住まい・生活

アイロンがけ不要! 服の素材を選んで“ポジティブ手抜き”しよう

2017. Oct. 10

アイロンがけをしている時間がない。だからといってシワの入った服を着るわけにはいきませんよね。そこで、忙しい毎日をおくる方必見!衣類の“手軽な”ケアのプロ、Panasonicのアイロン担当者さんに、服の素材選びのコツを教えていただきました!

アイロンがけ不要の素材も探してみては

お仕事をされている方や、大家族を支えている主婦の方など、アイロンがけする時間がないという方は、そもそもアイロンがけが不要な素材やしわになりにく素材を選ぶのも一案です。ワイシャツであれば、ノーアイロンや形状記憶・形態安定をうたったものだとお手入れが段違いに簡単です。

また、スラックスでも最近はシワになりにくく、折り目をキープしてくれるものもありますので、そちらも要チェックです。ブラウスなどであれば、ポリエステル混素材はシワになりにくいのが特徴。購入する際、洗濯表示に注意して素材を確かめるとよいでしょう。

忙しい時には衣類スチーマーで簡単ケア

逆に、シワになりやすい素材として知られているのは麻です。カジュアルシーンでは洗いざらしの風合いを味として楽しむことができますが、ビジネスシーンではシワはNG。麻混素材は避けるのがベターです。

また、ノーアイロンのシャツも洗えば小じわが気になることもあります。

そんな時は衣類スチーマーがあれば、忙しい朝も手早く衣類のケアが可能です。小柄で軽量であるにもかかわらず、アイロン並みのスチーム量を実現。衣類をハンガーに吊るしたまま、簡単かつきれいにシワとりができますよ。

洗濯表示をチェックしてもっとおしゃれを楽しむ

自宅で洗濯できない衣類は、後のお手入れが気になってどうしても着るのをためらいがちに。ウールなど扱いが難しい素材でも、ものによっては手洗い可能なものも少なくありません。

衣類を購入する際には、ぜひ洗濯表示もチェックしてみましょう。「手洗い可能」の絵表示があるものなら、自宅でのケアすることができます。衣類のケアもおしゃれの一部です。デザインやカラーだけでなく、使い勝手のよさも考慮して、もっとおしゃれを楽しみましょう。

ライフスタイルに合わせたスマートな衣類ケアを

忙しくてアイロンがけする時間がとれない方は衣類スチーマーを試してみては?衣類スチーマーならアイロンより手軽にケアするという方法もおすすめ。ライフスタイルに合わせて、おしゃれを楽しみながら、スマートに衣類ケアしてくださいね。

取材協力:Panasonic 衣類スチーマー

ハンガーにかけたまま、アイロンかけしにくい衣類もサッとシワ・ニオイとりできるパナソニックの「衣類スチーマー」。ぜひサイトをご覧ください。

SNSでシェアしよう

この記事が気に入ったら
いいね!してね

hintosの最新情報をお伝えします

この記事が気に入ったらともだちにシェアしてね

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail