アウトドア・ホビー

気軽に持ち歩ける!軽くて可愛いカメラ「Lomo’Instant Automat Glass」とは

2018. Aug. 5

BY 岩田直子

(2/2ページ)

レンズの焦点距離の切り替えとは

このLomo’Instant Automat Glassは、焦点距離を3種類で切り替えられる機能がついています。切り替えはこちらで行います。

1m-INFで撮影すると、こんな感じ。

これは、遠くの景色などを撮影するのに向いているので、近くのものにはピントが合いません。

0.6mの設定では、こんな感じ。

これは、60cm以上離れた人のバストアップやその他の撮影に向いているので、まだピントが合いにくいですね。
0.3mmの設定で撮影すると、こんな感じになりました。

この中では、一番ピントが合いやすいですね。
被写体までは、30cmまで近づけるので、人物の顔にクローズアップしたりするときに良いです。

この他に、CLOSE-UP LENS ATTACHMENTが付いています。

レンズの表面にくるくると取り付けます。

これで撮影するとこんなに被写体に寄れます。

アタッチメント装着前と同じ場所から撮影しているのですが、もっと大胆にアップにできますね。慣れたら花や食べ物、ペットなど、楽しそうな撮影シーンがたくさん。

カメラを手に馴染ませる

ちなみに、これもアナログカメラならではなのかもしれませんが、ファインダーをのぞいた時の見え方と、実際に出てくる写真の構図は、結構ずれがあります。
デジタルで慣れてしまった私にとっては、今回なかなか苦労したポイントだったのですが、見方を変えると自分のカメラとしてなじませていく楽しみがあるなと感じました。
先程のクローズアップレンズアタッチメントを付けると、ますますファインダーとは違う構図で出てくるので、何度も試しながら、「だいたいこのくらいで撮影すると、こういう風にプリントされて出てくるな」という感覚をつかんでいく楽しみは、カメラ自体がどんどん自分の物となって、より愛着のわくカメラに、写真になるのではと思いました。

こちらは、フィルムはモノクロのバージョンを使ったので、加工不要でモノクロ仕上げになります。

スイマーだらけの限定ボディ

さて、そんな見た目も写真もおしゃれなLomo’Instant Automatシリーズですが他にもいくつかのデザインが展開されており、とってもかわいい限定デザインのボディが販売されていたので紹介しちゃいます。

Riviera Edition詳細はこちら>>

スイマーが飛び交うサマーエディション!夏らしいビビッドなブルーが目をひきます。

持ってるだけでテンションがあがるこの限定バージョンなら、この夏楽しい思い出をよりハッピーに残せそう。サングラスと冷たいドリンクとLomo’Instant Automatをバッグに入れて出かけてみたくなっちゃいますね。

友達同士で、カップルで、グループで遊びに行った時に、その場でリアルタイムに思い出をプリントできるカメラ。スマホとはひと味もふた味も違うフォトライフ、はじめてみませんか?

 

  • 1
  • 2
※2018年08月05日時点の情報です。価格を含めた詳細情報は各商品の公式HP等をご確認ください。

この商品使ってみたい?

クリックするとみんなの結果が見れるよ!

よければ、あなたの性別と年齢を教えてください

(初回のみのアンケートとなります)

性別

年齢

ありがとうございました

閉じる

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail