趣味・エンタメ nanamusic

【後編】無料で歌ってリフレッシュ!話題の音楽SNS「nana」は歌が上手い人だけのものではない

2016.07.13

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail
nanamusic

5月にユーザー数が200万人を突破し、雑誌やウェブメディアなどでも取り上げられ、若い女性を中心に利用者が拡大している「nana」。ユーザーの多くは学生ですが、音楽を通じていろいろに人と交流できるというポイントは、大人でも楽しめそうな魅力です。前回、nanamusic代表の文原さんと、美人広報の鈴江さんに聞いてきたnanaの楽しみ方を参考にして、実際にサービスを使ってみようと思います。

前編へ >>

スマートフォンさえあれば自分の歌や演奏が投稿できるSNS「nana」は、とにかく手軽。PCやオーディオ機器、音をミックスする技術も必要ありません。ベッドに横になりながらでも、数回操作すれば発信やシェアまでできてしまいます。であれば、やってみないわけにはいきませんね…。

とりあえず「nana」に登録してどんなSNSなのかをチェック!

まずはアプリをダウンロード。「nana」を開けばすぐに登録が可能です。メールアドレスや他のSNS登録をしなくても利用できますが、連携しておくとスマホを機種変更した際などでもすぐに再開できて便利です。また、他のSNSへのシェアも簡単に行なえます。

image2
アプリを開くとこの画面に。「今すぐ始める」を押せば、本当にすぐスタートできます。
image3
登録はユーザー名を決めるだけでOK。後で「プロフィール編集」から変更することもできます。

最低限の登録はあっという間に完了! プロフィールなどをきちんと入力した方が他のユーザーとの交流が生まれやすそうですが、それは後回しでも。誰かの歌を聴くことで「nana」がどんなサービスなのかがわかってきます。

そうは言っても、誰のどの歌を聞けば良いのでしょう? そんな時は「ピックアップ」や「人気の曲」を活用するのがおすすめです。また、自分の好きな曲やアーティストを検索して、その投稿から選んでみるのもおすすめ。とにかく誰かの歌を聞いてみてください。

image4
下の「ホーム」を押して、画面を横に3回なぞると「見つける」の画面が現れます。さらに上部分にある「ピックアップ」を押すと、「nana」編集部の心を捉えたおすすめの投稿がすぐに見つかります。
image5
「ピックアップ」の隣の項目は「人気の曲」。他のユーザーが支持している曲を聴くことで、「nana」の雰囲気もつかみやすいはずです。

実際に聴いてみるとわかると思うのですが、その人の肉声が聴こえるだけでかなりの親近感。初対面の人とカラオケに行った時のような感覚に近いのかもしれません。これはほかのSNSにはない魅力です。

「ピックアップ」や「人気の曲」は完成度の高い投稿が多いのですが、いろいろと検索して聴いてみるといろんなタイプの投稿があるということがわかるはずです。

歌や演奏が好きなら、とりあえず1曲は投稿してみよう!

歌が上手いことよりも、歌が好きなことが大切。それはどうやら本当のようです。私は高校時代にちょこっとだけバンドを組んでいたということもあり、歌うことはけっこう好きです。最近はカラオケにも行っていないのであまり自信はありませんが、気軽に自分の歌を投稿してみることにします。

もっともポピュラーなパターンは、誰かの伴奏に歌を重ねるという方法。基本的には、歌いたい曲を検索して好きな伴奏を選び、そこに自分の歌を重ねるだけです。伴奏さえ見つければ、数回操作して歌うだけなので、簡単に投稿できるはずです。詳しい方法は画像とともに解説しましょう。

image6
投稿を聴く時は円の中に再生ボタンを押しますが、伴奏に合わせて歌を重ねる時は左下の「コラボ」に触れます。ちなみに、単独での演奏やアカペラを録音する際は、左下のボタンが「録音」となっている状態で押せばOKです。
image7
「コラボ」ボタンを押すとこんな画面に。左下にある赤い丸の録音ボタンに触れれば、カウントダウンの後に録音が始まります。もう一度押すと録音は停止。
image8
録音できる時間は1分30秒が上限。録音した音源をすぐに確認することができます。エフェクト (アレンジ) を加えることもでき、それも確認可能。気に入らなければ何度でも「Retake」できます。次に進んで良ければ「OK」を押しましょう。
image9
キャプションなどを記入し、アイコンで“Vocal”などのパートを選び、右上の「投稿」を押せば終了です。

録音する際は注意すべき点もあります。それは、カラオケ音源など、著作権を侵害する恐れがある音源は使用しないこと。「nana」は「JASRAC」「JRC」「イーライセンス」という機関と契約を結んでいるので、それらの団体が著作権を管理している楽曲を自分で歌ったり演奏したりして投稿するならOKということになっています。

また、スマホで録音する際はイヤフォンやヘッドホンを使用した方がベターです。少し考えれば当然なのですが、伴奏が2重に録音されるのを防いでくれて、声がクリアに録音できるはずです。自分が納得いく方法や道具をいろいろと試してみてください。

image10
何も付けずに重ね撮り(=コラボ) しようとすると、こんな画面でイヤフォンやヘッドホンおすすめしてくれます。
image11
実際にこんなシンプルなイヤフォンを使って録音してみました。マイクなしのタイプの方が使いやすそうです。
image12
ちなみにスマートフォンで録音する際は、マイクの位置を意識してこんな角度にするのが良いようです。他のポイントは「nana」のヘルプをご参考に。

どうせ投稿したらなら誰かに聴いてほしい!

とにかく無事に投稿できました! 良かったらこちら で聴いてみてください(笑)。 ※クリックするとすぐに曲が始まりますのでご注意を。

image13
こちらがマイページの画面。しっかりと1曲投稿できています。

あっけないくらい簡単に投稿できますが、投稿した以上はだれかに聞いてほしくなるのが人間というもの。そこで、いち早く「nana」のだれかとつながるためのポイントも下記にまとめておきます。

ポイントの1つであるハッシュタグは、Instagramと同じく7つ以上設定すると効果的なようです。投稿のキャプションに、曲名やアーティスト名などとともに“#nana民とつながりたい”、“#コラボ用”といった人気のハッシュタグを見つけて入れてみましょう。
・ハッシュタグ (#●●●) を利用する。
・TwitterやFacebookなどのSNSと連携する。
・21:00〜0:00のアクティブな(利用者が多い)時間帯を狙う。
・積極的に拍手やコメントをつけてみる。
・コミュニティに参加する。

image14
コミュニティ機能は追加されたばかり。ということで、今なら活用しやすいタイミングではないでしょうか。

これから「nana」を始めてみるなら試してみる価値はありそうです。私もすぐに実践してみようと思います。多くの人とつながることでどんどんハマっていきそう気もしますし、リアルイベントへの興味も高まっていきそうです。

(おわり)

SNSでシェアしよう

nanamusic

この記事が気に入ったら
いいね!してね

hintosの最新情報をお伝えします

この記事が気に入ったらともだちにシェアしてね

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail
平格彦

平格彦

出版社を退社後、独立してライターやエディターなどとして活動。紙からウェブまで幅広く執筆している。http://www.pop-jpn.com