趣味・エンタメ

これがポラロイド?とにかく可愛いインスタントカメラ「Polaroid Snap(ポラロイドスナップ」を使ってみた

2018. Mar. 6

BY ぱつこ

「ポラロイド」この名前を一度は聞いたことがある、なーんて人は多いと思います。インスタントカメラといえばポラロイドやチェキ・・・と人気のポラロイドです。

実は上の写真に写ってるカメラ、ポラロイドから発売されているインスタントカメラなんです。

ポラロイドといえば、なんとなくもうちょっとイカつくて立体的なイメージなんですよね。それがまさかこんなコンパクトになってしまうなんて・・・
という事で、今回はこのポラロイドから発売されている「Polaroid Snap(ポラロイドスナップ)」を使ってみようと思います。

Polaroid Snapは見た目だけでもテンションが上がります

どうですか?このフォルム・・・

無駄なボタンは何もなく、前面にはフラッシュとレンズしか無いです。このシンプルでころんとしたフォルムがたまりません・・・

厚みはありますが、大きさはスマートフォンとそんなに変らない程度です

重さは約215g。iPhone8が148gなので持ってみると若干重く感じるかもしれません
(私は202gの8Plusを使っているのでそんなに気になりませんでした)

Polaroid Snap(ポラロイドスナップ)は操作も簡単です

ダイヤルなどは全く無く、ボタンで大体完結してしまいます。
セルフタイマーもボタン1つだし、撮影モード(カラー・セピア・モノクロ)もボタン1つで切り替わります。

真ん中をカチっと押すだけでファインダーが立ち上がり電源も入ります。電源が入るまで5秒ほどかかります(最初電源が入らないかと思って焦った)

ちなみに充電式で、microUSBのケーブル(付属してます)で充電できます!

という事で、電源が入ったので早速使ってみたいと思います!

さすがインスタントカメラ!撮影した写真は本体から直接出て来ます

用紙を入れる部分は後ろにあります。

専用の用紙を本体にセットしてスイッチを入れるだけですぐに撮影する事ができるのがポイント!

一度に10枚ほど入れる事ができます。案外すぐ無くなってしまうので予備は常に持ち歩いておいた方が良さそうです

撮影すると少し経ってから紙が出て来ます。これでもう1枚写真が撮れました!

フィルムカメラも楽しいのですが、インスタントカメラはその場で写真が現像できるワクワク感があって面白いです。

 

スマホで撮影した写真と比較してみた

こちらがiPhoneで撮影したそのままの写真です。さすがiphone、それなりに綺麗に写りますね。

そして同じアングルでポラロイドスナップを使用して撮影してみたのがコチラ

ザ・インスタントカメラ!なアナログチックな写りです。

ここで1つ気がついた事が・・・

写真を見てわかる通り左に少しズレています。
何枚も撮っていて気がついたのですが、レンズがファインダーより結構下の方にあるのでどうしてもズレてしまうようなんです・・・

つまりファインダーから覗いた通りには写りません!これも味と考えて楽しんだ方が良さそうです・・・

Polaroid Snapをお出かけに持ち出して何枚か撮影してみました!

どれも全てフルカラーモードで撮影してます。オレンジと青が綺麗に発色するなぁ、という印象です。

とても気軽に撮影できる上に可愛らしい見た目なので、他のインスタントカメラと違って街中のスナップ等も楽しめるかな?と思いました!

街中に行く機会がなかなか無かったので食べ物の写真ばかりになってますが、こうやって食べたものを撮影してアルバムにしてみるのもおすすめです。

Polaroid Snapで撮影できる3つのカラーモードを試してみました

ボタン1つでカラーモードの変更が出来るのですが、全て使って撮影してみました。

モノクロは完全に黒!とはいかないようですが、レトロでおしゃれな写真が撮れました。
セピアは割と色が薄めですが、全体的に明るめに写ります。コントラストは弱めな印象です
カラーはなんとなく赤みが強いのですが、色はしっかり出てくれるので良い感じです!

個人的にはセピアモードが一番好きです。用紙を変えなくてもボタン一つでカラーモードが変えられるのってとっても便利だなと思いました!

実は白いフチ付きの写真も撮影できるんです!

インスタントカメラと言えばコレ!白ふち付きの写真です!

実は、ポラロイドの用紙ってもうちょっと正方形に近いんです。
それに対してこちらのポラロイドスナップから出てくる写真はチェキのような細長い形です

ポラロイドといえばあの形・・・を期待すると少し違うかもしれませんが、それでも白縁があるだけでインスタントカメラの雰囲気がグッと増します。

さすがデジタル!microSDカードに画像が保存できます

実は通常のデジカメのように、撮影した写真をmicroSDカードに保存できるんです。

カラーモードは反映されるのですが、割と普通のデジタルカメラに近い仕上がりで保存されていました。

撮影した写真でお気に入りがあった時にスマホに取り込んで保存!加工してSNSに投稿!なんて事も出来ちゃいます!
記念撮影をした時などもデータとして保管できるので、写真自体をうっかり失くしてしまった時にも助かります。

Polaroid Snapはスナップを撮るのにぴったりなカメラです!

今回Polaroid Snapを使ってみて感じたのが、小物やお花など小さいものを撮影するより街中や旅先でスナップするのに向いている!という事です。

狙いを定めた先の小物がきちんと撮れない・・・なんて事が正直多かったのですが、狙いを定めず何気なくシャッターを押した写真はとっても味のある写真になりました。

「スナップ」の名の通り、ポケットに忍ばせて何気なく撮影してみるのがとても楽しいカメラでした。

インスタントカメラの中でもPolaroid Snapはかなり小柄なカメラなので、さっと取り出してさっと撮影できるのがとっても嬉しいポイントです。

インスタントカメラは、その場で写真が印刷されるのでスマホのカメラやフィルムカメラとはまた違った魅力があります。
ぜひポケットに1つ忍ばせて街中に出てみてください!出てくる写真にきっとワクワクしますよ!

製品情報

・価格:17,280円(税込)
・本体サイズ:約120(W)×25(D)×75(H)mm
・重さ:約215g

 

この商品使ってみたい?

クリックするとみんなの結果が見れるよ!

よければ、あなたの性別と年齢を教えてください

(初回のみのアンケートとなります)

性別

年齢

ありがとうございました

閉じる

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail