特集・インタビュー

伝統的で新しい、注染手ぬぐいブランド「にじゆら」で自分だけの一枚に出会う

2019. Apr. 23

BY seta

伝統的な染め技法「注染(ちゅうせん)」で生み出される、繊細で美しい「にじみ」と「ゆらぎ」の世界。

その魅力をたっぷりと体感できる手ぬぐい専門店「染めこうば にじゆら(東京)」へ訪れてみませんか?きっと、これまでの「手ぬぐい」に対するイメージががらりと変わるはず。日本の伝統技法である注染のこと、そして手ぬぐいから広がるさまざまな可能性を探る旅のはじまりです。

 

伝統的な染め技法「注染」の特徴とは?

「注染」とは、明治時代に大阪で生まれた染めの技法のこと。その名の通り、布の上に染料を注いで染めていきます。じゃばら状に重ね合わせた生地の上に染料を注ぐことで、数十枚分の手ぬぐいを裏表なく一度に染めることができるという、当時としては画期的な大量生産の技法であったそう。

そんな昔ながらの注染技術によって手ぬぐいを染めながら、次世代へと伝統をつないでいこうとしているのが大阪の染め工場・株式会社ナカニから生まれたファクトリーブランド「にじゆら」です。

今回から3本立てで、にじゆらが届けてくれる注染手ぬぐいの魅力やそこから広がる楽しみ方についてお届けしていきます。まずは手仕事の良さが染み込んだ、にじゆらの美しく遊び心にあふれる品々を覗いてみましょう。

目にも楽しい、カラフルでユニークなデザインの手ぬぐいたち。

にじゆらの手ぬぐいに出会ってまず驚かされるのは、その色柄の豊富さ。手ぬぐいと聞くと、地味な色合いや渋いデザインのものが思い浮かびがちですが、にじゆらの手ぬぐいは違います。ハッと目を奪われるような明るく優しい色とユニークな図柄は、知らなかった手ぬぐいの楽しさ自由さを教えてくれます。

作家さんがデザインした柄や、企業とのコラボレーション、日本ならではの季節や行事に色を添えるデザインなどなど、かわいらしく豊富なデザインの中から自分のお気に入りを選ぶ楽しさはひとしお。手作業で作られた注染手ぬぐいは、同じ型紙を使っていても一枚一枚が唯一無二の仕上がりです。

画像:にじゆらオンラインショップ(https://www.nijiyura.jp/SHOP/TC45901.html) 「手ぬぐい ニッポンを贈る-北海道-」税別1,600円

こちらは日本各地のいいものや地域性をぎゅっと詰め込んだ手ぬぐい「ニッポンを贈る」シリーズの一枚。北海道、東日本、西日本、四国、九州・沖縄と、好きなエリアを選んでお土産にすることができます。

画像:にじゆらオンラインショップ(https://www.nijiyura.jp/SHOP/TC45702.html) 「手ぬぐい 0型 黄緑」税別1,600円

どれを買おうか迷ったら、血液型で選ぶのもあり!?血液型って実は人間以外にもあるんですって。 A型にはブタ、B型はクジラ、O型はりんご、AB型はカエルにカエデに昆布にぶどうが描かれている楽しい手ぬぐいは、自己紹介がわりや話のタネにも使えそうです。

東京の店舗でしか買えない「東京限定柄」もありますよ。カラフルでかわいらしいこちらの手ぬぐいは原宿で人気の「クレープ」をモチーフにした柄。クレープのように三角形にたたむことで、いろんな種類のクレープができるのだとか。(税別1,600円)

自分用でも、ギフト用でも。見た目だけでなく、そこに選んだ意味やきっかけが加わることでさらに愛着が増しそうです。

やわらかな手ぬぐい生地や注染の味わいを活かした雑貨や衣類にも注目

店内では手ぬぐいのほかにも、注染で染めた生地を使った雑貨や衣類が多数販売されています。

扇子や手提げ、ブックカバーなどなど、日常的に使える雑貨がたくさん!お気に入りの手ぬぐいとお揃い柄で持てるのもうれしいですね。小物に使用している生地には、手ぬぐいとしては販売の規格外となった染めのムラや移染したもの、織りキズのあるもの等を活用しているのだそう。

これからの季節にぴったりなガーゼ素材のスカーフも素敵です。とっても軽やかで優しい肌触り、ぜひ実際に手に触れて確かめてみてください。

子供用の甚平、すごくかわいいですね。自分でも着たい!という方には、大人向けのシャツもありますよ。

こちらは長期保存できるクッキーと手ぬぐいがセットになった防災コラボ商品「みんなのクッキー×てぬぐい」。軽くてかさばらず、乾きやすく衛生的でもある手ぬぐいは防災用の備えとしてもぴったりなのだとか。お店に訪れてみると、手ぬぐいから広がる新しい発見とたくさん出会うことができます。

お買い物だけじゃありません。注染の体験や実演も必見です。

「染めこうば にじゆら」があるのは、JR山手線・京浜東北線の秋葉原〜御徒町の高架下にある「2k540 AKI- OKA ARTISAN」という場所。

ここには、「ものづくり」をテーマにしたショップやアトリエ、カフェなど約50店舗が軒を連ねています。とりわけ特徴的なのは、店内で実際にものづくりの工程を見学したりワークショップで体験することができる設備や工房を備えているお店が多いということ。ものづくり好きにはたまらない、ワクワクなスポットなのです。

「染めこうば にじゆら」の中にも、伝統技法である注染の体験をしたり職人さんによる実演を見学できる設備があるんですよ。明日公開の続編では、染めこうば店で注染の実演を見せてくださった株式会社ナカニの田中啓介さんに、注染という伝統をつないでいく「にじゆら」の想いについて語っていただきます。

取材店舗情報:染めこうば にじゆら

・営業時間:11時〜19時
・定休日:水曜
・住所:〒110-0005 東京都台東区上野5-9-18 2K540 AKI-OKA ARTISAN O-2区画
・電話番号:03-5826-4125

 

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail