美容・健康

オンライン相談で、夫の腰痛を解決してみた! ポケットセラピスト

2016. Dec. 6

ある日突然腰が痛くなる、かわいそうな夫のため「ポケットセラピスト」を利用しています。前回は腰痛タイプを調べて夫の腰痛タイプが判明!

前編へ>>

そこで、その情報をもとに専門家にオンラインの電話相談をしてみることにしました。どんなアドバイスがもらえるのでしょうか?

早速専門家にSKYPE相談をしてみた

今回夫が利用している「ポケットセラピスト」は、自宅にいながら無料で腰痛対策ができるサービスです。自分の腰痛タイプをセルフチェックで判定することができ、その情報をもとに専門家(理学療法士)が相談にのってくれます。

腰痛タイプの診断後に「SKYPE相談」ボタンから申し込み。チャット上でやりとりができるので、相談日時を決めたり、事前の質問に答えたりしたあと、SKYPE相談を待ちます。

image2

相談当日、約束の時間に電話がかかってきて相談スタート。今回、相談に応じてくれたのは理学療法士だけでなく、作業管理士、VDT作業労働衛生教育インストラクターなどの資格も合わせもつ福谷直人さんです。
電話相談はスマホでも、PCからでも行うことができます。テレビ電話は画面にお互いの顔を映すことができるので、話が聞き取りやすく、理解しやすいです。

あいさつもそこそこに、判定結果の確認を交えた簡単な質問に答えたり、現在の仕事環境、これまでの腰痛の経緯、痛み具合などを説明しました。

image3

image4

すると判定結果や現状を踏まえた上で、その腰痛の詳しい状態、どんなことが原因で起こる腰痛なのか、資料を交えて説明してくれます。

夫は「改善の可能性が高いタイプの腰痛」とのことで、痛み対策となる日常的なストレッチ・リラクゼーションを動画含め数種類教えてもらいました。

動作のポイントなども口頭で説明してくれるので頭に入りやすく「全種類するのが難しいとき、どれを優先的にしたらいいですか?」なんて気になる疑問もその都度聞いてすぐに解消できました

オンライン相談は約30分で終了!具体的なアドバイスが嬉しい

夫の腰痛は「冷え」も大敵とのこと。おすすめのストレッチやリラクゼーションが「どうして冷えにいいのか」などを細かく説明してくれたのも、継続への動機付けになると思いました。

また夫は仕事柄、重いものを持ちあげることがあり「そんなときはお腹に息を吸い込んで、そのまま力を入れながら物を持ち上げましょう。腰への負担がやわらぎます」など、具体的なアドバイスも。
日常動作の改善点をもらえるのはうれしい!こんな感じで時間は過ぎ、オンライン相談は約30分で終了しました。

アドバイスを1週間試してみた!

image5

夫の仕事は、現場で作業することが多いときもあれば、机に向かって作業する日が多いなど時期によって勤務スタイルが異なります。

腰痛を発症するタイミングは本人いわく「何の前触れもないとき」で、発症したにぶい痛みは1~2週間かけてじょじょに引いていき、なんとなく完治するのが常でした。

現在、腰の痛みはない夫ですが痛み対策として教えてもらったストレッチ・リラクゼーションを1週間ほど試してみたようです。

ストレッチの習慣がない夫は体もかためですが、毎日継続するうちに動作がしやすくなって、体のやわらかさを感じるようになったそう。

image7

また夫の腰痛は背中の筋肉に力が入り続け、血管が圧迫されることで重だるさや倦怠感を腰に覚えるタイプなので、血流を良くすることが改善への一歩。「さっきからずっと同じ姿勢だな」と感じたときは、意識的に体を動かすクセがついたといいます。

痛み対策のアドバイスをもらい、実践し始めたことで「いつ痛みが出るか分からない」という不安を、少なからず払拭できていると夫は話します。職場でもストレッチをしているようで、同僚の間でも「腰痛」が話題に出ている様子。

今回の体験は、家族が健康を前向きに意識する良いキッカケづくりになりました!

このサービス使ってみたい?

よければ、あなたの性別と年齢を教えてください

(初回のみのアンケートとなります)

性別

年齢

ありがとうございました

閉じる

SNSでシェアしよう

この記事が気に入ったら
いいね!してね

hintosの最新情報をお伝えします

この記事が気に入ったらともだちにシェアしてね

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail
すだあゆみ

すだあゆみ

横浜市在住のフリーランスライター。一児の母。育児、恋愛、美容、ライフスタイル系記事を担当。最近の自慢は「メニューを即決できるようになった」こと。