ライフスタイル

【平成人気グルメ振り返りvol.2】食べるラー油「なかむラー油」

2019. Jan. 11

BY seta

平成最後の10年を振り返って、話題になった「グルメ」の進化した“今”をチェックする「平成人気グルメ振り返り」シリーズ。第一回目は、平成最後に大ブームを巻き起こしている「鯖缶ブーム」の牽引役・高級鯖缶の「No.38(ナンバー・サーティエイト)」をご紹介しました。第2回目となる今回のテーマは、「食べるラー油」です。

「食べるラー油」のブームが起きたのは2010年頃。以来、「調味料」から「おかず」へと進化を遂げた「食べるラー油」を代表して、今回は宮城県仙台市より「肴処 やおよろず」の「なかむラー油」をお取り寄せしてみました。

食す時の三箇条を守るべし!?にんにくとネギたっぷりの「なかむラー油」

宮城県仙台市の一番町路地裏にある、隠れ家のような居酒屋【肴処 やおよろず】。2011年の創業当時に店主中村さんのお父様が「息子の商売繁盛を願って」考案したという愛に溢れた逸品、それが今回ご紹介する「なかむラー油」です。

お取り寄せしたのは、女性もつい手を伸ばしたくなるようなスッキリおしゃれなホワイトラベルのなかむラー油。一見ラー油には見えないような見た目に反して…食べるときはちょっぴり注意が必要です。

商品と一緒に届いたリーフレットには、「食す時の三箇条」なる文字が。そこに書かれていたのは…

一、人と会う時には控えるように!
一、食べる時は相手にも食わせろ!
一、ニンニク臭を恐れるな!

これはなんともインパクトある三箇条ですね笑 でも、みんなで食べればこわくない!?

瓶を開けた瞬間から、食欲をそそる香りが広がります。なかむラー油に使用されている青森県産のブランドにんにく「福地ホワイト六片」は、強い甘みとやわらかな香り、粒の大きさが特徴の最高級品種。にんにくは元気の源、スタミナも満点です!ニンニク臭なんて恐れずにいただいちゃいましょう!

お豆腐にかけていただいてみました

まずはシンプルに、冷奴にのせて。

なかむラー油の冷奴は【肴処 やおよろず】の店舗でも人気のメニューで、お客さんから商品化を望む声が多かったことから販売に踏み切ったのだそうです。ピリッとした辛味ににんにくとネギの旨味がしっかりと、いや、がっつりと感じられます。スーパーで3パック100円で購入したお豆腐も最高の酒の肴に進化させてくれました。

他にも色々かけてみました

アボカドにも、かけるだけ!シンプルなのに旨い〜

釜玉うどんのお醤油がわりに使ってみました。マイルドな卵黄との相性がこれまた抜群です!中華麺に和えれば「油そば」になりますし、パスタに絡めてもOK。麺好きにはたまりません。

バケットや食パンにのせて軽く焼けば、ガーリックトーストに。これもお手軽で美味しい〜

中華スープやラーメンの汁にちょこっとなかむラー油を足すのもおすすめです。一気にコクが増して何杯も飲みたくなっちゃう危険な旨さ…。

とにかく何にでも合う、最強の万能調味料「なかむラー油」。スーパーで売っているものと比べて圧倒的ににんにくの香りや旨味が強いのが特徴なので、新しい味わいの「食べるラー油」に出会いたい人にはぜひ試してみてほしいです。ただし、ニンニク臭が気になってしまう人は出かける日の朝からは食べないほうがいいかも笑

こちらもおすすめ!「じゅだれ」

なかむラー油と同じく、肴処 やおよろずのオンラインショップで購入できる焼肉のタレ「じゅだれ」もおすすめ商品。


こちらは仙台市の和食店 [肴・飯・酒 重庵]となかむラー油のコラボ商品で、焼肉はもちろん、魚の切り身で簡単煮魚、炒め物への一工夫など、万能調味料として活躍度が高い商品です。手間のかかる製品で注文からお届けまでには少し時間がかかるそうですが、急ぎでない方はぜひなかむラー油と合わせてお試しを!

掲載商品情報

なかむラー油(ホワイトラベル)
・価格:¥650(税込 ¥702)
・原材料:にんにく(青森県産)、つゆ(しょうゆ、その他)、食用ごま油、しょうゆ、植物油、ネギ、白ごま、砂糖、食塩、豆板醤、唐辛子、(原材料の一部に大豆、小麦、さばを含む)
・内容量:150g

じゅだれ
・価格:¥800 (税込 ¥864)
・原材料:しょうゆ、みりん、なかむラー油(にんにく、つゆ(しょうゆ、その他)、食用ごま油、しょうゆ、植物油、ネギ、白ごま、砂糖、食塩、豆板醤、唐辛子)、砂糖、(原材料の一部に大豆、小麦、さばを含む)
・内容量:345g

製造者はともに株式会社コンストラクトモーメント製造事業所

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail