趣味・エンタメ

iPhoneが一眼レフに変身?Pictar Oneを実際に使ってみた

2017. Nov. 26

(1/2ページ)

Instagramが大流行し、最近私の周りでも「一眼レフカメラが欲しい」なんて声が聞こえてきます。

しかしですね、いつも一眼を扱っている身からすると正直いつも一眼を持ち歩くのは重たくて億劫です・・・コンパクトなミラーレス機は常にカバンに入っていますが、それでも毎日必ず持ち歩いているスマホに勝るほど便利なカメラはないと思ってます。

そんなスマホカメラで更にクオリティの高い写真を撮影すべく、今回はiPhoneで一眼のようにモードを設定して撮影できるハーフケース型カメラグリップガシェット「Pictar One(ピクターワン)」を使ってみました。後半には実際にPictar Oneで撮影した写真も紹介します。

使い方は簡単!Pictar One をiPhoneに装着してアプリを起動するだけ

用意するものはたったこれだけ。接続はBluetooth・・・と思いきや、なんと超音波なんですって。設定も一切必要ありませんでした。

このように接続して専用アプリを開くだけでセットアップ完了!たったこれだけでiPhoneが本格的なカメラに変身します。

稼働は電池ですが「ER14250」というちょっと珍しい電池を使っています。公式では6ヶ月程度電池が持つとの事ですが、電池切れを起こしたら通販で電池を買うしかなさそうです

iPhoneでマニュアルモードを使った本格的な撮影が楽しめる

このように、ぐりぐり回せるホイールが3つとボタンが1つ付いてます。

ボタンはシャッターボタンなのですが、カチカチと回して切り替えるホイールの役割はこうなっています

ズームの部分を回せば簡単にズームができます。

そして肝心のモードですが、

ありました!マニュアルモード。一眼や高級コンデジで見かけるアレです。シャッタースピード等がいじれるやつです。
これができると明るさを変えたり、動きのある写真をたのしむことができます。

但し1つ注意したい事が・・・iPhoneは絞り(F値)が固定されています(iPhone6がF2.2・iPhone7と8がF1.8)マニュアルといえどもF値は変更できず明るさの調整には限界があるのでご注意を。

ちなみに他にも

マクロモードや

ムービーモードもあります。ムービーの左隣が自撮り撮影モードで、他にもシャッタースピード優先モードやISO優先モードなんかもあります。あ、もちろんオートモードもありますよ

マニュアルモードでの撮影画面はこんな感じです

画面もとても分かりやすいので、一眼が扱えない人でも割と簡単に操作方法が覚えられると思います。

マニュアルモード以外の画面はまたちょっと違うんですけど、あっさり操作できるようになったので心配はいりません。

 

Pictar Oneは三脚も使えます

Pictar Oneでは三脚を使うこともできます。三脚があると撮影の幅もグッと広がりますよね。三脚なんて持ってないよ・・・なんて方、安心してください。この三脚なら百均でも買えます。

SNSでシェアしよう

この記事が気に入ったら
いいね!してね

hintosの最新情報をお伝えします

この記事が気に入ったらともだちにシェアしてね

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail