住まい・生活

ポイントを押さえて時短を叶える! 衣類にシワを作らないお洗濯のコツ

2017. Oct. 3

普通にしているはずはのに、なぜか洗い上がった衣類にシワがなんて経験、ありませんか?衣類の“手軽な”ケアのプロ、Panasonicの衣類スチーマー製品担当者の方に、今日から実践できる、お洗濯上手になるためのコツを教えていただきました。ぜひ参考にして、お洗濯に関するトラブルでお悩みを解消しましょう!

洗濯機を使う際にはここに注意!

市販されている衣類には洗濯表示を付けることが義務づけられています。実は、この洗濯表示には、衣類を正しく取扱うための情報が満載なんです。洗い上がりのシワの原因は、水流が強すぎたり、水の温度が高すぎるせいかもしれません。お洗濯の前に、必ず洗濯表示をチェックするようにしましょう。

また、洗濯ネットを積極的に使うように心がけるのもおすすめです。とくに型崩れが気になるものについては、洗濯ネットを利用することでシワを防げる場合が少なくありません。

干し方の一工夫でシワを防止

干し方によってシワを防ぐこともできます。素材によっては、干した時の状態のまま乾燥してしまうものもあります。洗濯物をハンガーや物干しに吊るす際には、きれいに形を整え、シワをきちんとのばしておくようにしましょう。

また、洗濯表示で陰干しするよう指示がある衣類は、直射日光が当たらないよう注意が必要です。太陽熱による急激な乾燥がシワの原因になることもあります。

乾燥機を使用する際は、詰め込みすぎないよう気をつけましょう。衣類が適度に広がるくらい余裕をもたせることでシワがつきにくくなります。

一手間プラスで仕上がり段違い!洗濯お助け豆知識

お洗濯前のちょっとした心がけで、洗い上がりの改善が期待できます。例えば、脱いだ衣類は、丸めたままではなく、広げてから洗濯機に入れましょう。これは、洗濯ネットを使う際も同じです。ネットの中できれいにたたんで、「おうちクリーニングコース(押し洗い)」で洗うとシワがつきにくくなりますよ。

ポイントを押さえてお洗濯上手に!

ちょっとした心がけで、お洗濯の効率も仕上がりも大幅に改善します。ポイントをきっちり押さえて、お洗濯上手に!ぜひ今日からお試しください。

取材協力:Panasonic 衣類スチーマー

ハンガーにかけたまま、アイロンかけしにくい衣類もサッとシワ・ニオイとりできるパナソニックの「衣類スチーマー」。ぜひサイトをご覧ください。

SNSでシェアしよう

この記事が気に入ったら
いいね!してね

hintosの最新情報をお伝えします

この記事が気に入ったらともだちにシェアしてね

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail