料理・グルメ image1

おざなりランチはもう卒業?!「オフィスおかん」で感じたこと

2016.11.30

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail
image1

どんなに忙しくても、しっかり洋服は選ぶし、メイクもがんばれるのに、お昼ごはんはとりあえずお腹が満たされれば…!次の予定の帳尻合わせでお昼を抜いたり、外に出るのが面倒くさくてコンビニで済ませたり、なんて心当たりありませんか?

そんな慌ただしい毎日でも、オフィスで手軽にいつでも日本各地の手作りの風合いを楽しめるサービスが人気らしいということで、「オフィスおかん」を体験してきました!

オフィスおかん&オフィスおかん便とは?

専用の貯金箱にお金を入れれば、お菓子や飲み物をいつで手に入れられる仕組みがあるオフィス、多いのではないでしょうか?小腹がすいたとき、リフレッシュしたいとき、コンビニ行かなくてもちょっと手を伸ばせば届く場所にあって、とっても便利ですよね。
そんな仕組みの「お惣菜バージョン」のサービスがあるのをご存知ですか?

image2

専用冷蔵庫・ボックス・料金箱を設置し、お惣菜・ご飯・ドリンク・容器や箸類を定期的にお届けする法人企業向けの宅配型社食サービス「オフィスおかん」。商品の価格はほぼ100円とリーズナブル。単品でおやつ替わりに食べたり、組み合わせて節約ランチにしたりと、思い思いの楽しみ方でオフィスの「食」のバリエーションを増やしてくれるそう。

取りそろえる食品商材数は、プランや導入企業の動向によって種類も数も変わるそうです(2016年11月現在22種類)。「オフィスおかん」は1都3県と配送エリアに限りがありますが、今年2016年にサービス開始した「オフィスおかん”便”」はなんと全国配送可能とのこと。

オフィスでおかんの味を楽しんでみた!

image3
冷蔵庫とお皿おはしのケースはおかんから貸与、電子レンジは自社にあるものを使います

さっそく、「オフィスおかん」を試してみることにしました。ステップはとても簡単です。

image4

まずは、冷蔵庫の中から食べたい食材をピックアップして、上に置いてある貯金箱にお金を入れ、容器に移した後はレンジでチン。ものによっては、冷たいまま食べられるものもあるので、ほとんど時間をかけずにご飯にありつけることになります。
商品にあわせて選ばれた容器やお箸なども用意されているので、準備も後片付けも必要ありません

しかも、ご飯・玄米、なんとカレーも揃えているので「オフィスおかん」だけでガッツリしっかり食べることも可能です!

300円で十分お腹いっぱいになるボリュームとおいしさに感動

実際に、1つ100円のお惣菜を3品食べてみました。それぞれ袋から容器へ出して、電子レンジでチン。

image6
真空パックになっている食材をパックに出して、レンジでチン。

ものによって、温めるのに時間のばらつきがあるので組み合わせ方には少し注意が必要そうです。
ひじきは味がしっかりとしみこみ、だいこんもぶりもじんわり温かく、香ばしく、まるでお鍋からよそってもらった出来立て感。鳥団子は、少し冷めてもおいしくバクバクと進んでしまう味でした。

image8
定番のひじき、脂ののったぶり大根、国産鳥だんご、3品で300円!しかも、おいしい

同じ冷蔵庫の中から、ひょいと選べるので、あれこれ悩まずにすぐに楽をして食べられるのも、バタバタしがちな毎日にうれしいです。

同じ300円だと、コンビニでサンドウィッチ1個とホットスナックを買ってしまっていた筆者にとっては、まさに革命的な味、バランス、ボリュームでした。

image9
同じ300円でもボリューム、栄養ともにすくなくなってしまうコンビニご飯。見た目も乏しい

いかがでしたか。毎日適当に食べていたコンビニごはんや、ながら飯を少し改善しないとなと反省。とはいえ、すぐに習慣を自力でに変えることは難しいので、筆者のオフィスにもぜひとも「オフィスおかん」を導入したいところです…。

続いては、「オフィスおかん」に並ぶ商品のおいしさ、ラインナップの秘密に迫ります!

SNSでシェアしよう

image1

この記事が気に入ったら
いいね!してね

hintosの最新情報をお伝えします

この記事が気に入ったらともだちにシェアしてね

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail
tamtam

tamtam

東京生まれ東京育ち。働きながら日常の中に楽しみをみつけがち。特技はネックレスの絡みをほどくこと。