住まい・生活

シワも臭いもすぐ解決!Panasonicの「衣類スチーマー」がすごかった

2017. Sep. 14

今日の疑問 今日の疑問
Question Question

うっかりお洋服にシワが!これじゃあ出かけられない!大ピンチ!

  • 東京都
  • 女性
  • 30代
  • 会社員
Answer Answer

焦らないで!「衣類スチーマー」を使えばすぐにきれいになります!

出かけぎわの洋服の「シワシワ」どうしていますか?

形状記憶やシワになりにくい繊維や加工が開発されて、アイロン要らずな商品もたくさんあります。でも、着用感によるくたびれや収納によるシワなどは、どうしても出てしまうもの。お出かけ当日にクローゼットから出したらまさかのシワシワで、アイロンかけるには時間がなくて「着るのを諦めちゃった」あるいは仕方なく「そのまま着ていく」……なんて経験、ありますよね。

ちなみに、アイロンがけは嫌いな家事No3にランクインするらしいですよ!

そんなストレスを解消してくれるのが「衣類スチーマー」。知っている人も、多いのでは?
今回は、Panasonicの「衣類スチーマー」を徹底調査! 体験レポートや開発秘話を担当者に直接伺いました!

そもそも「衣類スチーマー」って?

アイロンよりも手軽に使え、ハンガーにかけたままの衣類をサッと撫でると、あっという間にシワがなくなる嬉しい家電です。

Panasonicの「衣類スチーマー」を実際に試してみた!

「衣類スチーマー」の使い心地体験と詳しいお話を聞きに、東京・品川にあるパナソニックへ。

巽(たつみ)さんは、パナソニックのビューティ・ヘルスケア商品のマーケティング担当。最新の「衣類スチーマー」も手がけられています。

今回試したのは、2017年4月に発売された、衣類スチーマー NI-FS530

ピンクゴールド調とダークブルーの2色展開

既存の衣類スチーマーに比べてスムーズに使いやすく・よりパワフルになったのだそうです!

衣類スチーマーの使い方はとても簡単です!

みんなでトライ!

まずは巽さんによるお手本。「わぁーー!」っと歓声があがります。さっとひと撫ででこんなにキレイに!この仕上がりは感動です!

しかも、シャツだけでなく、どうやってシワ取りしたらいいのか分からないトップスまで使えるんです。

ふわっとアイロン面を当てるだけでスルスルとキレイになっていきます。

コツは、衣類スチーマーを持っていない方の手でピンと引っ張ること。

さらに、スーツまで綺麗に……!!

スーツのままソファーで寝てしまったり、雨で濡れた状態でハンガーにかけないままにしてしまったり……悲劇が起きても、衣類スチーマー1つで解決できそうです。

衣類に対して360度どの方向にも、動かすことが可能!

「衣類スチーマー」は、どのように開発されたのでしょうか?

巽さん:以前(20年前に中止)、パナソニックにもブラシ一体型のスチーマーはありました。
当時は、ブラッシングしながらスチームが当てられる、という考え方だったので、シワ取りの機能が弱く、全体的に時間もかかり、スチームの噴射にもムラがあったり、と、求めるニーズとのギャップが大きかったように感じました。そこで、現代のニーズを探るため、ファッションのトレンドやアイロンへの意識、日常の行動習慣など、自社で綿密なリサーチをかけたところ、女性のファッションデザインの多様化や外のシーンでの生活臭(タバコ、食べ物、汗など)、ケアはしたいけれどクリーニング店ではなく自宅で気軽に、などといった意見が多く見られ、それらに特化した商品を作ることになりました。

2017年4月に新たに発売した「衣類スチーマー(NI-FS530)」の魅力は何ですか?

巽さん:立ち上がりが早く、スチームの噴出が一定なことです。スチーマーは、ヤカンのお湯のように中の水を沸騰させてスチームを噴射をします。昔の商品は、加熱が過ぎると勢い良く水が出てしまって衣類に吹きかかったり、噴射ムラが多かったりしたのですが、本商品では、過加熱を防ぐために、小さくヒーターのON/OFFを繰り返す機能を内蔵しています。
これにより温度が保たれ、安定したパワフルスチームが常に出てくるんです。また、日常の中で気軽に使って欲しいので、玄関先やお部屋に置いてあっても違和感のないデザインも心がけました。

十分な機能とインテリアに馴染むデザインが両立しているんですね!

スチーム以外の多機能性も魅力の1つ!

「衣類スチーマー」を販売後、ユーザーからどんな反響がありましたか?

巽さん:「簡単に綺麗になる」「アイロンでは届きにくいところに届く」「ファーやウールなどが生き返った!」と、その利便性にとても共感をいただいています。驚いたのが、男性のユーザーがとても増えたことです!
実は、2013年発売当初は、女性ターゲットだったので、用途もデザインも女性に寄せていました。
スーツやジャケットを着る機会が多い男性は、「クリーニング代が高い」「臭いも気になる」という悩みを抱えていて、そういった方々にとても支持をいただいています。

2017年8月現在で150万台販売され、男女比は半々なのだそう!

巽さん:1度使うと習慣づくそうで、「シワのない服が気持ちいい!」「ファッションに自信がついた!「他の人のシワが気になって仕方ない!」というコメントまでいただいています。(笑)

どのような想いを込めて生活家電を開発されていますか?

巽さん:生活家電は、必需品もあれば、非必需品もあります。私たちは、どちらであってもその中に新しいニーズを見出し、“これがあるとこんなに生活が変わるよ”という視点で商品に付加価値を付けていくようにしています。「衣類スチーマー」に関しては、お客様により長く着心地良く衣服を着てもらいたいという想いが込められています。

シワひとつない洋服で背筋もシャキッと

“お洋服を長く着心地良く”。とっても大切なことですよね。“良い”と思って買った服はいつまでも大切に着たいものです。“身だしなみ”ってただ綺麗なお洋服を着るだけではなくて、そういった日ごろの意識と姿勢が作ってくれるものなんですね。
“シワのない服を着て自信をつける”。
「衣類スチーマー」で早速実践してみましょう!

パナソニック「衣類スチーマー」NI-FS530

フラットタイプ
実勢価格 ¥11,800(税抜)※hintos編集部調べ
色:ダークブルー、ピンクゴールド
公式サイト

2018年3月でなんと、創業100周年を迎えるパナソニックが打ち出すこれからの100年を見据えた「Creative!」キャンペーン特設サイトも必見です!

この商品使ってみたい?

クリックするとみんなの結果が見れるよ!

よければ、あなたの性別と年齢を教えてください

(初回のみのアンケートとなります)

性別

年齢

ありがとうございました

閉じる

SNSでシェアしよう

この記事が気に入ったら
いいね!してね

hintosの最新情報をお伝えします

この記事が気に入ったらともだちにシェアしてね

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail