恋愛・結婚

婚活アプリで本当に結婚できる?成功者に上手な使い方を聞いてみた

2018. Mar. 22

「恋がしたいのに出会いがない」「このままだと一生独身かも…」と、恋愛難民になっていませんか?

真剣に出会いを求める男女が利用するツールとして、婚活アプリがあります。気になってはいるものの「婚活アプリで本当に出会えるの?」「どのように利用すれば結婚できるの?」といった疑問を持つ方は多いでしょう。そこで実際に婚活アプリで出会い、結婚した女性から、ネット婚活の上手な使い方や成功のコツなどをお聞きしました。

婚活アプリを使うきっかけ

数多くある婚活アプリの中で、今回取材したAさんが選んだのは、Facebook連動型の婚活アプリ「Omiai(オミアイ)」。友人から婚活アプリの話を聞き、興味を持ったことが利用するきっかけとなりました。

最初は結婚目的ではなく、誰か素敵な出会いがあれば……という想いで婚活アプリに登録したAさん。アプリを使って計10人の男性とやり取りをし、その中の2人と実際に会い、そのひとりと交際ののち見事ゴールインしました。

 

プロフィール文と写真の選び方

婚活アプリを始める時に悩むのが、プロフィール文や画像の選び方。「Facebookと連動しているアプリなので、Facebookのプロフィール写真に設定していたハロウィンのセーラー服コスプレをメイン画像に。この写真が話のネタになることもありましたね」と振り返ります。アプリには複数の写真を登録できるため、コスプレ写真以外にも、顔がよくわかる写真などを用意したそうです。

プロフィール文よりも、写真で判断する傾向があると感じたAさん。顔写真以外として「趣味やその人のキャラクターがわかる写真、こんな場所にこんな格好で遊びに行っているというのがわかる写真がおすすめ。顔写真しか掲載していない女性は、全身写真を追加してみては?」とアドバイスします。可愛く見せるため加工アプリを使う方もいますが、実際に会った時にギャップにつながるため避けた方がベターです。

またプロフィール文に関しては、「長く書いても読まれないと思い、アニメといった趣味などを書き、シンプルにまとめました」とのこと。Aさんは男性から頻繁にアプローチがあったため、プロフィール文や写真を途中で変更することはありませんでした。しかし男性からのアプローチが少ない場合は、プロフィール文や写真が悪い可能性が大!他の女性会員のプロフィール文を参考にして、書き直しましょう。

メッセージを取り合う男性を選ぶポイントは

基本的に男性からのアプローチ待ちだったというAさん。それでも、1日5~6人からコンタクトが来たといいます。その中から、男性を選ぶポイントは、自分なりの基準を設けて、メッセージのやり取りをする相手を決めること。

「あまりにも年齢が離れている男性、趣味が合わなそうな男性は無しに。個人的にプロフィールの写真に愛車を載せ、車自慢をしている男性とは相性が合わないと思っているので避けました」。

やり取りをする男性の入れ替えはあったものの、Aさんが同時にやり取りをしていたのは2~3人。誰にでもメッセージを返すことはせず、数を絞り、無理のない範囲でやり取りをすることが成功するコツのようです。

また1日平均2時間をアプリに使っていたといいます。アプリなので、場所を選ばず、スキマ時間に利用できるのもメリットですね。

婚活サイトでの失敗談

しかし恋愛対象外だった年上男性ともやり取りをし、実際に会ったことがあるAさん。
「面白い人でしたが、実際に会うと趣味が合わないと感じました。10歳年上の男性で、会話の中で、上から目線に感じることが多々あり、無駄な時間を過ごしたと後悔しましたね」と失敗談を話してくれました。会った後は「ありがとうございました。また機会があったら会いましょうね」と伝え、そのまま自然消滅。

婚活アプリは気軽に出会えることが利点ですが、実際に会うかどうかは、慎重に判断するようにアドバイスします。「やり取りはうまくいっていたのに、実際に会ったら微妙だったという話は周りからも聞きます。やり取りの文面だけで判断せず、二人きりになったときにどういう話ができるのかをシミュレーションしてから会うといいかもしれません」と話します。また会って違和感を持ったら、長居せず、早めに解散するようにしたいですね。

運命の相手との出会い

旦那さんとは、初めてのメッセージのやり取りから、約1ヵ月で会うことに。初デートは、六本木で美術展を見に行き、居酒屋で食事をして解散。「しっかりアプリ内でやり取りをしていたため、お互いにすんなりいきました」とAさん。相手からガツガツと来る感じもなかったそうです。

街コンや婚活パーティ、相席居酒屋といった出会い方では、いきなり初対面の男性と話すことになりますが、婚活アプリではある程度の期間やり取りをし、気が合う相手と会うため、スムーズにいきやすいのかもしれませんね。

婚活アプリではメッセージのやり取りで男性と仲良くなると、その後LINE交換をすることが多いようです。旦那さんとは、会う前段階で、「そろそろLINEに移行しましょう」とLINEを交換。他にも数人の男性とLINEの交換をしたそうですが、気が進まない男性からのLINE交換の誘いには、「遠慮します」とはっきり断ったといいます。

周りに馴れ初めをどう伝える?

3、4回目のデートで、相手から交際を申し込まれたAさん。それから1年半ほど交際し、プロポーズを受けたそうです。結婚を決めたポイントは「インテリなところや、食べ物の趣味が同じことに惹かれ、繰り返し会う中で、一緒にいてラクだなと感じました」とのこと。

出会いのきっかけが婚活アプリだっただけで、そこからデートを重ね、交際し、結婚するステップは、他の出会い方と変わりません。
Aさんは「婚活アプリで出会ったことを気にしないことが大切」と、指摘します。

付き合う前には、「なぜ婚活アプリを利用しているのか」「何人ぐらいと会ったのか」という会話を交わしたものの、交際後はあまり婚活アプリの話題は出さなかったとか。交際を開始し、Aさんはすぐに婚活アプリを消しましたが、相手に消したかどうかを確認したり、「アプリで他の女性と繋がっているのでは?」と不安に思ったりはしなかったそうです。

ただしアプリで出会うと、共通の知り合いがいないため、周りから「旦那さんとどこで知り合ったの?」と聞かれることが多いというデメリットがありますよね。Aさんは、親しい友人のみに婚活アプリでの出会いであることを報告。お互いの両親や結婚式では、異業種交流会で知り合ったという形で伝えたそうです。

アプリでの出会いは、年配の方にはなかなか理解されないこともあるでしょう。馴れ初めをどのよう説明するかは、事前に二人で話し合っておきたいですね。

婚活アプリが恋愛を始めるきっかけになるかも!

今では、「出会いがない!」と嘆く友人に婚活アプリの利用を勧めているというAさん。実際に婚活アプリで運命の相手に出会い、結婚した方から勧められると、使ってみたくなりますよね。

職場と自宅だけの往復だけでは、出会いのチャンスは増えないもの。新しい出会いを探すとき、婚活アプリをひとつの手段として考えてみてはいかがでしょう。

 

このサービス使ってみたい?

クリックするとみんなの結果が見れるよ!

よければ、あなたの性別と年齢を教えてください

(初回のみのアンケートとなります)

性別

年齢

ありがとうございました

閉じる

SNSでシェアしよう

この記事が気に入ったら
いいね!してね

hintosの最新情報をお伝えします

この記事が気に入ったらともだちにシェアしてね

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail