ヘルス・ビューティ

10秒でサロンレベルのネイルが完成! 自宅で簡単プリネイルを試してみた

2019. Mar. 3

BY ぱつこ

(1/2ページ)

みなさん、ネイルって普段どうしてますか?
私の場合、伸びてきたら根元が気になってしまうのでどうしてもネイルサロンに行けずに居ます。
しかも不器用なのでいつもはラメ単色塗りばっかり・・・色も頻繁に変えたいタイプなので、5日周期くらいで色を変えてしまいます。

今回はそんな私のように気分によってネイルを変えたいセルフネイル派の方にぴったりな「プリネイル」という商品を紹介します!

セルフでも細かい表現ができるプリネイル

プリネイルは「爪に細かいプリントができる機械」なんです。
つまり、自分では描けないような繊細な柄もプリネイルさえあればとっても簡単に爪に描く事が出来るんです・・・!

とってもコンパクトなマシンで用意も簡単!

思ってたより小さい機械でびっくり!公式では「約幅135×奥行き150×高さ136mm」と書かれておりました。かなりコンパクトです

同梱されているものは

・電源コード
・フィンガーホルダー
・メンテナンス用ホルダー
・メンテナンス用シール
・プリコート
・スタートガイド
・インクカートリッジ

で、インクカートリッジ1つで約500回のプリントができます。

ちなみに「プリコート」というのは、プリントする前に塗るベースのようなものです

これを塗らずに印刷するとインクが定着しないので、必ずベースのマニキュア→プリコートの順で塗りましょう。

こちらも約500回分だそう。こちらのプリコートとインクカートリッジはなくなった場合、家電量販店などで購入できますよ。

自分で用意するものは基本的に2つだけ!

用意するものは基本的にこの2つ!

1 トップコート
2 マニキュア(orベースのジェル
マニキュアは白を使うと一番印刷が映えるみたいですが、デザインによって色を変えてもいいみたいです。

ベージュとか使っても可愛いかな・・・?と思ったのですが、今回は初めてなので大人しく白で印刷してみました。

デザインも数も豊富&カメラロールからもデザインが作れる

操作は専用のアプリから行えます。デザインの選択もそちらで行えます。

あらかじめ用意されているデザインはなんと約300種類以上・・・!色やデザインでジャンル分けされています。

ポップなデザインからおとなし目のパステルのデザインまで用意されています。白っぽい淡いベースに花柄を印刷しても可愛いだろうなぁ・・・。

ちなみに、自分の撮った写真や自作のデザインも印刷できるんです!カメラロールから写真を選ぶ事が可能です。
ペットの写真や綺麗なお花の写真なんか印刷しても良さそう・・・自分で作ったデザインだってお手の物です。

実際に印刷してみた

淡いデザインを眺めつつも、最終的に気に入ったのはこちら。

ザ・派手・・・

バナナ柄なんて普段やらないので面白そうだなぁと思い、早速印刷してみます。
まずベース作りから。

最初に用意するのはこの2つ。爪の凸凹を整えてから、白いマニキュア→プリコートの順で塗ります。

マシンを開けると「フィンガーホルダー」が出てくるのでセットします。

指をセットするフィンダーフォルダーに指を置いて押し込むだけでセット完了です

プリントしたい指をこんな感じで入れれば完了!あとはアプリで操作します

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail