季節・イベント image1

【後編】すぐに届くのはナゼ?写真入りケーキ「PICTCAKE」の人気に迫る!

2016.09.14

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail
image1

思い出の写真をケーキにすることができる「PICTCAKE」の人気の秘密について、今回は株式会社BAKEの広報・北村さんにお話を伺いました。

実際に結婚記念日にケーキを注文しましたのでその様子ついては前編にて書いてあります。是非チェックしてみて下さいね♪

前編へ>> 

年間、5万件もの利用数がある!さらに、注文して最短2日で届く!

PICT CAKEの利用数が年間5万件ということは、つまり月:約4,000件以上のオーダーがあるということになります!これほどの数の注文があるにもかかわらず、WEBから注文して最短2日で届くのです。このスピーディーな対応がどうしてできるのか、秘密を聞いてみました。

image2

ITの進化に対応してきたPICTCAKE…その原点は宅配サービスだった!?

PICTCAKEの始まりは、「クリックオンケーキ」といったデザインケーキの宅配サービスだったそうです。ITの進化と共に「スマートフォンなどから撮影した写真をケーキに反映できないだろうか…」、また「より早くお客様にお届けすることはできないだろうか」と知恵を絞ったのだとか。

その結果、アプリやWEBサイトから簡単にオーダーできる仕組みを作り現在のような人気サービスにたどり着いたそうです。

3Dショックフリーズという新技術とは?

写真はすぐにプリントされケーキへ!3Dショックフリーズという特殊冷凍技術でおいしさをぎゅっと閉じ込めるのだとか。クリームやスポンジもまるで生ケーキのような食感。スピーディーなサービスだけでなくおいしさも一緒に届くのがPICTCAKEならではのサービスです。

image3

贈答機会にぴったり!毎年注文が多いのはサプライズを届けたい日。

毎年、贈答機会には注文もグンと増えるのだとか。例えば9月にある敬老の日。いつもは宅配でお花を贈るところを今年はちょっとしたサプライズを盛り込んで、孫の写真が写ったケーキをプレゼントするととっても喜ばれるそう。

まさにケーキ自体が、「大切な人へ思いを伝える手段」となっているのですね。キャラクターフレームにお気に入りの写真を入れて可愛らしくデコレーションしたケーキも、大人気のようです。

image4

結婚式の2次会や企業のパーティーにも! 50名様用サイズの登場で人気上昇中!?

最近では50名様用特大パーティーサイズが登場したのを機に、結婚式の2次会などのパーティーシーンでも、利用される方が増えているのだとか。

確かに、世界に1つだけのオリジナルケーキは大切なイベントの盛り上げ役になること間違えなしですね。食べながら想い出に浸ることができるので、大切なイベント事こそ利用したくなります。

image_5

特別に、「技あり」の面白いオーダー方法をお教えて頂きました!

なんと、アプリを使って1つのフレームに写真を2~3枚転写することができるのだとか。活用方法としては、双子、兄弟、姉妹、夫婦、など2人の写真のケーキをオーダーすること。そうすることで、同じ誕生日・月の方を一緒にお祝いすることもできます。

例えば、結婚1年目の記念日と結婚式の写真、現在の2人の写真を一緒にするといった面白いオーダー方法ができるのですね。

さらに、あらかじめ画像加工アプリを使って写真を加工しておけば1枚だけでなくお気に入りの写真をいくつか組み合わせてケーキにすることができるのだとか。

友達同士で同じ誕生月の方をお祝いするときにいくつかの写真をコラージュしたり、ひとつには決めきれない大切な思い出の写真の組み合わせたりと、面白いオーダー方法ができるのですね。

写真がくっきり見えるケーキに仕上げるコツを伝授

写真を送る際は、明るめの写真にしましょう。さらに、画像数が高いものは綺麗に反映されるそうです。ただ、「お気に入りの写真が暗いものしかなく、どうしてもこの写真を使いたいがどうしよう…」と困った方には、アプリを使って少し明るく編集するのもおすすめです。

写真をいくつかコラージュする際にはあまり細かく分割しすぎないこともポイントだそうですよ。筆者は早速、子供の誕生日ケーキも注文してみました!大切な人とより素敵な時間を過ごすための手段として、PICTCAKEをこれからも利用していきたいと思います♪

(終わり)

SNSでシェアしよう

image1

この記事が気に入ったら
いいね!してね

hintosの最新情報をお伝えします

この記事が気に入ったらともだちにシェアしてね

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail
つぼいえみ

つぼいえみ

2009年NPO団体を設立。子育て支援から自育支援活動として、子供を育てながら自分磨きができるようなNPO活動をし、現在はさまざまな経歴、体験をもつ1児の母として、日々活動中。