アウトドア・ホビー

デザイン性も◎!無印良品の Bluetoothスピーカーで、シンプル&おしゃれな生活

2018. Sep. 19

BY spoon0123

(1/2ページ)

スマホやパソコンに入っている音楽を大きな音で聞きたいとき、Bluetoothスピーカーがとっても便利ですよね。余計なコードをつなげる必要もなく、離れた場所からすぐに音楽を流すことができます。
色々なBluetoothスピーカーが販売されていますが、シンプルで機能的な雑貨や家電を展開する「無印良品」からも実は販売されているんです。わたしも無印良品が大好きで、このBluetoothスピーカーもずっと欲しいなぁと思っていたのですが、実際に手にするのははじめて。
人気の「壁掛式」と「ファイルボックス型」2種を使ってみました。

「壁掛式」と「ファイルボックス型」、どんなかたちなの?

無印良品のBluetoothスピーカー、面白いのはその形。スピーカーといえば、まず「置く」のを想像しがちですが、「壁掛式」はその名の通り、壁に掛けて使います。本体から下にのびるコードを引っ張るとON / OFFができるという、アナログの部分もかわいい。

昔の電気みたいにカッチンとオンオフできる。

見た目は「これがスピーカー?」と疑ってしまうようなスタイリッシュな外見で、まさにシンプルで無駄がないデザイン。付属の部品を使って、石膏ボードの壁や木壁、木の柱に取り付けることが可能です。また、FMチューナー付きなのでFMラジオを楽しむこともできます。白っぽいグレーの色は、インテリアを邪魔しない、けれど存在感もきちんとある、そんなBluetoothスピーカーです。

上部に小窓と操作ボタン。

一方の「ファイルボックス型」は、まさに「置く」タイプなのですが、見ていただきたいのはこの形。無印良品によく行かれる方はピンとくるかも?こちらもその名の通り、「ファイルボックス」の形をしています。我が家にも無印良品のファイルボックスがいくつかあるのですが、その隣に並べてみると…スピーカーとファイルボックスがビシッと整列してくれました!大きさや見た目がほぼ同じように作られているので、あまりスピーカーを目立たせたくない方にオススメ。シンプルなリモコンも付属しています。

ちなみにこちらのファイルボックス型スピーカー、もう1台追加することによってステレオスピーカーとして使うこともできるんです。

置き場所に余裕があればステレオスピーカーにも。

さっそく部屋に置いてみた

我が家には、無印良品のモノが結構多いです。スピーカーを設置するのもワクワク。
「壁掛式」は、石膏ボード壁、木壁、木製の柱であればどこでも取り付けられるのでとても迷いましたが、キッチンで料理をするときに音楽を聞きたいなぁと思い、キッチンの背面の壁に取り付けてみました。キッチンというスピーカーとは無縁な場所ですが、スッと馴染んでいる気がします。変に主張もしないけれど、そこにあるだけでとてもおしゃれな空間にしてくれます。コードを引っ張ってオンオフできるのもシンプルで好きです。

次に「ファイルボックス型」。
こちらは、置くなら絶対ココ!と決めていた場所があって、本やら文具やらカバンやら…とにかく色んなモノを収納している無印良品の棚がリビングにあるのですが、この中にイン!

無印良品の家具にピッタリ。

ちょうどファイルボックスも使っていたので、『昔からココにいましたよ』みたいな感じでなんの違和感もなくすんなり馴染んでくれました。これ、ちゃんと見ないとスピーカーがここにあるってわからないかも?じんわりデジタル時計が表示されているのもかわいい。(消すことも可能)こちらもFMラジオを聞くことができますよ。

上部に操作ボタンがあります。

裏面にコード1本のみ。ごちゃごちゃしないのも良い。先ほど書いたように2台使いステレオスピーカーにする場合は、裏面に付属のステレオリンクケーブル(2.5m)で接続します。

※2018年09月19日時点の情報です。価格を含めた詳細情報は各商品の公式HP等をご確認ください。
  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail