料理・グルメ

「REALBBQ」なら会社帰りに手ぶらバーベキューができちゃう

2017. May. 28

都心で手軽にバーベキューが楽しめる「REALBBQ(リアルバーベキュー)」。道具から食材まで用意されているので準備も片付けも不要、手ぶらでバーベキューできる嬉しい施設です。

前編へ>>

さて、用意してもらった道具類を確認したら、いよいよ食材の調理をスタートします!

調理はパウチを開けて焼くだけ!

今回は取材用に、ステーキ、チョリソー、パエリア、野菜を用意して頂きました。通常はこの他にチキンやイベリコ豚、アヒージョなども加わるそうで、かなり盛りだくさんのメニューになりますね。

パンフレットに記載されたQRコードを読むと、詳しい作り方が確認できます

ステーキやチョリソーは結構なボリューム!スタッフの方によると、一人あたり250g程度のお肉が食べられるそう。

そしてパエリア。調味済みのスープも含め食材はすべてパウチ加工されているので、材料を開けて、アルミ皿に入れるだけで準備は完了です。

家のバーベキューではお肉を焼くだけということが多いので、本格的なパエリアがバーベキューで味わえるのは楽しいですね。

会場にはスタッフの方が常に控えていて、設備の使い方や食材のより美味しい食べ方などをレクチャーしてくれます。これならバーベキュー初体験でも心配は要りません。

ステーキは、グリル上部で少し寝かせておくのがコツだとか。

美味しそうな料理が続々と出来上がってきました!会場にいい匂いが漂ってきます。

なお「REALBBQ」では、小学生以下の利用は無料!そのためめママ友会などで利用する方も多いそう。貸し切りだから子ども達が多少騒いでも大丈夫だし、道具の運搬も不要だし、子連れで利用するのにもピッタリです。

みんなで協力しながら準備を進めるのもバーベキューの醍醐味

一通り準備が出来たところで、カンパーイ!早速、お肉をみんなで頬張りました。

ステーキは厚めに切ったのに、とっても柔らか!塩コショウのシンプルな味付けでも旨みがあって、ジューシーに仕上がりました。チョリソーはちょっとピリ辛でオトナの味。これはビールが進みそうです。

パエリアは、材料を混ぜただけとは思えない本格的なお味!スタッフさんのオススメどおりちょっとおこげを付けてみたところ、香ばしさもあってとっても美味しく出来上がりました。

今回は取材用にメニューの一部を体験しましたが、それでも十分な量。通常メニューだったらかなりお腹がいっぱいになりそうです。

そして料理を食べ終えたら、ごみをまとめてごみ箱に入れるだけで片付けは完了!道具やお皿を洗ったり、しまったり…といった手間が一切いらないのでかなりラクでした。
みんな大満足で施設をあとにしました。

料理は季節ごとに変わるから何度も楽しめる

ここで改めて、「REALBBQ」の利用方法について紹介しましょう。

ウェブサイトから店舗と予約日時、人数を選択して予約します。支払いは当日クレジットカード決済か、利用5日前までの銀行振込で行います。

メニューは原則「基本メニュー」一種類で、人数が増えるごとに「1ポンドステーキ」「リブアイステーキ」などの食材が追加されていく仕組み(オプションで追加することも可能)。

「基本メニュー」は季節ごとに変わり、例えば今回体験した「パエリアで楽しむスペインBBQ」は7月末までの予定。過去にはフレンチBBQなどもあったそうで、何度か利用しても飽きることなく色々なメニューを味わえます。
料金は店舗や時間帯によって異なりますが、一人あたり4,000~5,500円程度です。

バーベキューの利用シーンが増えそう!

今回「REALBBQ」を体験して実感したのは、「準備や片付けがないとバーベキューってこんなに手軽に楽しめるんだ!」ということ。会社帰りに宴会として利用したり、ママと子どもだけで楽しんだりといった使い方もできて、バーベキューの新しい楽しみ方がどんどん増えそうです。
これからのレジャーシーズンにオススメのサービスでした!

KEYWORDS

SNSでシェアしよう

この記事が気に入ったら
いいね!してね

hintosの最新情報をお伝えします

この記事が気に入ったらともだちにシェアしてね

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail
nene

nene

メディア業界で働き始めて10数年。ビジネスからファッションまで幅広いジャンルをカバーする、器用貧乏系ライターです。都内在住、でも休日は引きこもりがちなインドア派。