ライフスタイル

開けゴマ!スマホで家のドアが開くスマートキー「Qrio Lock」を体験

2018. Aug. 22

BY Ayuko Miura

(2/2ページ)

本当にスマホでカギが開く?実証実験!

タップするだけでカギを開け閉め

ではさっそく使ってみましょう。まずは、スマホを使ってカギを開けてみます。アプリの「しまっています」をタップすると、自動的にカギが回って解錠されました!アプリの表示も「あけています」→「あいています」に変わります。

タップしてからカギが反応するまでの速度も早くてびっくり!なお「あいています」をタップすると、カギが施錠して「しまっています」に変わります。

オートロックで閉め忘れ防止

次にオートロック。ドアが閉まると、自動的にカギが回って施錠されます。動画でご確認ください!

スムーズにカギがかかりました。これならカギの閉め忘れは絶対になさそうです。ちなみにオートロック機能はオフにしたり、一時停止したりすることもできます。「ちょっとゴミ出しに」といった時は停止しておけば、閉め出されて困ることもありません。

ドアに近づくだけでカギが開く

最後に、スマホを近づけるだけでカギを開けられる「ハンズフリー解錠」機能です。
仕組みを簡単に説明すると、Qrio Lockの位置情報(≒自宅の位置情報)がアプリに登録されていて、一旦自宅エリア圏外(100mほど)に出た後で戻ってくると、Qrio Lockが帰宅を検知し、ドアに近づいたタイミングでカギを開けてくれるというもの。単にスマホがドアの近くにあるだけでは解錠されない仕組みです。

自宅から離れると、「ハンズフリー解錠が有効になりました」と通知されました。

その後帰宅。ドアの前に近づくと、自動でカギが開きました!

スマホには「ハンズフリー解錠しました」の通知も届いています。

スマホをバッグにいれたままでもしっかり反応しました。これはかなり楽です。

ただ、タイミングによっては上手く解錠できないケースもありました。ハンズフリー解錠についてはこれからも精度が上がっていくそうなので、今後に期待したいと思います。

うちのドアでも使える?今までのカギは使えないの?疑問解決

家のドアにも対応している?

Qrio Lockが対応しているサムターンタイプ、サイズは下記の通りです。

ほとんどのカギで使えそうですが、つまみの形が特殊だったり、十分なスペースがなかったりする場合は取り付けできないことも。対応状況を事前に確認した方がよさそうですね。

今まで使っていたカギはどうなるの?

普通のカギも、これまでと同じように使えます。万が一Qrio Lockやスマホが不具合を起こした場合に備え、普通のカギも持ち歩くと安心です。

ほかの家族と共有して使える?

Qrio Keyには合カギを作る機能があります。利用時間を制限できる「ゲストキー」などを作成することもできて、普通のカギより便利。

またお子さんや高齢者などスマホを持っていない人には、ボタン操作で使える「Qrio Key」もありますよ(別売、2018年8月30日発売予定)。

スマートキーはやっぱり便利だった!

これまで当たり前のように使っていた家のカギ。でもスマートキーを体験してみて、その便利さを実感しました。特に「ハンズフリー解錠」は、荷物が多いときや急いで家に入りたいときにとっても便利。「もしカギを失くしたら家に入れなくなる…」というちょっとした緊張感からも解放されました。

今あるカギに取り付けるだけで使えて、生活が格段に便利になるQrio Lock。ぜひ色んな人に、この便利さを味わって欲しいです!

製品情報

サイズ:長さ115.5×幅57×奥行き77mm(つまみ含む)
重さ:約207 g(本体のみ。電池2本含んだ重さ約240g)
対応OS:iOS 10.3以上、Android 5.0以上
価格:¥22,580(税込、Amazon販売価格 ※2018年8月hintos調べ)

  • 1
  • 2

この商品使ってみたい?

クリックするとみんなの結果が見れるよ!

よければ、あなたの性別と年齢を教えてください

(初回のみのアンケートとなります)

性別

年齢

ありがとうございました

閉じる

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail