所以上、展開しています。首都圏が中心ですが、今後は関西や東海圏にも広げていく予定だそうです。
公共交通機関も利用でき、通うのに割と便利なところにあります。駐車場を整備している畑もあります。

また、トイレや休憩スペースも用意されているので安心。天気の良い日には、お弁当を持参して家族で過ごす利用者さんも少なくないのだとか。水道や井戸も整備されているので、手洗いはもちろん、野菜や農具を洗うこともでき、採れたての野菜をさっと洗ってその場で食べることも可能です。
さらに季節に応じて野菜作りや生活に役立つワークショップ的なイベントも開催しています。

「シェア畑」の利用方法

「シェア畑」では、随時無料見学を受け付けていて、気になる人はまず見学に行くのがよいそうです。タイミングによっては、農作業体験やお土産付き収穫体験などができることもあるのだとか!興味がある方は、サイトからお近くの畑を探して申し込んでみては?

まずは3㎡区画から始めてみて、「これならできそう!」と思ったら、6㎡、9㎡と広げていってもいいかもしれません。6㎡区画以上からは、2区画以上の契約や、お友だちとシェアして使用することも可能です。個人での契約だけでなく、仲良しグループや幼稚園、企業などでの契約も多いんだそうですよ。

「シェア畑」を体験してみた!

家の近所にある「シェア畑」を予約し、体験をすることに。
予約して、現地に向かうとオレンジのジャンパーを着た菜園アドバイザーの方が、畑や料金の説明をしてくれます。体験時も、道具もそろっているので、手ぶらでOKです。

後編では、ニンジンの種まき体験や畑の様子をお届けします! 楽しみにしていてください!

このサービス使ってみたい?

よければ、あなたの性別と年齢を教えてください

(初回のみのアンケートとなります)

性別

年齢

ありがとうございました

閉じる

SNSでシェアしよう

この記事が気に入ったら
いいね!してね

hintosの最新情報をお伝えします

この記事が気に入ったらともだちにシェアしてね

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail