おでかけ・グルメ

油跳ねなく掃除も簡単!電気フライヤーで苦手な揚げ物料理を克服したよ

2018. Apr. 27

BY Nozomi

お家でも揚げ物をしたいけど、油跳ねや後始末が面倒。温度調節が難しいし、ヤケドや火事の危険もあることを考えると、なかなか気が進まないものです。そこで、蓋を閉めたまま、安全&気軽に揚げ物調理ができると噂の「ROOMMATE ディープフライヤー」を体験!どのくらい調理やお手入れが簡単なのか検証してみました。

本当に油跳ねなし! 予熱も簡単に揚げたてが楽しめる

「ディープフライヤー」の最大の特徴は、蓋を閉めて揚げ物調理が可能なこと。油跳ねを気にせず揚げ物が楽しめるとのことですが、実際のところはどうなのか、さっそく検証してみました。

まずは本体に油を入れます。最大容量は2.4リットルとかなり多め。それなりの量を一気に揚げることができるので、お子様がいるご家族でも充分対応できる大きさですね。

付属のバスケットを本体にセットし、蓋をします。タイマーダイヤルをONにすると加熱開始。そのまま調理に適した温度になるまで予熱します。

設定温度になるとランプが消灯。予熱が完了したことを知らせてくれます。
油の温度ってパッとみても分からないので、これはとても便利ですね。

蓋を開けてバスケットを取り出し、食材を入れたら再び本体にセット。揚げる前のポテトはこんな感じです。

蓋をしたら、タイマーダイヤルを使って調理時間を設定。ハンドルを下げるとバスケットが油の中に投入され、調理がスタートします。

きちんと蓋を閉めてから調理を開始すれば、油跳ねするスキはまったくありません。実際、ここまでいっさい危なっかしい場面がありませんでした。中もこんな風にきちんと確認できます。

少量の油ではなかなかカラリと揚がってくれないフレンチフライも、ほとんど放ったらかしだったのに、この通り申し分のない出来映えです。ハンドルを上げれば勝手に油を切ってくれるから、いつもは面倒な二度揚げがとっても簡単!

外はカリカリで中はホクホク。完璧な仕上がりのフレンチフライがあっという間に完成しました!久しぶりの揚げ物調理ということでかなり気を張っていたのですが、ちょっと拍子抜けしてしまうぐらい簡単。正直、一度でこんなにうまくいくとは思っていませんでした。

調子にのってアレンジメニューにも挑戦!厚さ2cmもあるステーキ肉をカツレツにして、ビーフカツサンドを作りました。これくらい分厚いお肉に火を通すには、油を回しかけながら揚げるのが普通。

ところが、フライヤーにまかせっきりだったにもかかわらず、この通り、衣はキツネ色、お肉がミディアムレアの絶品ビーツカツサンドに仕上がりました!

 

火加減の調整が不要! 温度調整が驚くほど簡単だった

「ディープフライヤー」の熱源は電気ヒーター。お料理に合わせてダイヤルを揚げたて回すだけで最適温度に設定することができます。揚げ物のハードルを高くしている理由の一つ、難しい火加減の調整がいりません。これだけでも揚げ物への抵抗をかなり減らしてくれますね。火を使わないことで油が引火する心配がないというのも好印象です。

また、予熱も調理も、油の温度や加熱時間はぜんぶタイマーにおまかせ。〜℃、〜分という具合に、レシピに記載された数字に合わせてダイヤルを回すだけで、設定した通りに温度を一定に維持してくれるから、失敗のしようがありません!

気になる電気料金ですが、消費電力は1300W。30分使ったときの電気料金はおよそ16.25円とかなりリーズナブルです(1kWhあたりの電力量料金を25円として計算)。このあたりも安心材料と言えそうですね。

脱着式で後片付けが手軽で簡単! 内鍋の汚れも落ちやすい

「ディープフライヤー」は、他の電気フライヤーに比べて、デザイン性が高いのも魅力。パソコンの周辺機器かな?と思わせるような洗練されたフォルムが印象的で、キッチンにそのまま置いておいてもまるで生活感を匂わせません。

本体の重量は4.2キロ。簡単に持ち運びできる重さですが、取っ手はありません。油を入れるとそのぶん重くなるので、調理する位置に移動させてから使うのがおすすめです。

ただし、それなりに大きいので場所をとります。外見がおしゃれなので、個人的にはあまり気になりませんが、スペースが確保しづらいお家ではこの大きさはデメリットになってしまうかも。

調理器具の後片付けも、揚げ物に苦手意識を持ってしまう理由の一つです。ところが、「ディープフライヤー」はお手入れがとっても簡単。蓋や内鍋は、脱着式なので、パーツごとに水洗いできるし、内鍋にはフッ素加工がしてあって、油汚れをさっと落とせます。フライパンで炒め物をしたときと同じ感覚で後片付けできました。

蓋をして保管できるので、内鍋にそのまま油を放置してオイルポットとして使うのもアリだと思います。

また、気になる油の匂いですが、調理直後は多少お部屋に残るものの、数時間もすると跡形もなく消え去ります。しつこい油の匂いがイヤで揚げ物を敬遠している方にもおすすめできますね。

一家に一台!私と揚げ物の距離をグンと縮める超便利キッチンツール

揚げ物をするとあちこち油跳ねして室内が汚れるし、後始末も大変。温度調節が難しいうえ、失敗や危険のリスクもあります。「ROOMMATE ディープフライヤー」はそんな揚げ物にまつわる問題やお悩みを丸ごと解決してくれる機能万全の超便利キッチンツール!気軽に揚げ物を楽しみながらレパートリーを増やし、豊かな食卓づくりにお役立てください。

 

この商品使ってみたい?

クリックするとみんなの結果が見れるよ!

よければ、あなたの性別と年齢を教えてください

(初回のみのアンケートとなります)

性別

年齢

ありがとうございました

閉じる

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail