ファッション

機能もデザインも充実!マイケルコースのおしゃれ系スマートウォッチが気になる♡

2019. Feb. 17

BY Nozomi

(2/2ページ)

フェイスデザインはフィルターをかけたり、アクセントカラーを変えたりしてカスタマイズできるのですが、SNSのアカウントと連携させて、投稿画像を時計のフェイスに設定できるのがこのモデルの特徴です。

「設定」→「画面」→「ウォッチフェイスの変更」と進んで「My Social」を選択。ダイアログにしたがいながら、スマホを使ってInstagramかfacebookを選んでSNSアカウントと連携させれば、SNSの投稿画像が一覧できるように。

あとは画面をスクロールさせて設定した画像をタップすればOKです。

着信を通知させたり、カレンダーと同期させてスケジュールを確認したりと、スマホを取り出すことなくいろんなことをチェックできるのはやはり便利。もちろん、Googleアシスタント内蔵で、天気のナビゲーションや翻訳、タイマーの設定などをサポートしてくれるのも便利。

ヘルスケア系の機能も充実。心拍を測定できるのはもちろん、GPS機能もついているので、スマホを使わずに位置情報や移動距離を記憶させることもできます。ログも簡単に呼び出せるので、ウォーキングやジョギングなどのアクティビティを楽しんでいる方には便利なはず。ちなみに、今回のラインナップから、心拍を視覚的に表示するウォッチフェイスが追加されています。

そのほか、高い耐水性能を備えていて、シャワーはもちろん装着したまま浅瀬で泳ぐことも可能です。

なお、現時点ではGoogle Payがスマートウォッチに対応していません。将来的には国内でもサポートされてSuicaが使えるようになるはず!

設定が簡単!カスタマイズしていく楽しみも

スマートウォッチというと、設定が難しそうなのが気になりますが、スマホに「Wear OS by Google」をダウンロードしてチュートリアルにしたがって操作していけば簡単にセットアップができました。

充電は付属のRUNWAY専用充電ケーブルで。マグネット式なのでカチッとはめるだけでOK。フル充電すればおよそ24時間使用することができます。

ただ注意点としては、iPhoneだと機能が制限されてしまうこと。Androidのスマホならできるらしいメールの返信機能をiOSでは使うことができません。サードパーティーのアプリで代用できますが、Google Fitなど使用できないアプリもあります。

また、本格的なストラップだけあって、サイズを調整するには工具が必要。Amazonなどでも簡単に買えますが、傷をつけたりパーツを無くしたりする恐れもあるので時計屋さんにお願いするのがいいかも。

55,080円(税込)とお値段がやや高価な気がしていたのですが、デザインや質感はもちろん基本的な機能も満足がいくもの。1週間ほど実際に使ってみてお値段相応と感じました。機能が多すぎてまだまだ使いこなせていませんが、使い込んで少しずつ自分好みにカスタマイズしていく楽しみもありますね。

MICHAEL KORS ACCESSは、全国マイケルコース各店や公式サイト、Amazonなどでも購入できます。

おしゃれ系スマートウォッチでウェアラブルデビュー!

MICHAEL KORS ACCESSの高級感あるクラシカルなデザインは、大人が使うアクセサリーとしては申し分ないところ。SNSとの連携など他のスマートウォッチにはない独自の機能もあって、カスタマイズの幅が広いのも楽しい。これまでスマートウォッチデビューをためらっていた方は、ぜひマイケルコースでウェアラブルデビューしてみては?

  • 1
  • 2
※2019年02月17日時点の情報です。価格を含めた詳細情報は各商品の公式HP等をご確認ください。

この商品使ってみたい?

クリックするとみんなの結果が見れるよ!

よければ、あなたの性別と年齢を教えてください

(初回のみのアンケートとなります)

性別

年齢

ありがとうございました

閉じる

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail