趣味・エンタメ image1

【後編】声でスマホをコントロール?次世代イヤホンを使い倒すとこうなった

2016.08.15

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail
image1

遅刻しそうな時にバッグからスマホを取り出し、面倒な文字入力をしていては、約束の時間に間に合わないどころか、さらに遅れてしまいます。しかし、ワイヤレス・イヤホン「APlay/エープレイ」があれば、そんな悩みもすぐに解決。声だけでメッセージの返信ができます。

【前編】に引き続き、開発チームの山本健太郎さんに「APlay」の便利な活用法を聞き、実際にイヤホンを使い倒してみました!

前編へ>>

「APlay」ってどうやって使うモノなの?

image2

イヤホンを購入し、「APlay/エープレイ」という専用のアプリケーションをスマホにインストールすると、アプリとイヤホンが連動します。
この専用アプリはLINEやTwitterなどのアプリに届いたメッセージを集めて再生するアプリ。読み上げてもらいたいときにアプリを起動することができ、アプリ“通知”のON/OFFを選択すれば、好きなメッセージだけを選んで聞くことができます。届いたメッセージに返信することも可能です。

まずは専用アプリ「APlay」をインストール

image3
ワイヤレス・イヤホン「APlay/エープレイ」使用イメージ

専用アプリ「APlay」をインストールするとガイドが案内してくれるので、それに従って設定を行うだけで簡単にインストールが完了。必要な情報が、必要な時にイヤホンから流れるように。

いろいろなアプリに対応してくれるので使い方はユーザー次第

Twitterとの相性も良く、NHKニュースや天気予報、路線情報、名言集、歌詞botなど“通知”に設定したツイートはリアルタイムに音声で入ってくるので、ハンズフリーで情報を受け取ることができます。
メッセージの返信は現在LINEやfacebookのメッセンジャー、標準のSMS(ショートメッセージサービス)に対応。Gmailなどはタイトルの読み上げのみですが、仕事中にメールの選別に使用するなら、充分な機能ですよ。

image4

音声の読み上げ、メッセージの返信以外にもアプリケーションの切り替え機能があり、真ん中のボタンとプラスボタン[+]を押すだけで切り替えができます。自分好みにカスタマイズして、快適な生活を手に入れたいですね。

届いたメッセージに“声”で返信

image5

「APlay」はLINEからメッセージが入ってくると「LINEからの通知、健太郎いま何時ですか?」と、内容を自動で読み上げてくれるので、それに対しボタン操作でリアクションをします。そして、内蔵されているマイクに向けて「いま11時半くらいです」と言うと、「“いま11時半くらいです”と、返信しました」と返信内容も読み上げてくれます。メッセージの聞き取りもスムーズ、1回できちんと返信してくれました。

読み上げ音声にもこだわった商品

音にもこだわった商品で、音楽はもちろんのこと読み上げ音声も聞きやすいナチュラルな女性の声です。早さも4段階から選ぶことができます。

充電はマイクロUSBに接続し、2時間でフル充電が可能。音楽再生だけでも8.5時間。寝る前に充電しておけば1日中、快適に使うことができますね。さらに使いやすさにこだわったこんな機能も!

読み上げをキャンセルするパニックボタン

ユーザーが使いはじめてパニックにならないように、ボタン操作の方法にもこんな工夫が。

真ん中がメディアの再生ボタンですが、操作を間違えた場合は3つ全てのボタンを同時に押すと、読み上げがキャンセされます。グループLINEのメッセージも全て読み上げられるので、停止したい時にも便利。またメッセージの読み上げ途中に話しかけられた時などにも使えます。

返信できなかったメッセージも呼び出せる

電車内でメッセージが届いて「すぐに返信ができない!」
そんな時はアプリの“通知バー”に履歴が残るので、そこをたどればメッセージを確認/返信をすることができます。

image6

真ん中のボタンとマイナスボタン[−]を押すと、通知バーにあるメッセージを呼び出せます。イヤホンについている3つのボタンの組み合わせで操作ができるので、覚えてしまえばコントロールも簡単です。

返信が面倒という方にはダイレクト返信がオススメ

メッセージ返信が面倒という方には、便利なダイレクト返信機能があります。ボタンを押すだけで「いいね!」とレスポンスすることもできます。また「APlay」はハンズフリーモードも搭載されているので、スマホがあればイヤホンがなくてもアプリ単体で使うことができます。
出かける時はイヤホンで、自宅で料理やメイクをしている最中にはハンズフリーでといったように、シーンで使い分けもできますし、お子さんがいて忙しく「手が離せない!」というお母さんにもオススメです。

デザイン性も機能性も兼ね備えた「APlay」

image7
(写真はブラック)

価格は¥10,000(税抜き)。「APlay/エープレイ」のページからもご購入いただけますが、今後はその他ショップでも取り扱っていく予定。市場に出回っているイヤホンはもっと高いものもありますが、「APlay」は“ファッション感覚で選べるようにしたい”ということでリーズナブルな価格になっています。

現在Android5.0以上が搭載されている端末のみ対応のアプリですが、秋以降にはiPhoneなどのiOS搭載端末にも対応していくとのこと。開発チームの山本さんは、今後アプリのバージョンアップをし、いろいろな機能を追加していきたいとおっしゃっていました。「APlay」と株式会社ネインの“A”のロゴをあしらったイヤホン部分はマグネットになっており、使わない時は耳から外してネックレスのように首まわりにつけておくこともできます!

(おわり)

ラジオ番組J-WAVE 81.3FM「 INNOVATION WORLD」

毎月最終日曜夜10:00-10:54オンエア

ナビゲータ:VERBAL(m-flo)

SNSでシェアしよう

image1

この記事が気に入ったら
いいね!してね

hintosの最新情報をお伝えします

この記事が気に入ったらともだちにシェアしてね

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail
後藤千尋

後藤千尋

ファッションと音楽にどん欲なフリーランスライター。雑誌やウェブなどの随筆経験や自身の体験を活かし、ラジオでしゃべっています。現在はシンガポールのラジオにもレポーターとして登場。