料理・グルメ

漁師さんから直接、新鮮なお魚を購入してお料理!_ポケットマルシェ

2016.12.09

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail

食に対して敏感な人が多いこの頃。スーパーで普通に売られているものではなく、自分自身で安心、安全、産地や生産者を選んで買いたい!という人が増えています。

ポケットマルシェとは?

スマホのアプリで注文できるサービス「ポケットマルシェ」、通称「ポケマル」は、まさにスマホの中のマルシェです!

どんな商品があるの?

ポケットマルシェでは、日本全国の生産者さんが、自身のつくる野菜や肉や魚を出品しています!中には珍しい商品もあり、見ているだけでも楽しめます。

%e3%81%bd%e3%81%91%e3%81%be%e3%82%8b_2

例えば私が気になったのは、「相馬ミルキーエッグ」、「棒アナゴ」という商品です!

左から「相馬ミルキーエッグ」、「棒アナゴ」

「相馬ミルキーエッグ」は、ただの卵ではありません! 毎日、ヨーグルトを食べて育った健康な鶏が産んだ卵なのです。黄身の味わいがまろやかなんだとか。

お寿司のネタのアナゴとは違う「棒アナゴ」と呼ばれている商品。初めて見ました。秋田産で、県内でも一部でしか食べられないそう。

昔は現地に足を運んでしばらく滞在しなければ出会えなかった新鮮な食材が、今はスマホでいつでもどこでも購入できるなんて、とっても素敵な時代になったな~とつくづく思います。

寒くなってきたこの季節…お鍋にすると美味しいお魚が食べたい!

やはり鮮度が命のお魚が気になり、今回はお鍋にすると美味しい「鱈(たら)」をお願いしてみることにしました!
選んだ商品はこちら♪

「秋田沖真鱈」

image4

鱈鍋は食べたいけれど「こんな大きな鱈……さばけるかしら」ととても心配になりました。

コミュニティを使って、生産者さんに聞いてみると……

「魚をさばくのは苦手……その上、鱈なんてほとんど見たこともない!どうしよう……」と思っていた筆者。しかし、ポケットマルシェでは、注文前に生産者産にコミュニティを通して直接、質問やお願いをすることできるのです!今回は、鱈をさばいた状態で送って欲しいと生産者様にお願いしてみました。

すると、快くOK! 「美しくないけれどやりますよ!」と気持ちよく快諾してくれました。

さらに、なんと「エイヒレ」のおまけまでつけてくれるというではありませんか! しかし、全く調理方法を知らない私……美味しい食べ方についても聞いてみることにしました。

こんな風に、生産者ひとりひとりと会話できるコミュニティがあり、そこで色々なことを質問しながら購入できるのです。これは、ポケットマルシェならではの良さですよね。到着が待ち遠しい!

とっても新鮮な鱈が、たくさん届きました!

分厚く頑丈な発泡スチロールに入ってやってきた鱈……みてください!

image7
お値段は、2,700円と少し贅沢をしましたが、見たこともない、すごい量です。お約束通りきちんと切り身にして、送ってくださっていました。

また、なんと「おまけ」にこんなに大きいエイヒレがついてきました! こんな嬉しいプレゼントが付いてくるなんて、まさに生産者さんから直接、購入することの醍醐味ですよね。

しかし! 鍋1品だけでは、到底食べきれないくらいの量です。これは鍋以外も考えないと……

早速、お料理スタート!

image8

こちらは、おまけでついてきたエイヒレ。生産者さんからコミュニティで事前に聞いたところ、醤油ベースで煮付けがいいとのことだったので、早速、生姜と煮付けてみました♪身はとっても柔らかく、ホロホロと口の中でほぐれている感じでした。これは新鮮な証拠。

image12

つづいて鱈の切り身部分。こちらは、スーパーでもよく売られている部位なので、何度がお料理したことがありました。今回は、ムニエル、白子ポン酢、あら汁、鍋に調理することに!

まずは、ムニエル。オリーブオイルを使って表面をカリッと。彩りを考えていなかったのでシンプルですが、食べてみるとお魚の旨みがギュッとつまっていて、食感にも大満足でした! 新鮮なお魚だと、表面の皮まで美味しいのか……と感動しました。

image17

切り身の中にあったヒレは、骨などの部分はあら汁にします。地の部分をできるだけ除き、臭みを抜くためにお酒で揉みました。「鱈の漁師風味噌汁」と勝手に命名。

味付けはお味噌だけでしたが、鱈の出汁がしっかり出ているのでとても美味しく、身も心もほっこりとあたたまります。目を閉じれば、まるで秋田の旅館でごちそうを食べているような気分に……

image18

続いて、白子です。さっと湯引きをして、こちらもシンプルに仕上げました!

お酒のアテですね。食べると、舌でとろけるほど滑らかでした。白子ポン酢は自分で料理するのが初めてでしたが、上出来でした。新鮮なお魚に感謝です。

最後に、いよいよ待ちに待ったメインのお鍋です。

image21

既にさばいて下さっているので、お野菜を切って並べるだけ。野菜と、鱈の相性はバツグンです。少しとっておいた白子も入れてみました。

味付けはあえて何もせず、水炊きに。シンプルですが、鱈の旨味と磯の香りで十分お味が良いのです。

image22

どうでしょうか?見ているだけでも体がポカポカにあたたまってきそうです。実際に食べてみると、体の芯までじっくりと染み渡るような美味しさで、魚の旨みが滲み出ていました。これは、やみつきになりそう……

こうして、あっという間に鱈の切り身は消えて行きました!家に居ながらにして、遠い海から運ばれてきた魚を料理。筆者はあまり料理が得意でないものの、楽しみを感じることができて良かったです。

利用して分かった!ポケットマルシェのメリット

今回、サービスを利用してみて、筆者はポケットマルシェのメリットをこんな風に感じました!

・生産者さんがどんな人で、どうやって作っているのかが分かる
・いつでもどこでもスマホで新鮮な食材を購入できる
・産地直送で、あまり目にしない珍しい食材も購入することができる

そのため、仕事も家事も両立している忙しい女性や、子供の食育のため新鮮な品を食べさせたいお母さん、自分で魚をさばくのはちょっと苦手な方、料理だけでも旅行気分を味わいたい人などにオススメだと感じました!

お魚があまりにも美味しかったので、お野菜も試してみたくなった筆者……次回もポケットマルシェで、新鮮なお野菜を農家さんから購入してみることにしました! 料理下手な筆者のお野菜クッキングレポートもお楽しみに♪

SNSでシェアしよう

この記事が気に入ったら
いいね!してね

hintosの最新情報をお伝えします

この記事が気に入ったらともだちにシェアしてね

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail
仲山りか

仲山りか

1973年生まれ、大阪出身。高級輸入アパレルの販売員を経て接客販売の講師となる。その際、たくさんの女性と接し、内面、外見から美しくなることが大切だと悟り、美容、食、恋愛等の内面にまでに興味をもつ。ライターとしては様々なジャンルを執筆している。