趣味・エンタメ

大人のためのエンタメ新スポット・コニカミノルタプラネタリア TOKYO

2018. Dec. 22

BY matsuocaerico

(1/2ページ)

おととい2018年12月19日有楽町にオープンした、コニカミノルタプラネタリア TOKYO。”宙(そら)と大切なことに出逢う”をコンセプトに作られたこの施設では、「今までにない新しいプラネタリウム体験」ができるんです。一足先に体験した様子をレポートします!

魅力いっぱいなコニカミノルタプラネタリア TOKYO in 有楽町マリオン

有楽町マリオン「TOHOシネマズ 日劇」跡に作られたコニカミノルタプラネタリア TOKYOは、日本初のツインドーム(DOME1・2)、VRエリア、充実のカフェ・ショップとデートやお出かけに魅力的な施設です。

日本におけるプラネタリウムのパイオニアならではの歴史と最新技術がつまった各施設に見どころを紹介します!

限りなくリアルな星を味わえる プラネタリウムドームシアター(DOME2)

入り口の印象とはうって変わってクラシカルな内装のDOME2。落ち着いたブルーグリーンとゴールドの照明や額縁が飾られており、まるでヨーロッパにいるような雰囲気です。

ドームに入るまでのドキドキ感も楽しめます。

中に入ると……天井に映し出されるのは、ステンドグラス。思わず「おお」と感嘆の声をあげてしまうほど、大聖堂の中にいるみたいに美しいです。

そして座席は、きれいなブルーグリーンのふかふかなシートが広々と並びます。

中でも魅力的なのがリラックスした体勢で作品を楽しめる「銀河シート」

ごろりと寝ころんで星空を味わうなんて最高ですよね!このシートは金・銀の糸で織り上げた京都の西陣織が使われているんです。

1人用の「銀河シート」も!

今までのプラネタリウムより落ち着きと高級感のある空間です。

以前訪れたコニカミノルタプラネタリウム“満天”でも、癒し魅了された星の美しさ。
その秘密の1つが最新鋭の光学式投映機でした。
コニカミノルタプラネタリア TOKYOでは、さらなる最新投映機「Cosmo LeapΣ(コスモリープ シグマ)が使われており、夜空に輝く星を限りなくリアルに体験できるんです。

近くで見ると、とっても精密な機械

さらに、最新の立体音響システム「SOUND DOME®」も備わっているこのDOME2。47台のスピーカーで、より壮大な音楽をより立体的に奏でることができるそう。
実際に作品では、オーケストラを聴きにきたような、おしりから頭の先まで全身が音に包まれるような感覚を味わうことができました。
※作品によっては、「SOUND DOME®」システムを使用しない場合もあります

久石譲さんやDREAM COMES TRUEとのコラボなど、星や宇宙をテーマにした作品を楽しむことができます。

作品詳細はこちらから>>

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail