ファッション icatch

【後編】お気に入りの生地を使って自分だけの服や小物が作れる!「nutte(ヌッテ)」の魅力って?

2016.06.14

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail
icatch

自分で選んだ生地を使い、服や小物の製造をプロの縫製職人に依頼できるサービス「nutte(ヌッテ)」。ユーザーインタビューの後編では、希望するデザインを上手に職人に伝える方法や、イメージを職人とすり合わせする方法、「ヌッテ」を利用したことで実現した理想のライフスタイルなどについて聞きました。

前編へ >>

イラストや写真でデザインを指定。専門知識は必要なし

渡部:希望するデザインを、遠隔で職人さんに正確に伝えるのは難しくありませんか?

私は手書きのイラストを生地と一緒に送り、生地のこの部分を、完成品のここに使ってください、ということをイラストで伝えています。

nutte_2_01
鈴木さんは手書きのイラストでデザインを伝えている

写真で送る機能もあるのですが、私はパソコンが苦手で、写真の送り方がわからないので・・・。バッグやブラウスなどを依頼するときは、完成品と同じ形の私物を職人さんに送って、「これと同じ形で作ってください」とお願いしています。

渡部:イメージ通りの物が出来上がってきますか?

はい、すべてイメージ通りです。例えば、このボトルケースは、布の黄色い柄を中心に持ってきてくださいと職人さんに指定し、その通りに作っていただきました。

nutte_2_03

職人からアドバイスも

マイページ上のメッセージ機能で職人さんとやり取り出来るので、意思疎通にも困りません。職人さんから「ここはこうした方が良い」というご提案をいただけることもあります。

縫製職人とのメッセージのやり取りのイメージ

メッセージ機能を使い、職人に質問をしたり、細かい指示をしたりできます。鈴木さんがクッションを依頼したときは、職人からファスナーの着け方や、デザインについて提案が。

nutte_2_05

職人さんは、依頼者さんの希望や製作品への想いを汲んで、適切なアドバイスをする方も多いです。

渡部:それなら良い物が出来上がりますね。

エコバックを依頼したとき、ポーチも一緒にお願いしたら、細かい指示をしなくても、すごく素敵なポーチを作ってくださいました。予想以上の出来栄えで大満足です。

nutte_2_07
エコバッグを入れるポーチにも大満足

友達からも高評価!

渡部:「ヌッテ」の製作品をお友達に見せることはありますか?

プレゼントしたこともありますし、お気に入りの布を使って、北欧の雑貨メーカー風の小物を作ったときは、友達から「すごくかわいい!それどこで売ってるの?」なんて聞かれたこともありますよ。

渡部:その反応は嬉しいですね。

はい、嬉しかったですね。

稽古衣装や介護者用の服、犬用レインコートも人気

渡部:佐藤さんにお聞きしたいのですが、「ヌッテ」で最近人気の製作品は何ですか?

最近は、犬用の服やレインコートも増えています。お稽古事の衣装や、被介護者の方のために、その方の体にあった洋服をオーダーするユーザーさんもいらっしゃいます。時期によっては、入園グッズも増えます。

他のユーザーさんの依頼内容を見ているだけでも面白いですね。他の方の依頼を見て、「それがあったか」と気づくこともありますし。

nutte_2_08
佐藤さんのチェックのボトムスも「ヌッテ」で作ったそう

お金で買えない価値がある

渡部:職人さんに仕事を依頼する場合の料金は?

私の場合、ブラウスとクッションカバーなど4~5点で1万5000~1万6000円です。

渡部:その値段を、どのように評価していますか?

オーダーメードですから、私は高いとは思わないですね。好きな生地で好きな形の商品は、なかなか見つけられないので、そういう意味ではまったく高くないと思っています。

nutte_2_09
「満足度を考えれば、料金はけっして高くない」と話す鈴木さん

「ヌッテ」で資材販売や染色も開始へ

渡部:ヌッテに追加してほしい機能などがあれば教えてください。

そうですね、クレジットカードで決済できると便利ですね。今は振り込みなので。あとは、ファスナーなどの資材や、裏地などの生地などを買い揃えるのが面倒なので、それが揃うと便利かなと。

nutte_2_10
「ヌッテ」への要望を話す鈴木さん

クレジットカード決済は・・・がんばります・・・。ただ、ファスナーなどの資材や裏地は、夏頃までにヌッテのサイト上で買えるようにする予定です。布の染色のサービスも準備しています。

それは便利になりますね!

nutte_2_11
「ヌッテ」の今後を説明する佐藤さん

 生地を買いに北欧旅行を計画

nutte_2_12
室内にはお気に入りの北欧の雑貨が並ぶ

渡部:鈴木さんは、「ヌッテ」で次に何を注文するか、決めていますか?

そうですね、やっぱり洋服か、クッションカバーですかね。「ヌッテ」で5回頼んで、手持ちの布がなくなってきたので、次の夏休みに北欧に買い物に行ってこようかなと思っています。夏休みに買って戻ってきたら、お願いしたいと職人さんに伝えています。

渡部:なんて素敵な暮らし!うらやましい!

nutte_2_13
「ヌッテ」で依頼する生地を買うため、次の夏休みに北欧旅行を計画中と話す鈴木さん

といったところで、インタビューも長くなってしまったので、この辺りで終わりたいと思います。たくさんのお話を聞かせていただき有難うございました。

鈴木さんに話を伺い、服作りを依頼する方法も分かりましたので、私も「ヌッテ」でオリジナルの服にチャレンジしてみたいと思います!

(おわり)

登場人物

鈴木

「ヌッテ」ユーザー:鈴木さん

埼玉県和光市に在住の鈴木さん。北欧のインテリアや小物、布が大好き。現在は子供が自立し、夫婦で2人暮らし。休日は部屋の模様替え を楽しむ。趣味はパン作り。

SNSでシェアしよう

icatch

この記事が気に入ったら
いいね!してね

hintosの最新情報をお伝えします

この記事が気に入ったらともだちにシェアしてね

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail
渡部 和章

渡部 和章

新聞社で記者を務めたのち、2015年に編集プロダクションを立ち上げて起業。現在はウェブメディアを中心に、編集者兼ライターとして活動中。趣味は料理と漫画を読むこと。東京都在住。1983年生まれ。男性。