趣味・エンタメ

おしゃれでかわいい! 渋谷でグラスアクアリウム作り体験

2018. Feb. 2

インテリアとして女性を中心に人気の「グラスアクアリウム」。
小さなビンやグラスの中で熱帯魚や水草を育てることができて、さらに初心者でも簡単に楽しめるとのこと。

渋谷の「SENSUOUS(センシュアス)」では、グラスアクアリウム作りのワークショップがあると聞き、さっそく足を運んでみました。実際の体験の様子をご覧ください!

渋谷「SENSUOUS(センシュアス)」にやってきました

JR渋谷駅から歩くこと約10分。落ち着いた雰囲気の住宅街の中を歩いていると、こっそりと佇む小さなお店「SENSUOUS(センシュアス)」があります。

本来はアクアリウム用品を扱うショップである「SENSUOUS(センシュアス)」。お店の中にはまるで芸術品のようなアクアリウムが並びます。

席に着いたら、さっそくワークショップがスタートです。グラスアクアリウム作りの工程は、大きく分けて6つ。所要時間は1時間ほどです。

まずは、アクアリウムに使用するグラスを選びます。
さまざまな大きさ・形のグラスの中から、ピンときたグラスを選んでいきましょう。ちなみに、初心者の方におすすめなのは“口の広い”グラスなのだそう。このグラス選びによって、値段が異なります。

 

今回選んだのは、電球型のグラス。両手に収まるくらいの小ぶりなグラスで、グラス+ワークショップを合わせて2,600円です。初心者には“口の広い”グラスがおすすめと伺っていましたが、かわいさに負けてこちらを選択。

つぎに、アクアリウムの土台となる砂利をグラスに入れていきます。基本、用意してもらえる砂利は3種類。オプションとして、一番右の赤い砂利を選ぶこともできます。色や粒の大きさも一つ一つ違うので、選んだ砂利によって見栄えが大きく変わります。

専用のろうとを使って、砂利を勢いよく流し込みます。植えやすい厚み、3センチ以上の高さまで砂利を入れたらOK。

水を入れてみると、これだけでも綺麗! コロンとしたフォルムが愛らしいです。
このグラスに、いよいよアクアリウムの見所となる石や枝・水草などを入れていきます。

石と枝もとても豊富に用意されています。白い石を入れるとかわいらしく、濃い色の石は少しシックな仕上がりに。とくに決まりはなく、色々な石をミックスして入れていく方もいるのだそう。

「これは入るかな……?」と吟味しながら少しずつ入れていきます。口の広いグラスが初心者の方におすすめなのは、石や枝・水草の大きさを気にすることなく入れやすいといった側面もあります。

今回の水草は全部で11種類。在庫の中で旬な水草を並べるので、日によって種類や数は変わります。

長い草は専用のハサミでカットしていくのですが、とても細かい作業……。ここからは、少しだけ根気のいる作業が続きます。

小さな水草をピンセットで掴んで、砂利に差し込みます。このとき、真上からピンセットを差して、斜め上に引き抜くイメージで差し込むと上手に埋まってくれます。

「センスも必要だし、器用さも必要。だけど、だんだんとのめり込んで集中してしまう!」という不思議な感覚に陥ります。最初のうちは「できない!」と弱音を吐いていた私たちも、気がついたら黙々と作業していました。

オプションですが、まりもを一緒に入れることもできます。

だんだん完成に近づいてきました。

砂利・石・枝・水草をすべて入れてレイアウトを終えたら、最後の仕上げに作業で濁った水を交換します。石や枝を入れる工程の途中にも、視界が悪くなったらスタッフの方が水を交換してくれますが、最後は家庭でもできるようにレクチャー付き。

水を交換する際には、上から少しずつ水を加えていきます。水を抜くのかと思いきや、加えることで古い水を出していくという方法なのだそう。勢いよく水を入れすぎてしまうと水草が抜けてしまう事も有るので、慎重に作業します。

水をすべて交換したら、グラスアクアリウムの完成!
自宅に持ち帰った後もこまめに水を交換しておくと長持ちしてくれるそうです。インテリアにもぴったりの大きさで、大満足の仕上がりに。

グラスの大きさによっては小魚やエビを飼うこともできるそうなので、いくつか作って飾ってもかわいいですね。また、もしも時間が経って新しく作り直したくなった場合には、グラスの持ち込みもOKなのだそう。水草や機材の料金のみで作り直しができるので、趣味として継続する方が多いのも納得です。

向かいのアクアリウム用品店ではこんな出会いも!

ワークショップを体験したお店の向かいには、アクアリウム用品や水草などの生体を販売する店舗があります。

水槽の中には美しい小魚の姿が……!

お店を覗かせていただくと、水槽に愛らしいカメがいました!

家庭ではペットが飼えないという方でも、カメはお世話も比較的ラクなのでおすすめ。見ているだけで癒されますね。

普段は女性の参加者が多いアクアリウムのワークショップ。しかし、最近ではカップル・ご夫婦で訪れる方も増えており、年齢・世代を問わずに楽しめるのが魅力です。

たった1時間という短い時間ですが、とても充実しており帰宅する頃にはしあわせな気持ちでいっぱいでした。少しでも興味がある方は、ぜひ体験してみてくださいね!

 

このサービス使ってみたい?

クリックするとみんなの結果が見れるよ!

よければ、あなたの性別と年齢を教えてください

(初回のみのアンケートとなります)

性別

年齢

ありがとうございました

閉じる

SNSでシェアしよう

この記事が気に入ったら
いいね!してね

hintosの最新情報をお伝えします

この記事が気に入ったらともだちにシェアしてね

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail