ライフスタイル

スピーカーにもドリンクボトルにも!!オールインワンLEDランタンが大活躍の予感

2018. Aug. 2

BY Nozomi

(1/2ページ)

スピーカー、ランタン、懐中電灯にドリンクボトル、そしてモバイルバッテリーと、屋外で役に立つ機能がオールインワンで使えるアイテムを見つけちゃいました。音楽を聴きながらスマホを充電して、みんなでランタンを囲んでお食事…という具合に、キャンプやフェスなど、屋外で活動することが増えるこれからの季節に様々な用途で大活躍すること間違いなし!

アウトドア派はもちろん、インドア派にもおすすめな5つの機能(別売りパーツ使用時)を一台に詰め込んだ超実用的ツール、PLAYFUL BASE LANTERN SPEAKER BOTTLEを使ってみました。

アレもコレもこれ一台で!PLAYFUL BASE LANTERN SPEAKER BOTTLEの機能を体験

PLAYFUL BASE LANTERN SPEAKER BOTTLEの魅力は、なんといっても驚くほどの多機能ぶり。順にご紹介していきますね。

LEDランタン

まずはメインの機能ともいうべきLEDランタンから。明るさは120ルーメン。一般的なランタンの明るさが100ルーメンから150ルーメンぐらいなので、屋外用のランタンとして十分な明るさです。およそ10時間使い続けることができます。

ワイヤレススピーカー

PLAYFUL BASE LANTERN SPEAKER BOTTLEは、Bluetoothに対応。スマホを連動させてワイヤレススピーカーとしても使うことができます。3ワットの出力で、コンパクトながらかなりの音量。そして驚いたのが音質の良さ。想像していたよりも高音域がぜんぜんシャープで、低音も文句なし。かなりバランスのいい仕上がりです。小型ポータブル機器としては十分すぎるくらいの迫力で音楽を楽しめます。

また、最大で10時間も連続再生することが可能。ランタンとスピーカーと同時に使っても6時間はもつというから、バッテリーを気にせず夜通し楽しむことができますね。

 

ドリンクボトル

ちょっとしたサプライズといっていいと思いますが、ドリンクボトルとしての機能も備えています。しかも、ドリンクが入った状態でランタンが使えるというから驚きです。

ドリンクの色が変わると、ランタンの光の色もこんなふうに鮮やかに!色によっては周囲もしっかり色づくので、なかなか幻想的な雰囲気が楽しめます。

懐中電灯(LEDライト)

ボトルパーツを取り外すと、懐中電灯としても使うこともできます。スマホのトーチライトよりもぜんぜん明るくて、キャンプ中にちょっと出歩くなんてときに便利。使用中のランタンからボトルパーツをさっと取り外してそのまま持って出かけるだけだから、バッグのなかをガサゴソしなくていいのがいいですね。

モバイルバッテリー

あわせて使いたいのが、別売りのモバイルバッテリー。持続時間を2倍にしてくれるだけでなく、USBポートが2つ付いていて、スマホの2台同時充電が可能です。モバイルバッテリーって水に弱いものが多くて、屋外で使うのはちょっと気が引けるんですが、こちらは防滴仕様。防水キャップ付きのUSBアダプタと防水加工したケーブルで、充電中も安心。水辺のキャンプでも安心して使える優れものです。

本体にコネクトして使えるから、邪魔にもなりません。バッテリー残量もLEDライトで簡単に確認できます。

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail