ホーム・キッチン

共働き主婦がPanasonicのハンドブレンダーをゲット!料理はどれだけ楽になる?

2019. Feb. 1

BY 太田 みき

(2/2ページ)

ミキサーを持っているのですが、カウンターの下に入れているので取り出すのがちょっと面倒。
ハンドブレンダーも同じことになるのでは…と思っていたのです。
実際に料理で使ってみて、気取った料理でなくとも、いつもの料理にかなり使えそうだ!と思ったので、あらかじめ収納場所を決めることに。

無印良品のキッチンツールスタンドが倒れないちょうどいいサイズだったので、使いたいときにサッと使えるようになりましたよ。

個人的には、ちょっと気になったのはコンセント。
コンセントに差しながらでないと使えない仕様なので、コンロで使ったり背面にあるカウンターで使ったり…と、いちいち抜き差ししないといけないかな…と思っていましたが、基本的にコンロで使う!と決めておくとそこまで不便は感じませんでした。
それに、料理中は水を多く使うので、なるべくコンセントは触りたくない。そんなときに収納場所を決めて使う時だけさっと同じ場所で使う、というルールを作るのがおすすめです。

細かいところまで気配りしてくれているのがうれしい

今回使ってみて、ちょこちょことうれしいな!と思うポイントがありました。国内メーカーならではなのかもしれませんが、ご紹介しますね。

1 専用ポットがぐらつかない!ゴム製フタ

ハンドブレンダーを使うときに用いる専用ポット。専用のフタがついているのですが、これが底にもすっぽりハマって滑り止めになるんです。液体を入れるのがメインなので、これはかなり高ポイントでした◎。

2 大人も安心なチャイルドロック

ブレンダー→泡だて器など、1日の料理で複数アタッチメントを付け替えることが多そうなので、誤作動を防ぐチャイルドロックがついていて安心でした。このボタンをスライドした上で、親指と人差し指のボタンで電源が入るので、安心して使えます。
ワンクッションが面倒、ということもなく、慣れればスムーズに使うことができました。

3 専用歯ブラシ、すごく便利…!

ブレンダーは飛び散り防止の設計をしている代わりに、裏側までスポンジでなかなか洗いにくいのですが、そんな時にうれしいのが専用歯ブラシ。刃の裏側まで届いてくれるので、きれいに掃除することができます。
いくらさびにくいステンレスといえど、洗い残しは気になるので、こういう心配りはうれしいですね。

得意なことは機械に任せたほうが私も夫もハッピー

今回ハンドブレンダーを使ってみて、ちょっと驚いたのは料理がうまくなったと言われたこと。
普段からかなり料理をしますが、やはりすべての野菜を同じサイズにみじん切りにしたり、ムラなくかき混ぜたり、というのは人力ではなかなか難しい…そこをハンドブレンダーが補ってくれて、いつもよりおいしい料理が作れたようです。
私自身が楽になるのはもちろんのこと、食べる夫もおいしい!と感じるのであれば、メリットしかないな、と感じました。

個人的にはブレンダーが低速/高速と選択できるので、高速モードで野菜の繊維を活かしてスムージーを作ったり、低速でジュースを作ったり、いつもの時間でワンランクの料理ができそう!と感じています。

料理で手を動かすことにちょっと疲れたら、機械に頼ってみませんか?

◆永久不滅ポイントなら商品も交換可能◆

今回ご紹介した人気商品「パナソニック ハンドブレンダー MX-S301」は、永久不滅ポイントで交換ができます。
<ポイント交換ページ>
対象商品の交換ページはコチラ
※ご好評につき、早期終了をさせていただくことがございます。あらかじめご了承くださいませ。

  • 1
  • 2

この商品使ってみたい?

クリックするとみんなの結果が見れるよ!

よければ、あなたの性別と年齢を教えてください

(初回のみのアンケートとなります)

性別

年齢

ありがとうございました

閉じる

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail