ホーム・キッチン

コーヒーの自家焙煎が手軽に楽しめる肥前吉田焼「PRIVATE ROASTER」

2019. Oct. 25

BY 鈴木一禾

大のコーヒー好きを公言する私ですが、焙煎済みのコーヒー豆をミルで挽いてハンドドリップし、淹れたてを楽しむのが関の山。最近はそれじゃ満足できなくなってきて、フライパンを使って焙煎する方法を試してみたのですが、どうも焼きムラができやすく、味も今ひとつ……。そんなおり、コンロを使って手軽に自家焙煎が楽しめるロースターがあると聞いてさっそく試してみました。

趣味の時間を豊かにしてくれる「PRIVATE ROASTER」

画像引用先:https://www.yoshidayaki.jp/product/private-roaster/#pagetop

「PRIVATE ROASTER」は、直火を利用してコーヒー豆を焙煎することができる耐熱陶器。佐賀県の有田町を中心に作られてきた有田焼と同じく、佐賀県嬉野市で400年以上の歴史があるといわれる肥前吉田焼から生まれた、ハンディタイプの自家用ロースターです。

コーヒーが好きな方々に、より充実した趣味の時間を過ごしてもらいたいという思いから作られました。豆選びだけでなく、手と火の加減次第で、自分だけのこだわりのコーヒーを楽しむことができる、これまでなかった新しいキッチンツールです。

「肥前吉田焼デザインコンペティション」(2016年)でグランプリを受賞したというだけあって、「PRIVATE ROASTER」の大きな魅力となっているのが、スマートなデザイン。オブジェのように、白くて丸みのある洗練されたフォルムが印象的です。

美しい曲線を描く本体の表面はとてもなめらか。手になじむような質感で、ずっと触っていたいと思わせます。

木ハンドルは握り心地がちょうどよく、手元でのコントロールがしやすいのが特徴。左右に振っても豆がこぼれにくいし、上部の穴から豆の煎り加減が確認できるなど、とても合理的な設計です。

画像引用先:https://www.yoshidayaki.jp/product/private-roaster/#pagetop

持ち手が取り外せるので、収納時はとてもコンパクト。おしゃれなだけじゃなくて使いやすさにも配慮されているところから、「使ってもらいたい」というデザイナーや生産者の真摯な思いが伝わってくるようです。

安心して使えるのも「PRIVATE ROASTER」のチャームポイントの一つ。原材料である陶土や釉薬には、すべて天然原料が使用されています。歪みや釉薬のムラなど、それぞれ個体差があって表情の違いが楽しめるのも、天然素材ならでは。

コーヒーの焙煎方法

自家焙煎というと、ちょっとハードルが高いと感じてしまいますが、「PRIVATE ROASTER」の使い方はとても簡単。コーヒー豆の焙煎方法は以下の通りです。

1.はじめに100gから150gの生豆を準備して、傷みのあるものを丁寧に取り除いていきます。これが味を決めるポイントになるらしいのです。選別したあとは、優しく水洗いしておきます。

2. 木ハンドルを装着しない状態で、本体を直火(弱火)で温めます。

3.いったん火を消したら、上部の穴から生豆を流し込み、木ハンドルをセットして火にかけます。

4.火加減を調整しながらロースターを左右に振って豆を揺すります。しばらくすると、パチパチと音を立てはじめ、中火にかけて3分くらいで豆が色づきだします。

5.上部の穴から豆の色を見ながら、焙煎具合をチェック。5分くらいで、いわゆる“コーヒーらしい色”になってきました!

6.いい頃合いで火を止め、木ハンドルを本体から抜きます。

7.木ハンドルの差し込み口から、豆を注ぐようにして皿にあけると、この通り。本体はそのまま五徳のうえで冷めるまで放置します。

焙煎する際、火が均等に行き渡るよう「PRIVATE ROASTER」をわりと大きく動かしますが、「PRIVATE ROASTER」は剥がれた豆の薄皮がこぼれにくい設計。フライパンなどと違って、コンロ周りが汚れにくいので、事後のお手入れが簡単なのがいいですね。

焙煎した豆を挽いてお湯を注ぐと、もくもくと膨らんでまるで生きているようです。香りもいつもと比べものにならないくらい強くて、家中に芳香が広がり幸せな気持ちに。味はもちろん格別なんですが、豆を洗ったり焙煎したり、コーヒーを飲むまでの時間がとても楽しい。至福のコーヒータイムが長くなったことで、とても贅沢な気分が味わえます。

自分だけのこだわりの一杯を

「PRIVATE ROASTER」の大きさは直径15.5cm×高さ6cm。重さは340gで、価格は9,000円(税抜)です。公式オンラインストアのほか、楽天やセレクトショップなどでも購入できます。

肥前吉田焼の高い技術力を駆使して試行錯誤を繰り返し、およそ1年の歳月をかけてようやく納得がいくものにできあがったという「PRIVATE ROASTER」。こだわりの時間を演出するのにふさわしい仕上がりです。コーヒー党の方は、ぜひお試しください。

※2019年10月25日時点の情報です。価格を含めた詳細情報は各商品の公式HP等をご確認ください。

この商品使ってみたい?

クリックするとみんなの結果が見れるよ!

よければ、あなたの性別と年齢を教えてください

(初回のみのアンケートとなります)

性別

年齢

ありがとうございました

閉じる

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail