特集・インタビュー

大人が楽しめる工場見学!ビールの試飲もできるサッポロビール工場に潜入

2019. Jan. 23

BY 西田タニシ

(1/2ページ)

ひと仕事終えてからの、気のおけない人との飲みや晩酌。どうしてあんなにもおいしく感じるのでしょう。ビールを喉の奥へぐいっと流し込む瞬間、「大人って最高ー!」なんて思ったり。

そんなビールを愛してやまない方なら絶対満足できるレジャースポットが、ビール工場見学。今回はサッポロビール 新・黒ラベルツアーに参加してきました。
最近の見学ツアーは最新技術も加わり、グレードアップしていましたよ!

無料シャトルバスで楽々! サッポロビール工場に到着

サッポロビール千葉工場は、千葉県船橋市の東京湾沿いにあります。JR京葉線南船橋駅、新習志野駅、JR総武本線津田沼駅、京成本線船橋競馬場駅の4つの駅より、無料のシャトルバスが出ているのでバスで工場まで向かいます。

新習志野駅からバスに乗り、10分程度で工場に到着。

玄関を入るとすぐにサッポロのロゴと大きな黒ラベルの星のマークが出迎えてくれます。

ツアーは予約制。工場見学と試飲3杯まで、お土産付きで大人500円で参加できます。この日は平日でしたが、カップルが多く参加していました。

ちなみに建物のすぐ隣にある大きな船SHIRASE5002は、日本と南極を25往復した三代目の南極観測船。SHIRASEと黒ラベルのコラボツアーも1,000円で参加できますよ。

今回は新・黒ラベルツアーのみ体験してきます!

 

サッポロのビールが作られる工程を見学

ゲートを通っていざ、出発!

通路からは広大な敷地が見えます。千葉工場は18万3千平方メートルあり、東京ドーム4個分ほどにもなるとか。

見学ツアーではビールの作り方や工場の説明などを、ブランドコミュニケーターがユーモアを交えて語ってくださいます。

まずは大事な原料のお話からスタート。早速驚いたのが、サッポロビールの協働契約栽培の取り組み。世界中にある麦やホップ畑にフィールドマンが訪れ、生産者と一緒に安全・安心でおいしい原料づくりに取り組んでいるそうです。

ビールの苦みと香りに欠かせない、ホップも嗅がせてもらえます。ツンとしたクセのある、独特なにおいに驚いていたところ、「安眠効果があるため、ドイツでは枕にも忍ばせます」と木村さん。参加者全員、ちょっとびっくりしていました。

こちらは仕込釜。6mもの高さのある釜の一部が見えました。ビールの元となる麦汁をつくるために加熱しているので、部屋は35度と冬でも暖かくなっていました。

さらに進むとフォトジェニックな壁が。東日本大震災で被災した通路を改装し、現在はフォトスポットとしても人気だそうです。

この先は、撮影禁止の製造ライン。缶の箱詰めや、瓶ビールが出荷されていく様子を見学しました。

最後に新設備、黒ラベルサウンドギャラリーへ。
ここも残念ながら撮影はNGでしたが、原料の収穫から製造、物流など、すべて黒ラベルの製造にまつわる音で構成したBGMを、ビール作りの映像と共に流すという面白い試みでした。自然と機械、泡の弾ける音などが混じり合い、激しくカッコいい作品に。

工場見学は約50分でしたが、見どころが多くてあっという間! この後はテイスティングルームへ向かいます。

いくつ知ってる? サッポロ黒ラベルのトリビア5

テイスティングの前に、ツアーで学んだ黒ラベルトリビアをいくつかご紹介します。

1.サッポロビールの星の意味って?

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail